野菜に追肥するときに使う肥料なら化学肥料がオススメ。早く土に染み込ませて野菜・果実を大きく

野菜などを育てている人にとって一番重要なのは、「どうやったら実を大きくできるか?」だと思います。

そこで大切になってくるのが「追肥」です。

よく「化学肥料」や「化成肥料」と呼ばれている肥料がその追肥に一番適しています。

しかし「化学肥料」「化成肥料」といってもどういった違いがあるのか? どのような効果があるのか?

化学肥料と化成肥料の違い

結論からいえば化学肥料と化成肥料は「ほぼ同じ」です。

化学肥料も化成肥料も、原材料は鉱物といったものからリン酸などの栄養分を取り出して、それを粒上にしてつくられています。

ただし含まれている成分の種類の数に違いが出ます。

・化学肥料…リン酸だけ、チッソだけといった風に単一の成分でできている
・化成肥料…リン酸+チッソと複数の成分を混ぜ合わせてある

違うのはこれだけで、用途などには違いはありません。

「野菜をつくる肥料!」などといって市場に出回っているものは、ほとんど化成肥料だと思われます。

ひとつの肥料に複数の栄養が含まれているなら、そのほうが効率やコストパフォーマンスがいいですからね。

ただそれだけだと特定の栄養素のみを増やしたい場合には不向きな場合もあります。

植物というのは特定の栄養素のみの濃度が高くなりすぎると生育障害が発生する場合があります。

そうなった場合その成分をこれ以上増やさないようにする必要が出てきます。

しかし化成肥料のように複数の成分を含んでいると「この栄誉素はいらないけど、こちらの栄養素は欲しい…」なんてことになります。

こうした特定の栄養素のみが必要になる事態にも対応するために単一の成分の化学肥料があるわけです。

どんなときに使えばいい?

化学肥料・化成肥料は「追肥」として使うのが一番適しています。

追肥とは栄養が足りなくなった土に追加で栄養を補充することを指します。

「なんか野菜に元気がないな…」なんてときには、できるだけ早く栄養をあげたいですよね?

これらの肥料は水に溶けやすく、すぐに栄養が土に染み込んでいってくれます。

使った即日から栄養を届けることができるので、栄養不足にすぐに対応できます。

花がつく・実をつけ始める直前あたりから追肥をすれば、花や実をつけるのに必要な栄養を充分に与えることができます。

家畜フンなどの有機肥料もありますが、あちらは化学肥料などと違ってすぐには栄養素に変わりません。

微生物が有機物を分解して初めて栄誉素に変わるため、すぐに植物に栄養を供給したい場合には不向きです。

どのくらい効果が続く?

効果が続く期間は肥料の粒の大きさによって違ってきます。

粒が小さい場合

粒が小さいものは1~2週間ほどしか栄養の供給が続きません。

粒が小さい場合は早く水に溶けるため早く栄養が行き渡りますが、すぐ水に溶けてしまう分持続時間は短めです。

しかし植物に元気がなく、早急に栄養を与えたいときは粒の小さなものがオススメです。

粒が小さい分少ない量でも広範囲にバラまけるため、花といった少量の肥料でも問題ない植物の使用にも向いています。

量の調整もしやすいというというメリットもあります。

粒が大きい場合

粒が大きいものは2~3週間と長い期間栄養を供給し続けられます

実をつけている間など、長期間栄養が途絶えないようにしたいときは粒の大きいものが最適です。

粒が大きい分溶けきるまでに時間がかかるため、追肥の手間を無くすのに最適です。

ただ注意したい点として一か所に多量に使わないようにすることです。

多量に使ってしまうと一か所だけ栄養の濃度が高くなりすぎるため、根腐れの原因になることがあります。

化学肥料で主要な成分のひとつである「リン酸」は、濃度が高くなりすぎると根に刺激を与えてしまうことがあり、それが原因で根が傷むことがあります。

滅多にあることではありませんが、撒く場合は適量かどうか取説を読んでおきましょう。

使うときの注意点

栄養を効果的に与えることができる化学肥料ですが、使うときに注意することがいくつかあります。

使い方によっては、より植物に栄養が届きやすくなったり、逆に生育の邪魔をしてしまうこともあるので覚えておきましょう。

土をほぐす

肥料をまく場所の表面をある程度ほぐすこと、栄養が染み込みやすくなります。

肥料とは水に溶けることによって根から吸収されます。

そのため土の表面が乾いて固まっていたりすると水に溶けても土に染み込まず、そのまま別の場所に流れていってしまいます。

プランターだとそれが顕著で、土の表面が固まっていると水が染み込まずに容器の壁と土の隙間に全部入っていってしまいます。

これだと栄養どころか水分補給もできないので、表面の土をほぐして水が染み込むようにしておきましょう。

ひと固まりにまかない

これまでにも少し書きましたが、栄養の濃度が高くなりすぎると植物の生育に悪影響が出る場合があります。

化学」肥料といわれる通り、ある程度の刺激物であるものと考えて下さい。

ひと固まりにまいてしまうとその部分の濃度が濃くなりすぎてしまい、刺激や栄養多寡などで根が痛む原因になりかねません。

特に粒の小さい肥料ほど溶けるのが早いので、こういった事態になりやすいです。

できれば根が多く集まっている根下から5~10cmほど離れた場所に、パラパラとふりかける感じでまいて下さい。

全体に満遍なくまくことで、根の一か所だけ栄養の濃度が濃くなることを防げます。

たくさん使いすぎない

特定の栄養素のみ多量になりすぎると、生育障害を起こすことがあります

栄養素が充分あるにもかかわらず葉が黄色くなったりする症状もあるため、考え無しに追肥しすぎるのは禁物です。

特に作物を育てるのに重要な栄養素のリン酸は土中に滞留しやすいため、知らない内に濃度が高くなりすぎる場合があります。

他の栄養素でも同様に多量になりすぎると生育障害が起きる原因になるため。使いすぎには気をつけましょう。

粒の小さい肥料ならスプーン1杯分、粒の大きい肥料なら3~4粒くらいが適量だったりもするので、製品の説明書きを読んで適量を使うようにしましょう。

間違って肥料を与えすぎてしまった土が起こす、花や野菜への影響とその対処法

最後に

以上で化学肥料・化成肥料の解説を終わります。

育てている植物が大きければ大きいほど、花や実をつけるときに多くの肥料が必要になります。

特にプランター栽培では栄養素が不足しがちになるため、プランター栽培では追肥が必須といってもいいでしょう。

化学肥料はその栄養を効率よく供給してくれるので、適切な使い方をして植物を大きく育てましょう。