排水溝の詰まりを良くする方法。たった一工程で詰まりを解決

生活の知恵修理

排水溝の詰まりには専用の洗剤を使うと思います。

「発泡タイプ」「粘性洗剤」と色々と。

ただ洗剤を使ってもうまく詰まりが解消できない、なんて経験もあると思います。

そんなときに簡単に洗剤の効果を上げる方法を紹介します。

洗剤の前に「お湯」!

排水溝に洗剤を入れる前にお湯を入れる

これだけでかなり詰まりが取れやすくなります。

お湯の熱で詰まっている汚れが軟化するため、洗剤の効きが良くなります。

安物の洗剤でも十分に取れるくらいです。

入れる量もコップ1杯分のお湯で充分。

お湯を入れて1分ほどしたら、いつも通り洗剤を投入すればOKです。

特に寒い時期に詰まると洗剤でもなかなか取れないため、かなり有効でした。

注意点としては沸騰したてのお湯は遠慮しましょう

あまりに高温のお湯だと配管が変形する可能性があります。

熱による劣化を少しでも防ぐなら、ポットから出したお湯でも十分です。

発泡タイプが効く

詰まりを取るなら、やはり発泡タイプの洗剤が良く効きます

液体洗剤では、最終的な効果はともかく即効性ではかなり劣ります。

そもそも液状だと排水溝の奥まで届きにくいです。

一般的な排水溝の構造がこちら。

下水の臭いが昇ってこないよう、曲げた管に水を溜めてフタをしています。

排水溝の詰まりは、大抵は水の底に溜まります。

この場合はどんな洗剤でも詰まりの解消はしやすいです。

ただ問題は排水溝の奥の上の部分が詰まってしまった場合。

上部分にまで汚れが溜まると、そこまで洗剤を行き届かせる必要があります。

発泡タイプの洗剤ではしっかり奥の上まで届きます。

茶色部分が詰まり(汚れ)です。

発泡洗剤では錠剤が下に沈殿した後、洗剤成分が全体に行き渡ります

そのため濃度も低くなりにくく、奥の詰まりの解消もしやすいです。

一方液体洗剤の場合。

水色部分が洗剤が行き渡った部分です。

このように液状洗剤だと奥まで届きにくいため、詰まりが取れません。

時間をかければ行き渡りますが、洗剤濃度が低くなりやすく、更に時間がかかります。

各洗剤の比較

いくつか洗剤を使ったので、各洗剤ごとの効果を比較してみました。

とりあえず「寒い時期」「水が溢れるほど詰まった」状態の排水溝に投入した場合。

これは一回では詰まりが取れなかった際のデータです。

洗剤タイプ効果
発泡
液体×
漂白剤×

先ほども書いた通り、発泡タイプの洗剤が一番効果が高いです。

それでも詰まりがヒドイと1回では少し改善できた程度。

粘性の液体洗剤や、変わったもので漂白剤だと、排水口周りがキレイになっただけ。

詰まりの改善はできてませんでした。

詰まりの改善なら、安物でも発泡錠剤タイプの洗剤が一番効きます

※この状態の詰まりでお湯を使ったら、1発で詰まりが解消されました。

夏場は詰まりが起きにくい?

春・夏の時期だと詰まらない、詰まっても早期に解決できます。

これは気温の上昇で水温も上がるため、汚れが軟化しやすいからです。

あとは微生物の働きもあります。

水温が上がれば微生物の働きで汚れが分解されるため、自然と詰まりが解消されることも多いです。

よほどヒドイ詰まりでも洗剤の効きは良くなっている状態です。

少々詰まりが気になるなら、温かい時期の間に解決しておきましょう。