プロテインはもう古い? 筋トレの最新サプリメント「EAA」とは

筋トレ・ダイエット筋トレ,食品・サプリメント

筋トレのお供ともいえるサプリメントでは「プロテイン」が有名で、その特化型となる「BCAA」「HMB」といったサプリメントもあります。

これらのサプリメントの用途は共通して筋トレに必要なたんぱく質の効率的な摂取になっています。

そこで「もっと効率よくたんぱく質を摂れないのか?」というコンセプトの元に作られたのが「EAA」というサプリメント。

誇張ではなくまさしく「筋トレのためのサプリメント」といえる性能を持っているため、かなりの効果を発揮します。

そのEAAの持つ成分や特性といったものを紹介するので、筋肉増量に悩んでいる人は参考にしてください。

EAAとは

EAAはたんぱく質の中でも特に大切なすべての必須アミノ酸をそのまま摂取できるようにしたサプリメントです。

・プロテインだと効果が出なくなってきた
・早くに筋肉をつくりたい
・筋トレ専用だけでなく、バランスよく栄養摂取したい
・上記の条件を満たしつつ低コストのサプリメント

EAAはこうしたことで悩んでいる人に向いたサプリメントとなっています。

筋肉をつくるにはたんぱく質が必要なのはご存じでしょうが、正確には「たんぱく質が消化されてできるアミノ酸」が必要になります。

人の身体はたんぱく質のまま吸収することはできず、吸収しやすくするためにもっと小さな成分となるアミノ酸に分解しないといけません。

そのためプロテインではたんぱく質を一度消化してアミノ酸にしないと身体に吸収されないため、吸収速度や効率といった点では少し難があります。

それを解決したのがBCAAやHMBで、これらのサプリメントは最初からたんぱく質をアミノ酸の状態として摂取できるようになっています。

BCAAやHMBの主成分となる「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」はアミノ酸の中でも特に筋肉増量に関係しており、食べればすぐに体内に吸収されるので吸収速度や効率も良いです。

しかしBCAAなどでは他の必須アミノ酸が含まれていないため、全体的な栄養バランスではプロテインには劣ります。

その他の必須アミノ酸は、筋肉をつくるという意味では突出した効果はありませんが、それでも筋肉づくりに関係しているものが多いです。

そこで考えられたのが「必須アミノ酸を全て含んでいる」「最初からアミノ酸の状態にして吸収効率を上げる」サプリメントというもの。

つまりEAAはBCAAやHMBのように筋トレ効果を十分に高められるサプリメントとして開発されました。

含まれる栄養素

EAAに含まれる必須アミノ酸は9種類あり、その中でも筋肉に多かれ少なかれ関係するものは6種類ほどあります。

残りの3種類もかなり遠回りながらも筋肉に関係する必須アミノ酸になり、EAAの大体の成分量の比率は以下のようになります。

とりあえず1例として「グロング EAA」に含まれるアミノ酸を、筋肉増量に重要な栄養素順に並べてみました。

1食10gあたりの成分量

アミノ酸量(mg)役割
ロイシン2517筋肉の素
バリン797栄養素を筋肉に送る
イソロイシン889筋肉に糖質を吸収
リジン1905糖質をエネルギーに変換
メチオリン218活性酸素の除去
トレオニン(スレオニン)965肝臓の代謝(食べた栄誉素の分配)の促進
トリプトファン218神経伝達物質の素
フェニルアラニン220神経伝達物質をつくる「チロシン」の素
ヒスチジン食欲の抑制

一番上から数えてロイシンからトレオニン(スレオニンと表記する場合も)までの6種類はどのEAAでも含んでおり、残りのトリプトファン・フェニルアラニン・ヒスチジンは筋肉にさほど関係ないため含んでいたり、いなかったりします。

リジン・メチオリン・トレオニンは直接筋肉に作用するわけではありませんが、筋肉の成長を補助するのに必要になります。

例えばリジンなら筋肉に吸収された糖質をエネルギーに変換する、メチオリンなら筋肉が治るのを阻害する活性酸素を無くす、トレオニンによって筋肉(身体中)に栄養を供給すると、効率よく筋肉増量したいなら無視できない効果を持っています。

BCAAやHMBではこれらのアミノ酸は含まれておらず、プロテインでは含まれてはいるものの消化のプロセスが必要なので吸収効率はそこまで良くはありません。

EAAではBCAAなどでは足りないアミノ酸を同時に摂取できるようにして、相乗効果で筋肉をより増やしやすくすることができます。

成分量は若干劣る

BCAAなどと比べてEAAが唯一劣るといえるのが、各アミノ酸成分の総合量です。

例えば先ほど挙げたEAAを製造しているグロングが販売しているBCAAでは、ロイシン・バリン・イソロイシンが以下の比率で含まれています。

1食10gあたりの成分量

アミノ酸量(mg)同社のEAAとの比率
ロイシン4200×1.7
バリン2100×2.6
イソロイシン2100×2.3

このようにBCAAやHMBは特定の成分に特化しているため、EAAが含むアミノ酸量は軒並み2倍近い量になっています。

このためもし毎回の筋トレで全身満遍なくトレーニングし、翌日は全身ひどい筋肉痛になっているような人なら、EAAではカバーしきれない場合があります。

しかしそれでもEAAに含まれる他のアミノ酸の効果は無視できないものなので、EAA+BCAAといった組み合わせをすると不足なくアミノ酸を摂取できるようになります。

かなりストイックにトレーニングしている人でもなければ陥りにくい状況でしょうが、ひどい筋肉痛だとEAAでは不足する可能性があると覚えておきましょう。

実は低コスト

EAAはプロテインの完全上位互換ともいえるものですが、たんぱく質をアミノ酸状にする手間があるためそれなりに割高になる…と思うでしょうが実際はかなり安上りになります。

上記で紹介した低価格で筋トレ系サプリメントを販売している「グロング」ではプロテイン・BCAA・EAAの価格はこうなっています。

1kgあたりの価格

製品名値段
プロテイン¥2500
BCAA¥4000
EAA¥6500

「プロテインの3倍近い値段じゃん」と思うでしょうが、実際の回数あたりの値段はそう変わりません

プロテインの1食分は30gほどなので1回76円ほどになりますが、EAAの1食分は10gと1回あたりの量は3分の1となるので、EAAは1回65円とプロテインより実質安くなります

継続的に筋トレするとなるとプロテインの方が早く尽きるため、通販で購入している人だと輸送料金の分EAAのほうが遥かに安上がりになります。

…まあ会社によっては成分量の違いでかなり高くなる場合もありますが…。

それにしたってプロテインより吸収効率も良くなっているため、あらゆる意味でプロテインの上位互換といえます。

プロテインではなかなか筋肉量が伸びなかったのが、BCAAやEAAといったアミノ酸サプリメントに変えたら、同じ筋トレ量でも数キロは筋肉が増えることもあります。(実際私はそうでしたし)

筋肉を増やすには筋トレで傷ついた筋肉を早くに治す = 筋肥大を起こすためには早くに栄養を供給するのが大事になります。

意外と低コストで効果も高いとなると、プロテインから乗り換える人も多くなっていくと思います。

まとめ

やはり「高い筋トレ効果が見込める」「意外と低コスト」というのがEAAの最大の特徴だと思います。

効果は謳い文句があるからわかりやすとはいえ、値段では値札を見ただけではわかりにくいため、1回分のコストを計算してみたら驚きました。

少ない量でもプロテイン以上の効果が見込めるため、筋トレ環境がかなり変わるサプリメントといえます。

強いて難点があるというなら、吸収効率が良すぎるため就寝中などの継続的な栄養補給には向かない点でしょうか。

これはEAAと同じくアミノ酸状にしているBCAAなどでも起きることなので、プロテインの需要がまったく無くなるというわけではなさそうです。

それでもゴールデンタイムの栄養補給にはかなりの効果が見込めるため、筋トレで伸び悩んでいる人はEAAを使うことも視野に入れてみましょう。