園芸

生ゴミをたい肥に変えるために自作でミミズコンポストをつくってみましたが、いかんせん出る生ゴミの量のほうが多いのが悩みどころでした。

そこで思い切って国内産のミミズ専用コンポストを購入したので、その組み立て方や使い方を紹介し ...

園芸

家庭菜園というと、手軽にプランターなどを使って手早く済ませてしまう人も多いかと思います。

しかしそんな人がぶつかるであろう「収穫量が少ない!」という事実。

そこで手を出すのが自宅に畑をつくるという方法。 ...

園芸

家庭菜園を何年も続けていると、どうしても土が固くなって野菜が育ちにくい土になってしまいます。

特にプランターで野菜を栽培していると、1~2年ほどで土が固くなることも多く、悩みの種になる人もいると思います。

今回 ...

園芸

以前に発泡スチロールでのミミズコンポストのつくり方を紹介しましたが、今回はペットボトルを利用した「ミニミミズコンポスト」のつくり方を紹介します。

ミミズコンポストに興味があっても、いきなり大きめのコンポストをつくるのに抵抗 ...

園芸

植木鉢やプランターを見てみると、「8号ポット」や「650型プランター」なんて表記がされていたりすると思います。

野菜や果物の苗の栽培方法でも「○号以上のポット推奨」なんて書かれていることもあります。

これを見て ...

園芸

植物を育てる上で土壌の酸性度は気になるものです。
大抵の植物は土が酸性に傾くと育たないため、石灰資材を撒いて中和しないといけません。
しかし「石灰」と聞くと抵抗があったり、肌が荒れたりするのを嫌う人もいるでしょう。 ...

園芸

ミミズコンポストで生ゴミを堆肥にしている人・しようとしている人、ミミズにも食べやすい生ゴミと食べにくい生ゴミがあるのを知っていますか?

ミミズコンポストは早くに堆肥をつくれますが、投入する生ゴミによっては堆肥に変わるのに時 ...

園芸

スーパーで多く販売されている果物ですが、自分で育ててみたいと思っても苗木が売ってなかったりしませんか?

特に南国育ちのマンゴーといった果物だとなおさらです。

それでも何とか育ててみたいという人に、その果物の種か ...

園芸

園芸や家庭菜園で使う土は、基本用土の「赤玉土」や植物用土の「堆肥」などでつくっていきます。
しかしそれだけだと、育てる植物によっては土の性質で微妙に足りない部分が出て来ませんか?
今回は排水性や保水性・酸性度などを整え ...

園芸

園芸店に行くといろんな種類の用土が販売されています。
種類が多い分、それぞれいろんな特性を持っている土が多いです。
今回は土づくりでメインに使いことになる用土の「基本用土」と「植物用土」や、オススメ用土を紹介します。 ...

スポンサードリンク