不眠症の人、毎日寝つきが悪いのは“電磁波“が原因かも?

唐突ですが、私は不眠症の気があります。
寝つきが悪く布団に入っても数十分くらいしないと寝れなかったりと、少々寝不足気味の日も多いです。
ただあるときから寝つきが悪くなるどころか頭痛までし始めたことがありました。
その原因は「電磁波」でした。
今回は私がどういった影響を電磁波から受けて、不眠症が悪化したのか。
その解決を紹介します。

スポンサードリンク

原因は無線ルータの電波

頭痛がし始めたのは新しい無線ルータに変えた頃からでした。

無線ルータはWi-Fiに代表される無線LANで、LANケーブルを使わずパソコンをインターネットに接続する機器です。
その無線ルータですが、パソコンなどに接続するための大量のデータを電波として放出しています
その放出された電波が影響して寝つきが悪くなったり、酷いと頭痛まで併発していたと思われます。

なんで電波が原因で頭痛がする?

電波が多いと脳の働きに干渉しやすくなります。

人だけでなくあらゆる動物が行動するとき、「脳波」という電気信号を発して身体を動かしています。

電波も脳波と同じく微弱な電気信号です。
このため電波が多い状態になると関係無い電気信号が脳波に交じってしまい、脳が混乱することがあります。
この脳が混乱している状態が頭痛として表面化します。

神経過敏症や神経質だったりする人は特に影響を受けやすいそうです。

「電磁波」と「電波」の関係

電波は電磁波の一種で、「空間の電場と磁場の変化によって形成される波」のことです。
「赤外線」や「紫外線」も電磁波の一種として数えられています。

電磁波は紫外線のような「太陽光」から、X線のような「放射線」と幅広く定義されています。
電波はその電磁波の内、周波数が低い通信などで使えるものが一般的です。

・・・少々分かりづらいと思うので、この記事内での電波の扱いは電化製品が発する電気信号とでも覚えてください。

どこから電磁波が出てる?

電磁波は電化製品全般から出てる

電磁波は電気を使っているものなら、どんなものからでも出ます。

量の多寡はあれど、ライトや冷蔵庫・テレビといった電化製品からも出ています。

特に電磁波を出すのが冒頭で述べた通り、無線ルータのような電波を発信する機器です。
次点でライト・テレビ・パソコンのディスプレイなどです。

通常の電化製品ではゴムの配線などで電気が閉じ込められているため、そんなに電磁波は出ません。
しかしライトやディスプレイなどの直接電気が通っている部分は電磁波を遮断できません
そのため他の電化製品よりは発する電磁波の量が多い傾向にあります。
それでもそれほど気にする量ではないので、大抵の人は気にしなくてもいいでしょう。

しかし電波を発する(バラ撒く)ものは周囲への影響が多くなります。
無線ルータのようなものはパソコンなどの受信機器に情報を受け取ってもらうため、大量の電波を放出します。
大量に電波が出ると、その分脳や脳波に干渉しやすくなります。
その結果、脳が電波で混乱してしまい頭痛が起きることになります。

スマホなどの受信機は少ない

スマホなどの電波を「受信する」機器はそこまで電波を発しません。

こういった受信機は拡散している電波を拾って送受信しています。
例えるなら、無線ルータが大量の電波を発するのに対し、スマホなどの受信機はそのうちの少量の電波を利用しています。
電波の量が少ないので影響も少なくなるため、受信機器が原因の頭痛などは起きにくいです。

ただ神経過敏の人はそういった少量の電波でも頭痛を引き起こしたりするそうです、
もしスマホなどを枕元に置いて就寝して、寝つきが悪いようならスマホを離れた場所に置いてから寝るようにしてみましょう。

スポンサードリンク

電波が原因で寝つきが悪くなったりしたら

無線ルータにケースなどを被せる

無線ルータにケースを被せると、ある程度電波が拡散するのを阻害できます。

無線ルータの周囲は特に電波が多いので、電波が拡散するのを防げば影響は少なくなります。

ただ電波は物体などを透過しやすいです。
壁数枚隔ててもインターネットに接続できるので、完全には防げません

あくまで電波の「拡散を抑える」「出鼻をくじく」くらいの効果だと思いましょう。

アルミホイルを使う

ケースを被せるように無線ルータにアルミホイルを被せましょう。

金属は電波をよく遮断してくれます。
一般家庭でも手に入れやすいアルミホイルでも、電波の遮断率は高いです。

ただし電波を遮断するということは無線でインターネットに接続しにくくなります
日頃から無線でインターネットと接続しているようなら、使い勝手は悪くなります。
(例:接続できても途中で回線が切れる、等)

そうしたことを防ぐには、無線ルータと頭の間にアルミホイルが壁になるよう配置してみましょう。

無線ルータから距離を取る

単純ですが電波の発信源から遠ざかれば影響も少なくなります。

電波は発信されると周囲に拡散していきます。
距離が遠ければ、脳が受信(?)する電波の量も少なくなります。

最低限2mくらいは頭を離したいところです。
私の場合、寝ているすぐ近くに無線ルータがありました。(頭との距離僅か20cm!)
寝ている姿勢を逆にしたら頭痛が起きることもなくなり、心なしか寝つきもよくなった気がします。

無線ルータの場所を動かせなかったりするときは、寝ているときの姿勢の向きを変えて距離を取りましょう。

最後に

以上で私が体験した電波による不眠症と、その解決法の紹介を終わります。
神経過敏と診断されなくとも、神経質な人でも電波に影響を受ける人は多いそうです。

普段から寝つきが悪い人は、一度周囲に電波を大量に発するものがないか確かめてみましょう。