割れた腹筋「シックスパック」をつくるためには筋トレだけじゃダメ? 痩せた人でも体脂肪率を気にしよう!

「腹筋を鍛え続ければシックスパックになる!」

これは正しくもありますが、正確には少し足りない情報があります。

それが「体脂肪率」です。

腹筋を鍛えているのに、なかなかシックスパックにならない人は、腹筋と体脂肪率の関係性も知っておきましょう。

シックスパックをつくるには

腹筋を鍛えることで筋肉が割れて浮かび上がってくる「シックスパック」ですが、極端な話別に鍛えなくても割ることは可能です

シックスパックのメインの筋肉になる腹直筋ですが、特に鍛えていない人でも標準で割れています

普段割れた筋肉が見えないのは、お腹の肉がぶ厚い壁となっているからです。

そのためうまくシックスパックをつくるには

・腹筋を鍛える(筋肉を盛り上げる)
・お腹周りの体脂肪率を下げる

この2つが重要になります。

腹筋は大きな筋肉なので、それなりに鍛えれば触ればすぐわかるくらいには筋肉を増やすことができます。

それこそ「なんで割れて見えたこないの?」と思えるほどに。

しかしシックスパックをつくるのに一番の難関が2つ目の「体脂肪率を下げること」です。

これがかなり難易度が高く、比較的痩せた人でも腹筋を鍛えただけではなかなかシックスパックにはなりません。

スポンサードリンク

目標は「体脂肪率15%」!

シックスパックにするための最低限の目標は「体脂肪率15%」くらいでしょうか。

体脂肪率が20%以上あると、残念ながらどれだけ腹筋が大きくなっても傍目からは「ぽっちゃりお腹」と見えなくもない状態です。

中途半端な腹筋だと、シックスパックと正反対の三段腹と見られる可能性も

明確に腹筋部分にメリハリができて、「ぜい肉じゃない」と見えるようになるのは体脂肪率15%をきったあたりから。

10%近くになると腹筋周りの筋肉との高低差がはっきり見えてくるようになり、キレイなシックスパックになってきます。

まずは15%あたりを目指して、まだ余裕があるなら10%目指して頑張りましょう。

体脂肪率を下げるには「減量」

シックスパックへの減量とは

体脂肪率を下げるにはボクシングなどでおなじみの「減量」をする必要があります。
ダイエット風にいえば「食事制限」になるでしょうか。

しかしダイエット目的の減量と、シックスパックをつくるための減量は違います。

ダイエットのようにひたすら消費カロリーを増やすことばがり考えていると、かえって腹筋の筋肉が少なくなる事態になりかねないので注意しましょう

しかし減量といっても、シックスパックのお手本ともいえるボディビルダーのような人達の場合、体脂肪率は5%くらいの人もおり普段の趣味レベルでやっている人だとまずムリな数値です。

そのためボクシング漫画で見るような激しい減量は、そのテのプロといった人じゃないとかなり難しく、危険です。

安全に体脂肪率を減らすには、かなり計画的に食事制限して減量しないとダメです。

計画的なカロリー摂取・消費

体脂肪率を減らす=減量するのに一番手っ取り早いのが「1日のカロリー管理」です。

そこで一般人でもできる安全な食事制限はズバリ

1日の摂取カロリー = 消費カロリー

こうなるよう調整して食事することです。

この摂取カロリーと消費カロリーは、1日に最低限必要なカロリーと、筋トレのための食事のカロリーを足したものになります。

つまり1日3食の最低限の食事と、筋トレのために摂るプロテインなどの食事のカロリーの合計です。

理想としては

・筋肉をつけるため最低限の食事(カロリー)
・ぜい肉がつくられないよう、余計なカロリーは摂らない

このバランスが重要になってきます。

ただカロリーを計画的に摂るのはいいとして、このバランス調整が結構面倒です。

・摂取カロリーが少しでも多い=ぜい肉ができる
・消費カロリーが少しでも多い=ぜい肉 or 筋肉が減る

と、カロリーの摂取量を間違えるとこうなってしまいます。

ぜい肉を分解してカロリーに変えるのはともかく、一番やっかいなのがトレーニングしすぎによる筋肉の分解です。

簡単にいうと摂取カロリーより消費カロリーが多いと、せっかく鍛えた筋肉が減っていきます。(ぜい肉が多い人は除く)

身体の仕組みとして筋肉が動く(運動する)と、まず手近な筋肉中に流れる血液内の糖質からカロリーを摂取しようとします。

しかし血液中に十分な糖質(カロリー源)がないと、動いている筋肉自身を分解してカロリーを消費してしまいます

筋肉というのは「肉」というだけあって、分解すればかなりのカロリーとなります。

いってしまえば「第二のぜい肉」ともいえるでしょう。

減量中は筋肉が分解されないような運動と食事制限をしていく必要があります。

減量中の食事内容

シックスパックをつけるための減量ですが、毎日の食事内容はどういったものにすればいいのか?

答えは簡単でタンパク質重視の食事内容にする。こんなところです。

ゴールデンタイムを含め筋肉を積極的につくっていたい期間は、タンパク質と同時に筋肉をつくるためのエネルギー(カロリー)が必要になります。

このためエネルギーに変わりやすい炭水化物(糖質)も摂取しなければいけません。

しかしこの糖質を摂りすぎると、余分なエネルギーが貯蔵されぜい肉のもとの脂肪分に変わりやすくなります。

そこでダイエットと同じように糖質の量をあまり撮らないようにし、体内の脂肪分を分解してエネルギーとして使わせるようにします

こうして少しずつ脂肪分を減らして体脂肪率を下げていけば、徐々にシックスパックの輪郭が見えてくるようになります。

消費優先度が高いのは「脂肪分(ぜい肉)」

筋トレ中ならともかく、日常・もっと過酷な状況なら山で遭難中などで食事が取れない場合、まず脂肪分(ぜい肉)が優先的に分解されエネルギーに変わります

そして脂肪分が尽きると、次に筋肉が分解されるようになります。

このように分解される優先度は脂肪分のほうが高いので、筋肉痛などで筋肉をつくっている最中の期間でも、お腹周りのぜい肉が多いならカロリー制限をした食事をしても大丈夫です。

ただ脂肪分は分解されてエネルギー(カロリー)には変わっても、タンパク質には変わりません

そのため乳製品やプロテインなどタンパク質が多い食事はする必要があるので注意してください。

スポンサードリンク

まとめ

内容をまとめると

・シックスパックになるのは体脂肪率15%以下から
・摂取カロリー = 消費カロリーになるようなトレーニング

シックスパックをつくるには、筋トレの内容とともにこのあたりが重要な点になってきます。

ただ急激な減量は体調を崩す原因にもなるので、1か月といった短期間を目標とせず、数か月単位で徐々にしていくようにしましょう。


スポンサードリンク