うっとおしい「蚊」を寄せ付けないため、徹底した予防・駆除方法を紹介!

温かい季節になってくると出てくる迷惑な虫、それが「蚊」です。

蚊を退治するのに蚊取り線香を使う人は多いでしょうが、それ以外にも蚊を駆除する方法や、蚊の侵入を防ぐ方法があるのは個存じですか?

今回は蚊に悩んでいる人のために、蚊の駆除や侵入を予防する方法を紹介します!

スポンサードリンク

蚊の侵入を予防する・駆除する方法

まずは蚊が部屋に入るのを予防する方法や駆除する方法を一覧にします。

・蚊よけのハーブを植える
・蚊よけネットを設置する
・窓を開けるときは全開に
・蚊よけカーテンを取りつける
・蚊取り線香や蚊よけスプレーを使う
・誘虫灯で蚊を引き寄せて殺虫
・蚊帳を使う
・蚊取りラケットで自分で仕留める

方法にするとこれだけやれることがあります。

では最初に蚊を部屋に入れない方法を、次に部屋に入った蚊を駆除する方法を詳しく紹介していきます。

蚊が部屋に入れないようにする方法

まずは部屋に蚊が入らないよう予防する方法を紹介します。

これをすれば寄ってくる蚊を減らせるので、必然的に部屋に入ってくる蚊も減らせるようになります。

ただあくまで「部屋に入りにくくする」のであって、「殺虫する」方法ではないので注意してください。

蚊が嫌う臭いを出すハーブを植える

庭や窓際に蚊が嫌う臭いを出すハーブを植えましょう。

いくつかの種類のハーブの臭いには蚊が嫌う成分が混ざっているため、蚊が寄りつかないものがあります。

これを庭の蚊が集まりやすい場所や、窓際などに鉢植えなどで植えておけば、寄りついてくる蚊の絶対数を減らせます。

ただハーブならなんでもいいわけではないので、蚊よけに効果がある代表的なハーブをいくつか紹介します。

・蚊連草(カレンソウ)
・レモングラス
・バジル
・レモンバーム
・イヌハッカ(キャットニップ)
・ミント

こういった臭いが強いハーブは蚊よけ効果も高いです。

なかにはバジルのように料理の彩りに使えるものもあるので一石二鳥です。

蚊よけネットを設置する

蚊が嫌う成分を染み込ませてある「蚊よけネット」でも蚊を寄りつかないよう予防できます。

注意したいのが、効果を充分に出したいなら屋内に設置するようにしましょう。

屋外に設置しても風で蚊よけ成分が流れてしまい、効果が無くなってしまいます。

しかし窓の内側などの屋内なら蚊よけの成分が部屋に滞留しやすいので、蚊が部屋に入るのを予防しやすくなります。

ただ風が無く、空気が滞留しやすい場所なら屋外に設置しても効果が出るので、設置したい場所の環境をチェックしておくといいです。

どの製品も蚊が出るシーズン中は効果が続くものが多いので、お好きなものを使うようにしましょう。

窓を開けるときは全開にする

「網戸をしているのに、窓から蚊が入ってきてる・・・?」なんて思った人いませんか?
中途半端に窓を開けていたりすると蚊が入ってきます。

開いた窓を上から見てみるとこうなっています。

窓はガラス部分と、ガラスの枠になるサッシで構成されています。

このためサッシ部分が出っ張って、ガラスの部分がくぼみになり空間ができてしまっています。

窓を全開にするとサッシ部分が合わさるので密閉された状態ですが、中途半端に窓を開けているとガラスのくぼみ部分が隙間になり蚊の侵入口になってしまいます。

これでは網戸をしていても意味がありません。

蚊に限らず羽虫全般にいえますが、飛んでる最中に壁に当たると壁沿いに飛ぶような生態をしています。

富んでいる蚊が窓に当たると隙間に向かって飛んでくるので、むしろ部屋に侵入するよう誘導している状態になります。

そのため窓を開けるときはサッシ部分が合わさるように全開で。

どうしてもできないなら虫の侵入を防ぐ専用の「隙間テープ」があるので、それを使って蚊が侵入できないようにしましょう。

蚊よけカーテンをドアに取りつける

蚊が入れないくらいの網目状のカーテンをドアに取り付ければ、開いたドアから蚊が入ってくるのを防げます。

大雑把に分けて2種類あるのでそれぞれ紹介します。

取り付けが簡単な「カーテン」タイプ

取り付けが簡単なタイプは両面テープで貼るタイプなので、どんな場所でも簡単に取り付けられます。

カーテン同士を複数のマグネットでくっつけて閉めるので、そこまで出入りを邪魔することは少ないです。

ただ気をつけたいのが引っ張るとテープが剥がれやすいことです。

大きめのサイズが多く、なんの調整も無しに取り付けるとカーテンの下の部分が床に垂れ下がってしまいます。

この垂れた部分を踏んでカーテンが引っ張られてテープが剥がれる、なんてことが多いです。

そのためあまり床に垂れないよう、長さを考えて取り付ける必要があります。

あと玄関の内側のように、ドアの上に開閉ギミックがある側には取り付けられません。

あらかじめ貼れる側を確認しておきましょう。

取り付けが面倒な「網戸」タイプ

取り付けが面倒と聞くと遠慮しがちですが、このタイプは密閉率が高いので蚊の侵入をかなり防げます。

カーテンというより網戸をドアとして追加で取り付けるようなものなので、閉め切ってしまえば僅かな隙間もできません。

ただ取り付けが面倒といえる通り、玄関のサイズに合うようなものでないと取り付けられないので、調整作業が面倒です。

カーテンタイプと違って、主に玄関などに取り付けるようなものになるので、あまり室内向けではないと思います。

家の中なら「カーテン」タイプ、玄関には「網戸」タイプを使うようにするといいでしょう。

室内に入ってきた蚊に対処する方法

ここからは部屋に侵入してきた蚊に対処する方法です。

一般的な蚊取り線香を焚くことの他にも多くの方法があるので参考にしてください。

蚊取り線香・蚊よけスプレーを使う

まず蚊が出たら試したいのが蚊取り線香と蚊よけスプレーになります。

ただこれをするときに注意したいことが2つあります。

それが「やるときは窓やドアを閉めて部屋を密閉する」ことと「部屋にものを置きすぎない」ことです。

窓などを開けたまま蚊取り線香などを焚いても、風によって蚊よけ成分が流れてしまいます。蚊よけスプレーも同様です。

そうなると蚊よけ成分がない「空白地帯」ができてしまい、そこに蚊が避難・集まるようになってしまいます。

これでは十分な殺虫ができません。

室内に蚊よけ成分が定着するよう20~30分ほどは部屋を密閉したうえで蚊取り線香などを使いましょう。

そして部屋にものを置きすぎると、蚊が隠れられる場所ができてしまいます。

蚊は飛んで移動するとき以外、壁などに張り付いて過ごしています。

このとき部屋にものを置きすぎていると隠れられる場所が増えてしまい、蚊取り線香などを焚いても成分が届かなくなってしまいます。

できるかぎり部屋を片付けて、蚊が隠れられる場所を減らしましょう。

※「キンチョール」のような化学成分を使っているものだと、のどが痛くなる人もいると思います。
火で焚く蚊取り線香ならのどの痛みが無くなる・軽減できるので、体質によって使い分けましょう。

「蚊帳」を使う

蚊帳を使って寝れば、蚊に邪魔されずに安眠できます。

昔は天井に吊り下げて使う蚊帳が多かったですが、最近は「テント式」のワンタッチで展開できる蚊帳もあります。

イメージとしてはベッドや布団の上にテントを「乗っける」感じです。

上下左右すべて網布で覆われているため、中に入って入口を閉じてしまえば蚊が侵入してくることはありません。

天井に吊り下げなくても使えるので、室内でも屋外でも使えます。

大きさも色々あり、ダブルベッドなら「200×180cm」くらいのサイズを、シングルなら「200×120」くらい、赤ちゃん用なら「90×70」といった小さなサイズまで多くのサイズのテント式蚊帳があります。

あらかじめ自分のベッドの長さ・幅を測って、適したサイズの製品を購入しましょう。

自分で仕留める

蚊を駆除する最終手段は「自分で直に蚊を仕留める」ことになります。

しかし手で仕留めようにも、「すり抜けてる!?」なんて思うほど蚊を仕留められない人も多いはず。

多くの人は殺虫スプレーを使うことをイメージすると思いますが、ここでオススメしたいのは「蚊取りラケット」といわれるアイテムです。

「蚊取りラケット」は「通電したテニスラケット」をイメージすれば分かりやすいと思います。
このラケットを振って蚊を網に引っ掛けるだけで蚊を仕留められます。

地味にいいのが「仕留められる範囲が広がる」「手を汚さず仕留められる」「死骸を捨てるのがラク」なことがあります。

手やスプレーだと一部分しか仕留めるのに有効な範囲が無いですが、ラケットの場合はラケットの面の大きさと、振っている範囲全てが有効範囲です。

蚊がいた位置にテキトーに振っても、結構引っ掛かることが多いです。

そして手で叩くと、もし蚊が血を吸っていると血で手が汚れてしまいます。

しかしラケットを使えば手が汚れることなく蚊を仕留められます。

感電死したあと網に引っ掛かったままなので、スプレーで仕留めたときのようにイチイチ拾うようなことをせずとも、直にゴミ箱にポイできます。

通電しているといっても蚊といった小さな虫が感電死する程度なので、もし触れてしまっても「熱っ!」や「痛っ!」といって反射的に離れる程度です。

手などが振れでも直接接触しないよう、カバーの網が両側についているので、内側の網に触れなければ通電しませんし。

ヤケドといった跡も残りませんし、触れないよう神経質になる必要もないかと。

私は寝てる体勢でも、肌に触れるか・触れないかくらいの距離でもバンバン振ってます。

慣れれば暗闇の中、寝てる最中でも蚊の音を頼りに仕留められるようになります。

手などで直に仕留めることが多い人は、蚊取りラケットを使って効率よく蚊を仕留めましょう!

※蛍光灯は効果がないらしい

蚊を引き寄せるためにブルーライトなどを使った殺虫グッズがありますが、どうやら蚊を引き寄せる効果はあまり無いようです。

蛾などの羽虫を集める効果はありますが、蚊は人の体温・息に含まれる二酸化炭素を目印に誘引されるため、こうしたグッズでは効果はイマイチなんだそうです。

吸引系・感電系の両方を使ってみましたが、1シーズンで数匹くらい仕留められた程度でした。

「蚊に効果がある!」みたいに書いてあっても、それが蛍光効果だけの根拠・説明だと期待しない方がいいです。

しかし蚊よけネットでも防げないような小さすぎる羽虫を集めるのには有用なので、そちら方面で使用するのは有効です。

スポンサードリンク

蚊を防ぐ最低限かつオススメの方法

色々と蚊をどうにかする方法を書いていきましたが、家や部屋の環境などでいくつか取りづらい方法もあるかと思います。

そんな人でもかなりの蚊を防げる方法が「蚊取り線香を焚く」と「蚊よけカーテンをつける」。この2つです。

たった2つだけですがこれだけでもかなりの蚊の侵入を防げますし、一部屋だけで完結した方法なので部屋の広さや周囲の環境に左右される心配もありません。

使う費用も2000~3000円ほどなので、それだけで1シーズン中の多くの蚊を防げるなら安い買い物だと思います。

これでも部屋に入ってくる蚊がいるなら、上記で紹介した他の方法を追加していく形になります。

強いて欠点をいうなら、蚊取り線香のにおいが部屋や衣類についてしまうので、そのあたりを気にする人は注意しましょう。

最後に

これで蚊の侵入を防ぐ・駆除する方法の紹介を終わります。

蚊をどうにかする手段としてもこれだけの方法があるのがわかっていただけたでしょうか?

徹底的に蚊を寄せ付けないようにしたいなら、これらのいくつかを併用して、部屋に蚊が入りこまない・蚊を効率よく駆除できるようにしましょう!