ペットボトルを使ったミミズコンポストのつくり方。一番簡素かつ安上りなミミズコンポスト

以前に発泡スチロールでのミミズコンポストのつくり方を紹介しましたが、今回はペットボトルを利用した「ミニミミズコンポスト」のつくり方を紹介します。

ミミズコンポストに興味があっても、いきなり大きめのコンポストをつくるのに抵抗がある人なら、身近なペットボトルでミミズコンポストを作ってみてはどうでしょうか?

ペットボトルでミミズコンポストをつくる方法はいくつかありますが、とりあえず「液肥などをうまく回収できる」「できるだけ多く堆肥をつくれる」「堆肥の回収がラク」を目指してつくれるミミズコンポストを紹介します。

用意するもの

ペットボトルでミミズコンポストをつくるには以下の材料が必要です。

・ペットボトル(2Lの大きなもの)×2
・不織布
・ヤシガラマット
・受け皿(場合によっては無くてもOK)

これだけです。

コンポストそのものの材料ならペットボトルと不織布さえあればOKです。

あとはペットボトルを切るためのハサミやカッターが必要なので、そちらも用意しましょう。

完成品

まずつくってみたペットボトルコンポストを見てもらおうと思います。

少々わかりづらいですが、ペットボトルを切って何個かのパーツにしてから組み合わせてます。

この方法ならミミズを分別せずに堆肥を回収しやすかったり、後述するパーツの数次第でつくれる堆肥の量を増やすことができます。

つくり方

ではさっそくペットボトルでミミズコンポストをつくってみましょう。

①ペットボトルを切る

まずペットボトルをいくつかに分割するために切ります。

最低限これだけのパーツはつくりましょう。

③のパーツはは下の図の④でもかまいません。

切る部分が分かりにくいと思うので、この図を参考にして切ってください。

赤線が切る部分で、水色の部分が上記の写真のパーツになります。

①と②がミミズ・ヤシガラマット・野菜クズを入れる堆肥のメインスペースになります。

ただ①と②のペットボトルの飲み口付近を切るときは、穴が大きすぎず・小さすぎずになるよう切りましょう。

大きすぎると堆肥を回収するときこぼれやすくなったり、逆に小さすぎるとミミズが移動しずらくなってしまいます。

③あるいは④のパーツはペットボトルを支える土台・受け皿の役目になります。

②パーツを組み合わせる

①で切ったパーツをうまい具合に組み合わせます。

写真だと少々わかりづらいので、図で表すとこんな感じです。

②と③を組み合わせる際、間に不織布を挟み込みます。

少々強引に挟み込んでしまえば、隙間もなくなるので一石二鳥です。

こうすることでミミズや堆肥をこぼさずに、液肥を下から回収しやすくなります。

土台となる③を④と変えても機能としては問題ないので、後述する注意点が気にならなければご自由に変更してください。

③土を入れる

②の部分にミミズが住める土を入れます。

ただ目一杯土を入れると、今度は野菜クズなどが入れられないのでミミズが隠れられるくらいの量にしましょう。

パーツ部分の1/3~半分くらい入れれば充分です。

④受け皿部分の用意

③を使っている場合は液肥を溜める受け皿を用意します。

ペットボトルが収まるなら何でもいいです。

そして写真のように、受け皿の中に薄く土を敷いておきましょう。

理由は後述。

⑤ミミズと生ゴミなどを投入

②の部分にミミズと野菜クズなどの生ゴミを入れます。

入れたら上に切った新聞紙などを入れて、炭素の補給・できるだけ光の遮断・臭いの拡散防止・湿気の調整をします。

炭素の補給とは、微生物の活性化のために行います。

通常ミミズは腐ったような柔らかいものしか食べられません。

そのため微生物の働きによって生ゴミを柔らかくしてもらう必要があります。

しかし微生物が充分に分解作業をするには「炭素」が必要なため、その補給を兼ねて新聞紙を使っています。

ちなみにインクが気になるようなら新聞紙の外周部の無地の部分を使いましょう。

新聞紙は安全なのか? 原料は? インクは? その成分は? 一番安全な部分も併せて紹介

⑥虫が入らないようフタの用意

このままだとペットボトルの中に小バエなどの虫が入りこみやすいので、不織布などでフタをしましょう。

別に不織布でなくても、キチンと侵入を防げるフタなら何でもいいです。

これで一応完成になります。

堆肥で満杯になったら

②が堆肥でいっぱいになったら②の部分を取り外して堆肥を回収してください。

ただある程度①にも堆肥がないとミミズが移動していないので、少しは①の部分にも堆肥ができた状態にしておきましょう。

ミミズコンポストで使うシマミミズは上へ上へ移動していく習性があるため、エサとなる野菜クズを入れ続ければ自然と①の部分に集まってると思います。

そうなれば②にはミミズがいない、堆肥のみとなっているので簡単に堆肥だけを回収できます。

あとはカラになった②を①の上に組み合わせればOKです。

これを延々と繰り返せば、堆肥のみを回収しつつ野菜クズを入れ続けることができます。

今回は堆肥つくりの部分が2段重ねのコンポストですが、3段くらいまでならギリギリ大丈夫です。

4段を越えるとかなりバランスが悪くなってくるので、もしやるならペットボトルが倒れないよう注意してください。

パーツの④ではなく③を使う理由

④のパーツを使えば液肥を簡単に集められると思うでしょうが、はっきりいうとペットボトルコンポストだとあまり液肥は出ません。

もともと液肥が出るほどの水分量が無かったり、出てもすぐに蒸発してしまうのが理由になります。

そのため④のパーツで液肥を溜めようと思っても、すぐに乾燥して汚れたシミみたいになってしまいます。

そこで下に土を敷き詰めて液肥を吸わせておくことで栄養価の高い土にすることができます。

これなら乾燥してしまっても堆肥と同じ要領で土として使えます。

使うペットボトルの注意点

できるだけ頑丈なペットボトルを使う

使うペットボトルは固めのものがオススメです。

ペットボトルが柔らかいとすぐに変形しやすくなるため、パーツ間の隙間ができやすくなります。

そうなると小バエが侵入したり、最悪ミミズが脱走します。

固めのペットボトルを使えば変形しにくくなるので、そういったことを防ぎやすくなります。

オススメはお茶や炭酸飲料のペットボトルです。

特に炭酸飲料のペットボトルは炭酸で破裂しないようかなり固めにつくられており、かつ表面にデコボコがないので組み合わせがラクにできます。

使うペットボトルの種類は統一

材料にするペットボトルは同じ型(同じ飲み物)のペットボトルを使いましょう。

形状が違うとペットボトルを組み合わせることができなくなることが多いです。(極端な話、円柱型と長方形のペットボトルだとどうしてもうまく組み合わさりませんし)

うまく組み合わないと隙間ができ、そこから虫が侵入したり、ミミズが脱走しやすくなります。

ペットボトルコンポストをつくるときは、同じ型のペットボトルを最低2本用意してからつくり始めましょう。

2Lの大きめのペットボトルを使う

堆肥目的でコンポストをつくるなら2L容量のペットボトルを使いましょう。

ペットボトルが大きければその分ミミズも多く入れられるので、単純につくられる堆肥の量も増えます。

もしミミズを大量に入れても、エサの取り合いや居住スペースの問題で数が少なくなってしまいます。

500mlの小さいペットボトルでもつくれなくは無いですが、つくれる堆肥が少なかったり、安定性が少なくなるためふとした拍子に倒れやすくなります。

コンポストの置き場所

中のミミズに影響が出ないよう、出来るだけ日光が当たらない場所に置くのが好ましいです。

ペットボトルは透明なので通常のコンポストと違い日光を遮断できません。

そしてミミズは極端に光を嫌う性質があるため、ことさら日光の影響を受けやすいです。

そのため日が当たらない場所に置いたり、日光を遮断できる囲いみたいなのを用意しないとうまく堆肥をつくってくれなかったり、最悪死んでしまいます。

それとペットボトルが軽い関係上少しの風でも倒れやすいので、なるべく風がこない場所であることも大切です。

うまく上記の条件に一致する場所にコンポストを置くようにしましょう。

最後に

これでミミズコンポストをペットボトルでつくる方法の紹介を終わります。

ここで紹介したのはほんの一例です。

他にもいくつかつくり方があったりするので、他の方法でつくったり、独自でつくってみたい人は参考にしてください。