アフィリエイトの「本人申し込み」。実質割引で商品を購入可能

2022年2月27日広告・アフィリエイトアフィリエイト

アフィリエイトで広告を探していて「あ、この商品欲しい」と思ったことはないでしょうか?

そして「自分で商品購入したら報酬Getできるんじゃ?」と思った人もいると思います。

もし自分で商品を買って報酬ももらえれば実質報酬分が割引されてお得になります。

そんな「本人申し込み」に関する概要や注意点などを解説します。

本人申し込みとは?

アフィリエイトにおける本人申し込みとは自分で貼った広告をクリックして商品を買う事で、その報酬を得られるシステムのことです。

本人申し込みにはいくつかのメリットがあるため、可能となっているアフィリエイト商品があるなら利用してみるのも良いでしょう。

広告の商品を割引購入できる

本人申し込みを利用すれば、実質割引価格で広告の商品を購入できます。

例えば値段が3000円の商品があり、その報酬が1000円だとします。

それを自分で購入して報酬もゲットできれば、実質2000円で商品を購入できることになります。

広告で紹介している商品は特殊なものも多く、一般的な店舗で扱っていない場合が多いです。

似たような商品は販売していても何か別の付加価値がある商品も。

通販専門でしか販売していない商品もあるので、そういった商品を割引で購入できるのはメリットが大きいといえます。

ブログのネタにできる

購入した商品を直接ブログで紹介できるので記事にしやすいです。

むしろこれがアフィリエイトの本質に近いといえます

アフィリエイト商品の記事は、基本的にその商品を使ってみての感想などを書くことになります。

購入した商品の概要や使い心地を自分で確かめられるため経験談や確度の高い記事が書けます。

そうした形で記事のネタにできるため上記の割引購入と合わせれば一石二鳥です。

ただし例え事実でも商品のイメージが悪くなりそうなことを書くのはNGです。

使う際に気を付けるようなことならともかく、「この商品はダメ」「使えない」なんて直接的に書くのはやめましょう。

こうした「記事にする際の規約」もあるため注意してください。

無理して購入する必要はありませんが、欲しい広告の商品があったらブログのネタにできるチャンスと思っておきましょう。

ちょっとしたカタログに

本人申し込みの部分ではありませんが、本人申し込みOKの広告の商品のカタログ代わりにもなります。

上記で説明した通り、広告の商品は何か特別な付加価値があったりしますが、なかなか周知される機会がありません。

…まあそういったことを周りに知らせてくれるのをアフィリエイト利用者に期待してるわけですが。

そうした商品をいの一番に自分が確認できるので、気になるジャンルの広告がカタログに早変わりします。

単純に気になる商品を調べるもよし、ネタになる商品を探すもよしと、広告を貼る・貼らないに関わらず一度目を通してみましょう。

スポンサードリンク

全てのアフィリエイトでできる?

ではそんなオトクな「本人申し込み」ですが、全てのアフィリエイトでできるのか?

そこのところを紹介します。

アフィリエイト専門の会社ならOK

「A8net」や「もしもアフィリエイト」といったアフィリエイト専門のASPでは本人申し込みできる商品が多いです。

できるASPでは広告を検索・発行する際に「本人申し込み」の欄があったりするためわかりやすいかと。

ただ本人申し込みというのは厳密にいえばASPが許可しているわけではなく、その広告を発行している「広告主」の会社が許可を出しています。

そのため本人申し込みがNGだったりする広告も当然あります。(まあ利用者にとってはどっちでもいいでしょうが)

本人申し込みができるASPとしては以下のようになります。

・A8net
・もしもアフィリエイト
・バリューコマース
・LInk-A
・アフィリエイトB
・トラフィックゲート
・リンクシェア
・JANet
・アクセストレード
etc

こうした有名どころのASPでは本人申し込みがOKな広告を扱っている場合が多いです。

無事審査に合格して提携できたら、一度本人申し込みOKかどうか確認してみましょう。

Amazonや楽天ではできない

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトといった販売も兼ねている会社では本人申し込みできません

Amazonアソシエイトは規約の「紹介料」の部分で、楽天アフィリエイトは「禁止事項(3)」の部分に「本人が購入しても報酬が発生しない」と明記されています。

ただ規約違反といっても目立った罰則は無く、報酬が発生しないだけで済んだりもします。

このため間違って購入してしまっても大丈夫です。

そうでないと利用者はその商品を購入できなくなってしまいますし。

間違って購入して「成果」の欄の報酬額が増えて表示されたりしますが、決算のときに本人購入で発生した報酬額が減額されます。

ただこれは記事内に貼った広告をクリックしてから商品を購入した場合のみです。

例えブログ内に広告を貼っていても、普通にAmazonなどのトップページから商品検索で購入すれば引っかかりません。

不安ならこうした方法で商品を購入するようにしましょう。

なんでOKな場合とNGな場合があるのか?

ここからは私見も入りますが、どうして本人申し込みができる場合とできない場合があるのか説明します。

本人申し込みOKな場合

本人申し込みができる広告(会社)の場合はとにかく商品を売って利益を出したいんだと思います。

報酬金額の分割安になってしまいますが、それを見越して利益を出せるように設定するのが普通です。

そのため例え本人申し込みで商品を購入してくれれば利益が出るため、割引されても大丈夫と考えているのでしょう。

それに報酬が発生するのが初回購入のみに設定されている広告も多く、恒常的にアフィリエイト登録者に割引される心配も少ないです。

こうした理由で本人申し込みが許可されているんだと思います。

本人申し込みNGの場合

本人申し込みができない場合は逆に割引購入されるのを嫌がっているんだと思います。

特にアマゾンや楽天ではアフィリエイト専用の商品以外にも日用品なども購入できるため、許可してしまうと恒常的に割引購入されてしまう可能性があります。

そうしたことを防ぐために原則として許可していなかったりしてるんだと思います。

アフィリエイトとは商品を紹介してその紹介料として報酬を受け取るのが大原則です。

そのためちゃんと商品を紹介せずに自分のためだけに本人申し込みを利用するのは控えるべき。

自分とASP両方にメリットのあるWin-Winの関係を念頭に置くべきでしょう。

スポンサードリンク

「本人申し込みNG」でも家族はOK?

本人申し込みNGの広告の商品を家族が購入しても報酬が発生ません

商品を購入する際には必ず送り先の現住所を入力しますよね?

そしてブログ主がアフィリエイトの登録をする際に現住所も登録していると思います。

…もう察しがついたでしょうが、送り先住所がアフィリエイト登録者の住所と同じ場合、例え家族やルームシェアしている人でも「利用者と同一人物」と見なされ報酬が発生しません

「じゃあ家族が別の住所に住んでいれば報酬は発生するんじゃ?」と思うでしょうが、そうしたことを利用した購入方法は規約に触れる可能性があります。

アフィリエイトの規約には「第三者に依頼してクリック・申し込みをするのを禁ずる」という項目があります。

この「第三者」というのは家族も含まれます。

少なくとも「広告貼ったから購入して!」みたいなことは家族でもいわないでおくのが賢明でしょう。

最後に

以上でアフィリエイトにおける本人申し込みの紹介を終わります。

色々と制約があったりしますが相応のメリットも確かにあります。

アフィリエイトをしていれば必然的に多数の商品の宣伝を見ることも多くなります。

気に入った広告の商品があり、かつ本人申し込みOKな場合は試し購入してみましょう。

スポンサードリンク