「化学肥料」・「有機質肥料」といった肥料の違いと効果

園芸店に行くといろんな肥料が並んでいます。
ですが肥料といっても「化学肥料」「化成肥料」「有機質肥料」「液体肥料」などがあります。
ではどう違うのか?
それぞれの効果や役割を解説していきます。

スポンサードリンク

化学肥料

化学肥料とは

化学肥料は文字通り「化学的」に製造されています。
原材料は鉱物といったもので、成分を抽出したりして固めることで粒状にして製品をつくっています。

鉱物の類からつくられているため臭いが少ない・腐りにくいので、保管・管理が簡単にできます。

化学肥料≒化成肥料

化学肥料と化成肥料は「ほぼ同じ」です。

化学肥料はリン酸だけ・チッソだけといった具合にひとつの成分で出来ています。
対して化成肥料は「リン酸+チッソ」などと複数の成分を混ぜ合わせてあるものを指します。

違うのはそれだけで使い方や役割は同じなので、ほぼ化学肥料=化成肥料と覚えても問題ないです。

化学肥料の効果と役割

化学肥料は植物に必要な栄養素を凝縮してつくられています。
そのため有機質肥料に比べ速効性があり、少量でも効果があるといった特徴があります。

花が咲く・実をつくるといった、栄養を多く必要とするときに追肥として使用します。
水で溶けて土に浸透していくため使用した初日から効果があり、適量を使えば1週間~3週間は栄養が供給され続けます。

そのかわり土を柔らかくするといった土壌改良効果はほぼありません。

純粋に短い時間で多くの栄養を供給したいときに使いましょう。

有機質肥料

有機質肥料とは

有機質肥料は油かす・米ぬか・家畜ふんといった動植物由来のものからつくられています。
微生物に分解・発酵させることによって細かく土状にしていくため、発酵しやすいよう温度管理や適時かき混ぜたりしてつくられます。
家庭でつくれる「生ゴミ堆肥」も有機質肥料に分類されます。

化学肥料にくらべてつくるのに時間がかかります。

動植物由来のものが材料なので臭いがするものが多いです。
特に家畜ふんの肥料は臭いが強くハエといった虫もよく集まってくるので、ブルーシートで覆うなど出来るだけ隔離できる管理の仕方をしましょう。

しかし「発酵~」「完熟~」となっているものはすでに発酵しきっているので、発酵過程でで出る臭いなどが少ないです。
栄養が土に染み込むスピードも速いので、そういったところが気になる人は「発酵」や「完熟」と書かれた肥料を使いましょう。

有機質肥料の効果と役割

有機質肥料は植物を育てるベースになる土をつくるのに使われます。

有機質肥料は微生物に分解されて初めて栄養が出てきます。
そのため速効性はありませんが、長い期間に渡って栄養が供給され続けます。

微生物の働きにより土が柔らかくなる・排水性が上がるなどの効果があるため、植物の生育に適した土にする高い土壌改良効果があります。

ただ微生物の働きに頼るため、化学肥料のような速効性は期待できません。
効果が出るのに2~3週間くらいかかるので、追肥として使うならその時間を考慮して使いましょう。

液体肥料

液体肥料とは

通称「液肥」といわれています。

液肥は化学肥料や有機質肥料の栄養を水に溶かしてつくられます。
濃度の濃い原液タイプと水で100~1000倍に薄めた希釈タイプがあります。

自作の液肥では油かすをつかった液肥がよく知られています。

液体肥料の効果と役割

栄養を水に溶かしてあるため根に吸収されやすく、化学肥料より速効性は高いです。

水耕栽培をするときは土や肥料を使えないので液肥をメインで使うことになります。

ただ注意したいのが、しっかりと薄めて使うということ。
原液のまま使うと濃度が高すぎるため、根を痛めてしまうことが多いです。
もし濃いまま使ってしまったら散水して薄めるか、そのまま流してしまいましょう。

中には微生物を含んだものもあり、その働きにより土を柔らかくする効果などがあったりします。

持続性は他の肥料とくらべ、ほどんどありませんので注意しましょう。

肥料を扱った経験が少ない人は

肥料もあげすぎるとかえって植物の生育を邪魔してしまいます。
特に家畜ふんの肥料は使う量などを間違えると臭いや虫がわき、土をダメにしかねません。

あまり経験が無い人なら、

・有機質肥料は油かす・骨粉などの臭いの少ないもの
・追肥は量の調整がしやすい液肥

こうしたものを使えば失敗しにくくなります。

使い方を間違えなければより植物を育ててくれるので、使用法を覚えて使いましょう。