プランター栽培でオールラウンドに使える土の配合

場所がなくても花や野菜を育てられるプランター栽培。
しかし土の量がどうしても少なくなるため、保水性や水はけのバランスが取りずらいです。
今回はプランターでどんな植物でも育てられるベースとなる土のつくり方を紹介します。

プランター栽培で大事なこと

プランター栽培では使う土にいくつかの条件があります。
これを満たしていないと、植物がうまく育たなかったり枯れてしまうこともあります。
とりあえず、使う土の前提条件とでも思ってください。

保水性のある土

プランターにはどうしても入る土に限りがあります。
そのため土に溜め込んでおける水の量も、おのずと少なくなってしまいます。

つまりプランター栽培では保水性の高い土を使わなくてはいけません。
特に夏場になると水枯れが顕著になります。
保水性のない土だと、プランターの土がまるで日照りにあった田んぼのようにひび割れてカサッカサになってしまいます。

「じゃあ田んぼみたいに水浸しにしておこう」なんて安直な考えはNGです。
土が水に沈んでいると、今度は根が呼吸できなくなり根腐れして枯れてしまいます

「充分な水を含み、かつ根が呼吸できる状態」をどう維持するかが大切になります。

ある程度水はけのよい土

前述の保水性のある土でも少し触れましたが、根が呼吸できるような隙間をつくるため、余分な水を排出できる土でないといけません。

根が呼吸できる隙間があれば根を張りやすくなり、よりよく生育が進みます。
そのため土の粒子が細かいと保水性はありますが、隙間ができないため根の生育には適していません

保水性がないとダメなのに、水はけがいい土なんて矛盾してる!」なんて思うでしょうが、そう思えるほど保水性と水はけのバランス感覚が重要になっています。

水はけが悪すぎると根腐れをおこしやすくなり、水はけがよすぎると水不足になる、とどちらかに偏りすぎても問題です。

このバランスが取れる土でないといけません。

肥料分のある土

土には最低限「根を張り、茎を伸ばす」くらいに成長できるくらいの栄養が欲しいところです。

プランターに入れられる土が少ない以上、土に含まれる栄養分も少なくなってしまいます。
そのためできる限り栄養の混ざった土にする必要があります。

足りなくなったら追肥をする手もあるので、そのくらいの肥料は混ぜておきたいです。

肥料分を多く溜めておける土

できるだけ肥料分を溜めこめる・流れ出ない土を使いましょう。

水と同じように土には肥料分を溜めこんでおける性質があります。
これを「保肥力・保肥性」といいます。
簡単にいってしまえば、養分が水と一緒に流れ出てしまうのを防ぐ性質のことです。

イメージとしては養分を「吸着」しておく感じで、石みたいなカチカチの土だとせっかく追肥しても、与えた栄養が水と一緒に流れ出てしまいます。

保肥性が高い土ほど長く栄養を植物に供給できるので、プランター栽培では重要になってくる要素です。

スポンサードリンク

条件を満たせる土づくり

ではプランター栽培に適した土のつくり方を解説します。
大抵の作物なら育てられる土なので、あまり土づくりの経験が無い人はまずはこういった土をつくってみましょう。

土の配合

まず結論ですが、保水性・水はけ・肥料分の3つを満たせる土のつくり方を紹介します。

赤玉土6:腐葉土2:堆肥2

この割合の配合でベースとなる土がつくれます。

育てる植物によっては堆肥の配合率を少し変えますが、この土で大抵の植物は栽培できます。
もし酸性度の高い土が必要なら、この配合の土にピートモスを3~5割加えればブルーベリーなども育てられる土になります。

ただし! プランターで野菜などの作物を育てる場合、確実に追肥は必要になってきます。そこのところは心得ておいてください。

赤玉土

私見ですが、用土としては万能に近い特性をもっています。

水が染み込みやすいため保水性が高い染み込み切らなかった水は玉同士の隙間から流れ出る玉の表面に養分を吸着してくれるので保肥性もあると、プランター栽培に必要な土の要素をほとんど満たしてます。

強いていうなら土に含まれる養分はあまり無い、というところ。
そのあたりは堆肥や追肥で別に補えばいいので、大抵の植物を育てる土には赤玉土が基本用土として使えます。

使う赤玉土の玉の大きさは中~大がオススメ。
この大きさなら保水性も高く、玉同士の間に隙間もできやすいので根が張りやすいです。

腐葉土

腐葉土は土の隙間をつくるのに優秀な土です。

代表的な堆肥のひとつの腐葉土ですが、これも赤玉土と同じく保水性・水はけに優れています。
おまけに赤玉土よりは養分を含んでいるため、肥料代わりにも使えます。

赤玉土は土を固めたものなので、プランターの下のほうの赤玉土は下にかかる重さで潰れて細かい土状になってしまいます。(すぐにというわけではありませんが)
そんなとき、潰れてしまった赤玉土のかわりに隙間をつくってくれるのが腐葉土です。

微生物に分解されるまでの時間もそれなりにかかるので、長い間土の中の隙間を維持してくれます。

ただメインの土として使うには隙間が大きすぎるので、腐葉土だけだと植物はうまく育ちません。
赤玉土のようにある程度細かい土が必要になってきます。

野菜ではなく花を育てるなら、赤玉土6:腐葉土3~4:堆肥0~1にしても大丈夫です。

堆肥

赤玉土や腐葉土では賄い切れない栄養分を与えるために必要なのが堆肥です。
植物の初期生育に必要な栄養はこれで補います。

主に牛ふんや鶏ふんを使用しますが、オススメなのは「発酵」と書かれた堆肥を使うこと。
発酵された堆肥なら(比較的)臭いもなく、分解も進んでいるため栄養が早く土に溶け出します。

ただ混ぜすぎは注意。
種類にもよりますが、堆肥を大量に入れると水を含みすぎてグチャグチャになったりするため、水詰まりの原因になります。
特に牛ふんなどの堆肥だと臭いもするため、虫が沸く原因になりかねません。
最大でも赤玉土6:堆肥4の量を上回らないように配合しましょう。

水はけがよすぎる・水枯れが酷いときの対処法

水はけがよすぎたり、保水性が低くなって水枯れが起きやすくなったりしたら、土の表面に「腐葉土」や「水ゴケ」を敷きましょう。

土の表面を何かで覆ってしまえば、水分の蒸発を防いでくれます。
保水性の高い水ゴケなら特に効果的です。

マルチといったシートを使うのもアリですが、水撒きの際水が土に浸透しにくいデメリットがあります。
腐葉土や水ゴケならそういったこともありませんし、土に還るため多少の栄養分も期待できます。

堆肥の臭いが気になるなら

堆肥を入れすぎたりして臭いが出るようになったら、「燻炭」「ヤシガラ活性炭」などの炭資材を使うと臭いを吸着して緩和してくれます。

炭は表面上に無数の小さい穴が空いており、そこに臭いなどを溜めこめます。
微生物が入りこむ住処にもなるため微生物の活動が活発になり、臭い成分を分解してくれたりと役に立ちます。

あらかじめ土に混ぜておけば土中で堆肥から発生したアンモニアガスを吸着してくれるので、根腐れの予防もしてくれます。
おまけにある程度土に隙間をつくって水はけもよくしてくれます。

ただ使いすぎには注意してください。
炭や灰といったものはアルカリ性が強い傾向があるため、土をアルカリ性にしてしまうことがあります。
もし臭いなどが気になるなら、土の量の5%~10%ほどを使用しましょう。

スポンサードリンク

最後に

赤玉土をメインに腐葉土や堆肥を混ぜ込んだ土を使えば、プランター栽培でも大抵の植物に対応できる土が作れます。
もちろん畑などの土としても使えるので安心してください。

何かと条件があるプランター栽培ですが、良質な土を使って植物の生育を助けましょう!


スポンサードリンク