筋トレをしていて思った失敗談。「あのときからこうしていれば…」なんて感じたこと

趣味で筋トレを始めてから2年以上経ち、15kg以上の増量に成功しました。

体脂肪などもありますがそれでも確実に10kgは筋肉をつくれていると思います。

しかし現在でこそ筋肉を増やせていますが、「最初の頃にこうしておけばよかった」と思うことはいくつかあります。

ということで、筋トレをしていて「失敗したなぁ」なんてことを書いていきます。

無計画なトレーニング

最初の頃は「とりあえずこれくらいすればいいだろ」とセット数や休憩時間などを考えずにトレーニングしてました。

最初はオーソドックスに腕立てと腹筋をしていたのですが、とりあえず何回やったかでトレーニングを終えてました。

まあ鍛えられていない筋肉ではどんなトレーニングでも負荷になるので、まったく筋肉がつかなかったわけじゃありませんがすぐに頭打ちになりました。

私は痩せ型の体形なので、最初は腕立て30回・腹筋50回ほどでやっても目に見える形で筋肉がついていきました。

「結構ラクに筋肉つくな」と思っても、初めの数か月以降から筋肉の付きが悪くなりました。

筋肉がついてくればその分トレーニングできる回数は増えます、特にトレーニング初めの2~3か月は。

しかし同じ回数でやっても「ラクなトレーニング」が増えるだけで負荷が増えなくなったので、当然筋肉の付きは悪くなります。

オマケに一度限界を迎えた後の休憩時間をかなり長く(1分以上?)取っていたため、せっかくの負荷が消えてしまって余計に効果が低くなったりも。

セット数と合間の休憩時間をしっかり設定していなかったため、そのときの気分でトレーニングしていることも多かったです。

無秩序なままトレーニングするよりは、やはりストイックにトレーニングしたほうが効果は遥かに高いと感じます。

栄養補給を疎かにしていた

今では考えられませんが最初の頃はゴールデンタイムはおろかまともな食事すら摂ってないことがありました。

本格的にプロテインを使い始めたのは筋トレが2か月ほど経過したくらいからだったと思います。

筋トレは基本休日にしていたのですが、以前はかなりズボラな生活をしており休日は朝食を食べずにいたことも多かったです。

1日に必要な栄養が足りてないのに、追加で筋肉をつけることはできません。

おまけにゴールデンタイムにプロテインやビタミンを摂取するといったこともしてなかったです。

筋トレ初心者だとプロテイン3000円でも値段が「高い」なんて感じている人もいませんか?

当初の私はそんな一人で、たんぱく質の補給に値段が安いきな粉で代用してました。

別にきな粉が悪いわけではありませんが、私の場合朝食抜きと根本的な栄養源が不足していたため、きな粉だけじゃ当然カバーしきれませんでした。

筋肉増量が頭打ちになったので、その頃になってようやく「1日3食」「ゴールデンタイムの栄養補給」を意識し始めました。

やはりプロテインの効果は大きく、1回のトレーニングごとの筋肉増量の効率も上がりました。

筋肉痛の期間(筋肉をつくっている期間)も長くなり始めた頃には夜寝る前にもプロテインを摂取して、寝てる間も筋肉がつくれるようにし始めました。

筋トレグッズの使用

腕立てや腹筋と設備無しでできるトレーニングでも、筋トレグッズを使えばもっと効率は良かったと思います。

最初のことは腕立てと腹筋には何も使わず、通常の自重トレーニングをしていました。

そんな状態で半年以上続けていましたが、一応は筋肉は成長していたので「こんなものか」と思ってトレーニングし続けました。

しかし途中で腕立ての補助をする「プッシュアップバー」、より腹筋を鍛えられる「腹筋ローラー(アブローラー)」の存在を知りました。

使ってみたところ明らかにトレーニングの効率が上がりました

グッズの両方ともトレーニングの負荷を上げられる・補助をしてくれるので、少ない回数でもより大きな負荷を筋肉に与えられます。

腕立てなどで限界になる回数は減り、トレーニング時間も短縮されても筋肉増量の伸びは以前より良くなったくらいです。

私は痩せていたというのもあるため、通常の自重トレーニングでは充分な負荷が与えられていなかったんしょう。

もう少し早くに導入していればもっと筋肉を増やせていたかと思うともったいないと感じます。

BCAA・HMBの使用が遅かった

BCAAとHMBをもっと早くに使っていれば筋肉の付きも早かったと思います。

BCAAとHMBはプロテイン(たんぱく質)が消化・分解されてできるアミノ酸で、プロテインよりはやく吸収されます。

こうした特性から「プロテインより効果が高い」「摂取効率が良い」なんていわれています。

しかし最初の筋肉がついていない頃だとプロテインだけでも十分筋肉がついていったので、これらを重視していませんでした。

値段もプロテインより高かったですし。

しかし筋トレを始めてから1年くらい、10kgほど増量したあたりから伸びが急激に悪くなりました。

基本増えても微増(誤差・勘違いレベル?)で、ときには減ってしまうような状態にも。

「トレーニング法が悪い?」「プロテインが足りない?」なんて思いながらも、数か月経っても改善が見られませんでした。

そこで思い切ってこれらを摂取するようにしたところ、4か月ほどでさら5kgほど増量できました。

やはり筋肉が多くなってくると超回復にも限界が出始めるようで、より効率よくアミノ酸を吸収する必要があるようです。

特に含まれるアミノ酸の種類が多いBCAAのほうが効果が高かったです。

最初はプロテインと混ぜて使っていましたがBCAA単品でも問題ないようで、最近ではゴールデンタイムのたんぱく質摂取にBCAAのみ使ってますが、しっかり増量されています。

頭打ちになった頃から使っていれば、もっと早くに増量できたんじゃないかと思ってます。

まとめ

要点だけまとめると

・セット数などを考えてトレーニング
・プロテインやBCAAなどの使用
・トレーニングの補助器具(安物でもOK)

これらを守っていれば休日だけのトレーニングでも1年以内に10kg以上の増量が出来ていたと思います。

プロテインといったサプリメント代もバカにできないため、結構無駄なコストがかかっていたと思うと失敗したなと。

コストだけじゃなく時間も短縮できていただろうと思うと、今頃はもう少し増量できていたと思います。

これから筋トレを始めようと思っている人はこうしたことを守って、効率よく筋肉をつけていってください。