コンポストなどで堆肥を上手につくるコツ。早く生ゴミを分解するのに最適な時期と方法

生ゴミを使って堆肥をつくるにはコンポストを使うのが最適です。

そしてコンポストといっても、生ゴミを積み重ねて自然分解させる通常のコンポストとミミズを使ったミミズコンポストがあります。

しかしどちらも最初は微生物に生ゴミを分解してもらわないと始まりません。

微生物は気温や生ゴミの状態によって分解される速度が変わるため、生ゴミを早く分解するには最適な環境を整える必要があります。

そこで堆肥をつくるのに適した季節やコツを紹介したいと思います。

早く堆肥をつくりたいなら

気温が25℃以上の時期だと早くできる

気温が高いと堆肥が早くできるようになります。

微生物は25℃~40℃くらいの温度もっとも活動するため、春先~秋のあたりまでは早めに生ゴミを分解してくれます。

特に生ゴミを入れるだけの普通のコンポストでは微生物の分解をメインにして堆肥をつくるので、微生物が活動できる温度設定は重要になってきます。

ミミズコンポストでも微生物に頼っている部分は多く、微生物がある程度分解して柔らかくなった生ゴミをミミズが食べるようになります。

つまり微生物が活発になれば早く堆肥がつくられ、活動が鈍ると遅くなります

最適な環境なら1~2か月くらいで堆肥が出来上がります。

住んでいる地域にもよりますが、大体7月~10月くらいが最も堆肥が早くできる時期になります。

欠点:虫が湧きやすい

暑い季節ならハエなどの虫が湧く可能性が高くなります

よほど徹底した防虫対策をしていないと、これのせいで堆肥づくりを失敗してしまうことが多いです。

特に普通のコンポストでは完全に堆肥に変わるまでの時間が長いため、その間に虫が湧くことも多いです。

防虫ネット(不織布)を使う・臭いを抑えるなどの対策をして、可能な限り虫がよって来ないようにしましょう。

ミミズコンポストならミミズが多かったり生ゴミが少量といった場合、虫が湧く前に食べきってしまうことが多いためこちらを選ぶ人もいます。

虫が嫌なら

冬の間に堆肥をつくる

「虫が嫌なら虫が出ない時期につくればいい」という簡単かつ確実な方法です。

堆肥作りで一番の敵となるのはハエは春先の7~10月に間に活動・繁殖するため、堆肥づくりに最適な時期と完全に被っています。

ハエは気温が25℃前後で卵を産んで繁殖するため、温かい時期では堆肥に卵を植え付ける可能性が高いです。

そのため気温が20℃以下といった低めの気温に合わせて堆肥づくりを開始すれば、虫が湧く可能性を低くできます。

雪が降るような地域でもなければ、虫が出なくなる11月や12月といった時期でも堆肥はつくれるので、虫が湧くのを警戒するならこの時期を狙って堆肥づくりをしましょう。

欠点:時間がかかる・水分多量になる

虫が出ない寒い時期では堆肥がつくられるのに時間がかかり、堆肥内の水分量が多くなりやすいです。

微生物の活動が鈍る

前述した通り堆肥は微生物の働きによってつくられます。

しかし虫が出なくなる時期だと、大抵20℃以下の季節に限定されます。

温度が下がれば下がるほど微生物の活動は鈍くなり、その分堆肥がつくられるのが遅くなります。

最短でも6か月くらいはかかると思ってください。

ただし氷点下近くなると微生物の活動はかなり鈍りますが完全に死滅するわけではありません。

氷の張る1月や2月といった時期でも一応生ゴミの分解は続いてます。

ただ生ゴミが凍りつくような状態になるとさすがに分解できませんが、日中に温かくなればまた活動を再開します。

生ゴミの腐敗が不安なら、投入する生ゴミの量を調節して対処しましょう。

水が蒸発しなくなる

コンポストによる堆肥づくりの失敗の原因のひとつに、水分多量による失敗があります。

暑い時期なら水が乾いたりして水分が少なくなるため、液肥の回収も併せてコンポスト内の水分は少なくなりやすいです。

しかし寒くなると水が溜まりやすくなり堆肥がグチャグチャになる危険性があります。

そのため「こまめに排水する」「生ゴミの水をかなり切ってから投入する」といった対策を立てましょう。

ちなみに生ゴミの水を切るなら生ゴミの表面が乾くぐらいは乾燥させたほうがいいです。

そんな状態でも生ゴミの内部にはかなりの量の水分が残ってます。

できるなら1日乾燥させるくらいしてからコンポストなどに投入すると、ちょうどいいくらいの水分量になります。

堆肥を早くつくるコツ

ここからは微生物がより早く分解できるように工夫する方法を紹介します。

これらの方法を取ると1~2週間は堆肥つくりを短縮できることも多いため、虫沸きによる失敗などの予防にもなります。

発酵促進材を入れる

発酵促進材を生ゴミと一緒にいれると、生ゴミの分解を早めてくれます。

発酵促進材とは微生物の活動を活発にして、堆肥を早くつくれるよう促せるものです。

代表的なのがトウモロコシの粉末・米ぬかなどがあり、これらを生ゴミに撒く・混ぜ込むと生ゴミの発酵が早くなります。

また発酵が進むとコンポスト内の温度も上がるため、寒い時期でも堆肥づくりがをしやすくなります

促進剤自体も堆肥の材料になるので安心して使えます。

注意点が「大量に入れすぎる」こと。

発酵促進材を大量に生ゴミに混ぜてしまうとアンモニアが大量に発生します。

そのせいで異臭の原因になったり、それにハエが引き寄せられたりと逆に失敗してしまう恐れがあります。

また発酵促進剤の粉末が水分を吸ってダマになったり固まったりすると、分解が遅くなったりハエが卵を産み付けやすくなります。

大量に使うなら臭いが完全に漏れないよう密閉する・中の空気を抜く必要があります。

空気を抜くのは中で発生したガスで容器が破裂・空気漏れを起こさないようにするためです。

効果は高いですが、取り扱いには注意して下さい。

凍らせる・電子レンジで加熱

生ゴミを冷凍したり電子レンジで加熱すると、柔らかくなって分解が進むようになります。

これのキモは「生ゴミの細胞の破壊する」ことにあります。

厳密にいえば細胞膜の破壊ですが、冷凍・電子レンジで加熱すると細胞内の水分の膨張で細胞が破裂し、生ゴミが柔らかくなります。

こうなると微生物が分解しやすくなるので、その分堆肥に変わるのも早くなります。

ミミズコンポストだとミミズが生ゴミを食べやすくなるので、より一層の効果が見込めます。

生ゴミを細かく切る

生ゴミを細かく切ることによって容器にたくさん入れることができます。

また生ゴミ間の隙間が無くなるので、微生物が活動しやすくなり堆肥になりやすくなります。

生ゴミの表面積も増えるため、発酵の速度が上がったり微生物が住み着けるスペースも増えます。

特にキャベツの芯や大根・人参といった固いものほど分解が遅いので、できれば1cmくらいの大きさに切ると微生物が分解しやすくなります。

ちょくちょく生ゴミを押し込む

生ゴミを定期的に容器の奥に押し込むことによって隙間をなくしましょう。

理由は上記で説明した通り「入れられる量を増やす」「微生物が活動しやすくする」ためです。

手で押し込むのはさすがに嫌でしょうから、20~30cmくらいの長さの押し込める棒や器具を用意しておきましょう。

排水は頻繁に

きっちり排水することによって、容器内の水が抜けて微生物に適した湿度になります。

そうすれば分解も進みやるくなり腐敗も起こりにくくなります。

自作のコンポストなら常時排水されるつくりが多いと思いますが、市販されてるコンポストだと蛇口をひねって排水するタイプがほとんどだと思います。

その場合は頻繁に排水するようにしましょう。

投入してる生ゴミの量にもよりますが、排水せず放置してると容器の下のほうにあっという間に水が溜まり徐々に腐敗していきます

その腐敗した生ゴミが排水口に詰まり排水できなくなったりと悪循環が続くようになります。

そうならないようこまめに排水して、容器の中の水を抜きましょう。

まとめ

いろいろ書きましたが堆肥づくりを経験して最も重要なのが、いかに「虫が湧かない」「水を抜く」かだと思います。

これさえできれば、時間がかかっても確実に堆肥は作れます。

堆肥をつくる方法は個人で多少違いが出るでしょうが、これだけは守って堆肥づくりをしましょう。