加湿器を使うならカビに注意。原因と予防法・解決方法の紹介

冬場の乾燥する時期になってくると、喉の乾燥を防ぐため加湿器を出す人も多いと思います。
しかしこの加湿器、使用法を間違えるとカビの温床になりかねません。
そんなことになったら部屋にカビをばらまき、自分もそのカビを吸って生活してることになります。

そんなことにならないために、カビが発生する原因と対処法を紹介します。

加湿器にカビが発生する原因

原因① 水道水を使っていない

水道水以外、例えばミネラルウォーターなどを使っていたりするとカビが発生しやすくなります。

水道水には殺菌作用のある「塩素」の成分が含まれてます。
そのためカビの発生を抑えてくれます。

ミネラルウォーターなどはこういった殺菌成分は入っていないので、カビが発生しやすくなります。

原因② 使っている水を入れ替えない

・日数のたった水をそのまま使う
・余った水に継ぎ足して使う

これらのことをしていると、カビが発生しやすくなります。

原因は古い水を使いまわしていること
例え水道水を使っていても、徐々に塩素分は水の中から消えていきます。
そのため殺菌することができなくなり、カビが繁殖しやすくなります。

水道水を足したとしても、残っていた分の水と合わさり殺菌作用は落ちます。
前日に使った水が残っていても、水を全部入れ替えたほうがカビは発生しにくくなります。

原因③ タンクの洗浄をしない

加湿器の水タンクを洗っていないと、カビなどの菌が繁殖しやすくなります。

いくら殺菌作用がある水道水を使っていても、あくまで「カビが発生しにくい」レベルのものでしかありません。
既に発生しているカビを全部殺すほどの効果はありません。(むしろそこまで効果があったら人体に影響がでます)

洗浄の仕方は、タンク内に水道水を入れてバシャバシャと振ってゆすぐだけ。

これだけでも効果が見込めます。
水を入れ替えるとき、ついでにやってしまいましょう。

スポンサードリンク

もし加湿器にカビが発生してしまったら

目に見えてカビが発生してしまったら、漂白剤などを使って隙間なく徹底的に殺菌しましょう。
殺菌し終わったら一度乾燥させて、カビが再度発生しないような状態にします。

他の方法としては「熱湯」を使う方法があります。
単純に高温でカビを殺菌してしまうというわけです。

ただこの方法、素材によってはタンクが熱で変形したりと、最悪加湿器が使えなくなる可能性があるため、あまりオススメしません。
もし使うなら取り扱い説明書をよく読んで、「熱湯使用不可」の注意書きがないか気をつけましょう。

スポンジでの洗浄はしない

スポンジなどで洗うのはやめたほうがいいです。

・スポンジが入らす洗いきれない箇所が出てくる
・スポンジで傷をつけてしまい、そこにカビの菌が入り込み繁殖しやすくなる

こんな理由からカビが残る・発生しやすくなるためです。

発生したカビを取るなら割り箸などでからめ取るか、やわらかい布などを使って取り除きましょう。

寝る前に加湿器は使わない

寝てる間も加湿器が動いていると、必要以上に部屋中に湿気が広がってしまいます。
そうなると部屋そのものにカビが発生する原因になります

主に加湿器を使う寒い時期は特に注意が必要です。

・窓を閉め切っているため換気がされず、湿気が溜まる
・散布された水滴が壁などにつく

とカビが繁殖しやすい環境になってしまいます。

いくら加湿器の水を清潔にしても、こればかりはどうしようもありません。

基本寝る前は加湿器を切って、部屋に湿気が溜まらないようにしましょう。

スポンサードリンク

寝てるとき使いたいなら

どうしても寝てる間も加湿器を使いたいなら、暖房などで部屋の温度を上げましょう

室温が上がると飽和水蒸気量が上がり、空気中に溶ける水の量が多くなります。
飽和水蒸気量とは空気中に溜めこめる水分の量を表しており、気温・室温が上がると量も増えていきます。
夏場に乾燥しにくいのはこれが理由です。

暖房で室温を上げておけば水が空気中に溶けて溜めこまれ、壁などに付着するのを防げます。

ただ室温が下がると空気中に溶けていた水分が一気に水滴になります。(これが結露の原理ですね)
そうなると暖房をつけずに加湿器を使うのと大差ない結果になります。
そのため長い時間暖房をつけておく必要があり、電気代もかかってきます。

そのあたりを気にするならあまり多用しないほうがいいです。

まとめ

以上、加湿器を使う際の注意点でした。
カビの発生に主体を置いて書きましたが、これに注意しないと人体・建物両方にダメージがでます。
加湿器にカビが発生するとカビそのものを吸ってるのと変わりませんし、結露しやすくなると最悪壁などが腐食してヒドいことになります。

乾燥する時期のお供の加湿器ですが、しっかりとカビの発生には注意して使ってください。


スポンサードリンク