発泡スチロールで自作ミミズコンポストをつくってみる。安くコンポストをつくる方法

ミミズコンポストをしてみたいと思った人に、低価格でつくれる発泡スチロール製のミミズコンポストのつくり方を紹介したいと思います。

発泡スチロールなので加工しやすく、軽いため取り扱いがラクです。

うまくいけば材料費は500円以内、多くとも1000円ほどでつくれるので、お金をかけたくない人にオススメです。




自作コンポストの重要な部分

コンポストを自作するときに最も重視する点があります。

・防虫
・排水

この2点です。

コンポストに隙間があるとハエなどが入ってきてしまい、ウジが出て大変なことになります。

できる限り虫の侵入を防ぐつくりにしないといけません。

そして中に溜まってしまった水を外に出さないとそれが原因で生ゴミが腐りやすくるため、排水用の穴をつくる必要があります。

またこのとき排水した水は「液肥」にもなりますので、容器を排水口の下において回収できるようにすれば一石二鳥です。

用意する材料


・発泡スチロールの箱
・不織布(ふしょくふ)
・ペットボトルのキャップ×2

この3種類でつくれます。

発泡スチロールの箱は、スーパーのレジ近くの「お客様お持ち帰り可」のダンボールと一緒に置かれていることがあります。

魚介類専門店ならかなりの高確率で置かれているので、そういったものを頂いて使いましょう。

ホームセンターなどでも600円ほどでそれなりの大きさのものが購入できます。

不織布は防虫ネットとして百円均一などで購入できます。

ペットボトルのキャップと一緒にコンポスト内の空気穴・排水口として使い、ハエなどが入ってこないようにします。

コンポストのつくり方

①発泡スチロールに穴を空ける


発泡スチロールに排水口と空気穴を空けます。

今回キャップの大きさの穴にしたいので、キャップを押しつけて跡をつけて、その跡に沿ってカッターなどで切っていきます。

できる限りなめらかに切ると凸凹した隙間が減るため、より虫が侵入しにくくなります。

今回は穴を1つ開けるだけですが、複数開けるとより排水性が高くなります。

②キャップに穴を空ける


キャップの内側に穴を空けます。

今回カッターを使って空けましたが、力を入れて空けようとすると勢いでずれたりして危険です。

何周にもわたって跡をつけるようにして切ると、力もいらず比較的安全に切れます。

どうしてもカッターを使うのが怖いなら、キリなどでシャワーの穴のようにキャップに小さな穴を何個か空ける手もあります。

ただこれだと穴が小さくなるので最低でも穴を6個以上は空け、複数個所に排水穴をつくったほうがいいです。

③キャップに不織布をかぶせ穴に押し込む


まず不織布をキャップに被さるくらいの大きさに切り、キャップに被せたまま発泡スチロールに空けた穴(排水口・空気穴)に押し込みます。

これでハエなどの虫が侵入してくるのを防ぎます。

④完成


これで容器は完成です。

空気穴と排水穴がちゃんと入っているか、すき間はないか確認しましょう。

キャップ+不織布は代用可能

キャップと不織布でつくった防虫穴は、

・水、空気がちゃんと通る
・虫の侵入を防ぐ

この2点が揃っている方法なら代用可能です。

茶こしネットを使っている人もいます。

自分でつくるのが面倒・もう少し排水量を多くしたいなら、そういったものを使うのも手です。

通常のコンポストとしても使える

ミミズコンポストとしてではなく、通常の堆肥をつくるコンポストとしても使えます。

通常の堆肥づくりをしたくなったときにそのまま代用できるので、使わなくなった容器でも取っておけば容器づくりの手間が省けます。

使用上の注意点

日光で劣化しやすい

素材が発泡スチロールのため、日光が当たると劣化しやすいです。

日陰などの直射日光が当たらない場所に置いて使ってください。

変形に注意

発泡スチロールは柔らかいため、力を入れると変形したりキズがつきやすいです。

特にフタを空けるときに力を入れすぎると、容器とフタの間に隙間ができてしまい、そこから虫が入ったりミミズが脱走したりします。

変形させなければかなりの密閉性を保てるので、扱いには注意して長く使えるようにしましょう。

最後に

冒頭にも書きましたが、「防虫」と「排水」

これだけは怠らないようにして容器をつくりましょう。

この2つができていないと、堆肥づくりを失敗する主な原因になります。

しっかり対策できた容器をつくって、上質なミミズ堆肥をつくりましょう!