筋トレ・ダイエット効果を上げられる「加圧シャツ」とは? 加圧シャツが持つ役割と効果

簡単に筋トレ効果やダイエット効果を得られる「加圧シャツ」という特殊なシャツがあります。

このグッズは着るだけで効果が得られるので、手軽さも相まって人気があるシャツとなっています。

筋トレ・ダイエットで中に加圧シャツを着るとどのような効果が得られるのかを紹介していきます。




加圧シャツとは?

期待できる効果

加圧シャツは主に筋トレ効果・ダイエット効果を上げるのに役に立つ便利グッズです。

主だった効果は以下の通り。

・筋肉に対する負荷を増やせる
・消費カロリーを増やせる
・体幹を整えられる
・ヒートテック代わりにも使える

加圧シャツは伸縮性が高い素材でできており、着てみるとものすごく身体が引っ張られる・締めつけられるようになります。

この身体が「引っ張られる」「締めつけられる」ことで、多くの効果が得られるようになります。

これらの効果は加圧シャツの「加圧力」に比例します。

より高い効果を得たいなら、高い加圧力を持つシャツを選びましょう。

効果①:筋トレ効果

身体が引っ張られる・締めつけられることで、常に筋肉に負荷がかかっている状態にできます。

さすがに「着ているだけでムキムキに!」みたいな効果は望めませんが、負荷がかかることで上半身の筋肉へ刺激を与え、弱い筋肉を鍛える・代謝を上げることができます。

筋肉の代謝が上がると常に「臨戦態勢」になっているようなもので、筋トレの効果も上がります。

一昔前のスポーツ漫画などで出てくる「筋肉強化・矯正ギプス」の簡易版のようなものだと思ってください。

一番効果が出るのが「大胸筋」や「腹筋」といったシャツの負荷がかかっている上半身部分の筋肉です。

上半身の筋肉を鍛えるときに加圧シャツを着ていれば、その分筋トレ効果を増やせます。

効果②:ダイエット効果

筋肉に常に負荷がかかっているということは、程度の差はあれど「常に運動している」と置き換えることもできます。

そのため加圧シャツを着ている間はカロリーを消費し続けていることになります。

おまけに基礎代謝も上がっているため、加圧シャツを着ていないときと同じ運動量でも消費カロリーに差が出てきます。

体重が多い人だとマラソンなどの運動では脚の関節を痛めやすいため、あえてウォーキングにしている人もいると思います。

しかしウォーキングだとマラソンに比べ、ダイエット効果は薄いです。

そんな人は加圧シャツでウォーキング中に使っていない上半身に負荷をかけ、その分消費カロリーを増やすような使い方もできます。

さすがに着ているだけで「1か月で〇kg減量!」なんて劇的な変化は望めませんが、各種運動の効果を上げることができるのはメリットといえるでしょう。

効果③:姿勢を直す

加圧シャツを着るとシャツの形に身体が引っ張られるため体幹を整えてまっすぐにできます。

猫背などで悩んでいる人は加圧シャツを着ると強制的に姿勢を直してくれます。

おまけに「体幹を維持する筋肉」も鍛えてくれるので、加圧シャツを脱いでも姿勢が整ったままになります。

ただこの効果は着ている時間に比例し、数か月くらい経たないと目に見えた効果は出ません。

姿勢が悪いと日常生活や筋トレでも影響が出るので、ついでに直してくれるならありがたいです。

効果④:ヒートテックの代わりに

加圧シャツは密閉性が高く熱を逃がしづらいため着ていると暖かいです。

基礎代謝も上がっているため身体の内側からも暖かくなります。

そのため冬場などの寒い時期にヒートテックの代わりにも使えます。

普段寒い時期にヒートテックで暖を取っている人なら、加圧シャツに変えるだけで他の効果も得られます。

少々お値段はかかりますが、複数の効果を得たいなら一度加圧シャツを試してみましょう。

ただ汗をかくトレーニング中に着るものというだけあって冷感効果がついているシャツも多いです。

使い古した加圧シャツをヒートテック代わりにしたいならそういった効果がついていないシャツを選びましょう。

どんな製品があるか

加圧シャツはいろんな製品が販売されており最初は悩む人も多いと思います。

いろいろなシャツがありますがついているとありがたい効果が「抗菌」「消臭」効果付きのシャツになります。

加圧シャツを着るとまず間違いなく厄介になるのが「汗」です。

この汗による雑菌の繁殖や臭いを抑えてくれるので、日常生活の中でも使いやすいシャツです。

ただ他の加圧シャツと比べ、少々お値段は高くなります。

他にも

一枚1600円ほどのお値段で、アマゾンペイ・アマゾンカウントでも購入できる
スポーツウェアのスパルタックスシャツ


身長・体重から、自分に合ったシャツのサイズを細かく調べられる
加圧シャツSASUKE
シックスチェンジ

といった製品もあります。

1枚からでも購入できますが大抵は3枚・5枚セットといった形でも販売しており、枚数が多いほど割り引きになります。

理由は後述しますが気に入ったシャツが決まったら数枚セットでまとめ買いしてしましょう。

また種類は少ないですが、シャツではなくレギンスの製品も販売されています。

下半身の筋肉を鍛えたいのならこちらのタイプを使うといいでしょう。

加圧シャツの注意点

いろいろな効果がある加圧シャツですが、選ぶ際や着る際の注意点があります。

特に加圧シャツの選び方が間違っていると体調を悪くする場合もあるので気をつけてください。

基本は消耗品と思ったほうがいい

強い伸縮性による加圧をしてくれる加圧シャツですがずっとその効果が続くわけではありません。

シャツの素材や品質・1日に着ている時間によりますが半年前後くらいで伸縮性が落ちてしまいます

ただ日常では着ずに運動のときのみに着るようなら1年くらいは持ったりします。

どちらにしろ同じシャツは数年単位では使えないと思ってください。

圧力が強すぎないものを選ぶ

加圧シャツの加圧力や伸縮性が強いほど効果も上がりますが、逆に強すぎると体調を崩す原因になりかねません。

圧力が強すぎると血管なども締めつけられ過ぎて、かえって血行不良になる恐れがあります

血管が締めつけられて詰まってしまうと体内での血液の循環が悪くなります。

血液がうまく流れないと酸欠になりやすくなったり栄養の補給がうまく行われません。

こうなると代謝を上げるどころじゃないので自分に合った圧力のシャツを選ぶ必要があります。

着てみて痛みがあったり息切れが激しいようなら使用を控えましょう。

汗疹(あせも)に注意

特に夏場に注意したいのが大量の汗による「汗疹(あせも)」です。

通気性処理がされている加圧シャツなら問題ありませんが、そういった処理がされてないシャツだと湿気が籠ります。

着ることにより身体の代謝も上がっているのでいっそう汗をかきやすくなります。

寒い冬場などでも人によっては汗疹ができてしまうので注意しましょう。

汗疹ができやすい人は、運動のとき以外は着ないようにする・着た後汗をしっかり拭くなどして、汗疹ができないよう予防しましょう。

最後に

これで加圧シャツの紹介を終わりますが、いかがだったでしょうか?

普通のシャツに比べお値段は高いですが、やはり「ただ着ているだけ」で効果が得られるのは魅力的です。

筋トレやダイエットで効果がなかなか思うようにいかなくなってきた人は、効果を高める一工夫として加圧シャツを使ってみましょう!