冬場の冷気を防ぐために窓まわりにできる防寒対策 8選。数分でできるものから凝った方法まで紹介

寒くなってくるとどうしても部屋の中が冷たくなってきます。
「ちゃんと窓をしめてるんだけど・・・」と部屋を密閉していると思っていても、それだけでは足りません。
では部屋が寒くなる原因と、それに対処する方法を紹介します。

スポンサードリンク

部屋が寒くなる原因

一番の原因は窓です。
キチンと閉めていても、それだけでは冷気を完全に防げるわけではありません。

①すきま風

窓のサッシとレールの間にある僅かな隙間から冷気が入ってきます。
一番ダイレクトに冷気が入ってくる原因です。

年数が経っている家屋ほどこれが顕著です。
強い風が吹き付けると勢いよく入ってきてしまう状態の人もいるのではないでしょうか?

これを放置するといくら暖房をつけても部屋が暖まりにくくなり、電気代や燃料代の無駄になる量が多くなります。

②窓ガラス

冷えた窓ガラスが部屋の中の空気を冷やす原因になります。

そもそも、標準の窓ガラスには防寒対策がされていません。
寒い日にガラスを触ればすぐわかりますが、すごく冷えてます。
この冷えたガラスが、間接的に部屋の空気を冷やす原因になってます。

防寒・断熱対策がされているのは「ペアガラス」といい、二重構造のガラスが知られています。
これに変えようと思うと、窓やサッシをまるごと買い換える必要があります。

③窓のサッシなどの金属部分

窓に取り付けてある金属サッシが冷えることで、部屋の空気も冷えてしまいます。

ガラスが冷えるのと原理は一緒ですが、サッシは金属なのでさらに冷えやすいです。
冷えこんでくると窓ガラス以上に冷たくなり、しかも冷気をため込むので、その分窓付近の空気が冷えていきます。

断熱対策がされているサッシもありますが、これも窓ガラス同様まるごと買い換えないといけません。

窓ガラスの防寒対策

対策その1 窓をまるごと変える

費用がかかりますが、一番確実な方法として「窓」そのものを買い換えてしまう方法です。
代表的なのは防寒・断熱対策がされている「ペアガラス」・「二重窓」に変える、というものです。

両者の違いは

ペアガラス・・・ガラスが二重構造になっているものに変える。1枚分で済む。
二重窓・・・窓ガラスそのものを2枚使い二重構造にする。窓ガラス+サッシを加えるためスペースが必要。

となっています。
どちらも確実に防寒・断熱効果がありますが、業者に頼むしかない・賃貸物件ではなかなかできないなどの条件が出てきます。

対策その2 防寒グッズを使う

「業者に頼むのもちょっと・・・」「賃貸だから勝手にできない」という人は、防寒対策のできるグッズが多くありますので、それらを紹介していきます。

窓ガラス断熱シート

簡易ながらも窓ガラスを二重構造にできるシートです。

シートが梱包用品の「プチプチ」のように空気を含んだ二重構造になっており、ガラスから伝わる冷気を緩和できます。
結露も防げるので、結露が激しいガラスなら一石二鳥です。

貼るのに必要なのは水だけではがすのも簡単なので、賃貸物件でも安心して使えます。

ただどうしても僅かな隙間ができたり、乾きすぎるとはがれやすくなるので、その点は注意しておきましょう。
そして凹凸のあるガラスには使えません
すぐはがれてしまうので使えるガラスか確かめましょう。

窓ガラス断熱フィルム

こちらは断熱シートと違い、ガラス全体をカバーして二重構造にするというものです。
サッシ部分にテープで張り付けて維持するので断熱性は断熱シートよりも上です。

しかし粘着テープを使っているので、「貼るのに失敗すると使えない」「一度はがすともう使えない」などのリスクがあるので注意しましょう。

窓ガラスシート(布)

断熱シートとは違って布製のシートです。
布製なため断熱性も高く、殆ど冷気を通しません。

シートの裏面にガラスなどの真っ平らなものに貼りつく加工がされています。
これのおかげでガラスだけでなく、サッシの部分にも使えるので便利です。

ただ布を使っているため、ガラスを完全にふさいでしまい透過率はゼロです。
角度の関係で日光が入らない部分や、使っていない窓・ふさいでも大丈夫な窓に貼りましょう。

それとシート(特に吸着面)が濡れるのは避けましょう

濡れたまま乾いてしまうと吸着面がガラスに貼りついてしまうことがあり、かなり取りづらいです。
もし濡れてしまったらすぐにはがすようにしましょう。

すき間テープ

その名の通り窓の隙間を埋めてダイレクトに冷気が入ってくるのを防げるテープです。
主に窓の上下のサッシとのすき間を埋めるのに使います。

スポンジタイプとヘヤー(毛)タイプがあり3~5mといった単位で販売していますが、窓の隙間を全部埋めようと思うと10m近く必要になるので、前もって測っておきましょう。

スポンジタイプは安いものが多いですが、1年ほどで日光などで劣化してしまいます。
ヘヤータイプは少し高くなりますが、劣化が少なく長く使えるものが多いです。

寒い時期を越えたらいったん剥がしたい人はスポンジタイプ、取り替えるのが面倒な人はヘヤータイプを選ぶといいでしょう。

サッシ枠断熱テープ

これはサッシの金属部分に貼るテープで、冷えた金属部分が部屋の空気に触れるのを防ぐことで室温が下がるのを抑えます

表面がビニールタイプと布タイプのものがあり、肌触りの好きなほうで選んでもOKです。

すき間テープ同様10mくらいは必要になるので、どのくらい必要になるのかしっかり測っておきましょう。

防寒ボード

床に降りてきた冷気を防ぐためのボートです。

冷気は下に向かって降りていく性質があります。
足元が冷えやすいのはこれが原因です。

防寒ボードは窓下にたてかけることによって、その冷気をシャットアウトするというものです。

カーテンを閉めて、そのカーテンを覆う形で設置すればさらに流れてくる冷気を防いでくれます。
「窓ガラス付近をいじりたくない」なんて人はこれで冷気をシャットアウトしましょう。

ただボードの高さが50cm前後ほどしかないので、窓がそれより上にあると下りてくる冷気を防ぐことが難しくなります。
あくまで窓枠が床まであるもので充分な効果が出るので覚えておきましょう。

自作二重窓

自分で二重窓をつくって窓ガラスからの冷気をシャットアウトする方法です。

ある意味最終手段です。
「業者に頼みたくない」「賃貸で二重窓にできない」なんて人は自分で二重窓をつくるしかありません。

この二重窓は既存の窓部分を傷つけず、窓前のスペースにはめ込む形で二重窓にします。
ちゃんと開け閉めもできるので安心です。

ホームセンターなどで二重窓セットの販売や、そのバラ売りをしているので簡単に材料は用意できます。
この二重窓では窓ガラスのかわりに「プラスチックダンボール」や「ポリカーボネート」といったものを使います。
どちらもガラスのように重くなく、割れやくもないので扱いやすいです。

ただやはり防寒対策としては一番規模が大きく、費用もかさみます。
ある程度工作に慣れていないとしっかりした二重窓にするのに苦労するので、心得ておきましょう。

最後に

以上で終わりになりますが、どうだったでしょうか?
当たり前ですが、きちんと防寒しておけば日々の寒さのストレスも軽減できます。

けっこう簡単にできるものも多いので、よく部屋が冷える人は試してみましょう!