バニラストロベリーの味がするという果物「釈迦頭」…別名「アテモヤ」の食べ方と味・風味

いつだかテレビで「バニラストロベリー味」の果物として「釈迦頭」というものがあると紹介してました。

別名「アテモヤ」ともいわれ、なんでもかなり甘い果物なんだとか。

個人的に「バニラ」と「ストロベリー」がかなり引っかかったので、どんなものかと試しに食べてみました。

同じように気になる人のため、写真や食べ方・味の感想などを書いていくので参考にしてください。




釈迦頭(アテモヤ)とは?

釈迦頭(しゃかとう)は南国で育つ果物で、別名「アテモヤ」とも呼ばれています。

こんな感じで見た目はゴツゴツした感じで、それがお釈迦様の頭に似ていると「釈迦頭」とも呼ばれるようになったとか。

上向きにするとまさに「お釈迦様の頭」っぽい感じです。

日本でも栽培されており、「南国で育つ」ということから基本沖縄のようなところで栽培されています。

果実はかなり大きく、Mサイズの実でも10cmくらいの大きさになります。

気になる味

さて気になるであろう味ですが、前文句通り「バニラ」と「ストロベリー」の両方の味が確かにしました。

しかしそれ以上に凄かったのが、とにかく甘いです。

はっきりいって砂糖でも混ぜたんじゃないかってくらい甘かったです。

リンゴやストロベリーのような果物特有の酸味はほぼなく、バニラ:2、ストロベリー:2、甘さ:6、みたいな割合でした。

これくらいの甘さの果物を食べたのは人生初で、これより甘い果物はそうそうないんじゃないかって感想を持ってます。

購入の仕方や金額など

釈迦頭は「南国で栽培される」「熟す期間」といった関係上、基本的に通販やネットでしか販売してません

これは輸送費や熟したあとの保存できる期間など、店先で売るには難易度が高めだと思われるからです。

そして収穫時期になる11月以降の限られた期間内でしか販売していないことも注意しましょう。

安かったりお試しだったりすると、1kgあたり2000~3000円くらいで販売してます。

Mサイズくらいなら安く購入できることが多いので、初めての人はそのくらいのものから購入するのがオススメです。

食べ方

では釈迦頭を購入しようとしている人、した人のために釈迦頭をおいしく食べるための方法を紹介します。

届いたらまず追熟

釈迦頭が届いても、すぐには食べられません

届いた釈迦頭を触ればわかりますが、まだ熟してなくかなり固いためこのままでは食べられません。

これは収穫する場所の関係上、まだ固く未熟な状態の果実でしか輸送できないからです。

そのため釈迦頭が届いたら、まずは数日間常温で保存して追熟します

温度が20℃以上あれば追熟も早めに進むので、届く時期の関係上少しでも温度の高い部屋で保存するといいでしょう。

黒染みが出たら食べ頃

食べ頃になると写真のように、最初は無かった黒い染みのようなものが出てきます

「バナナの黒染みは完熟の証拠」といわれるのと同じで、果実が熟してくるとこんな風に黒くなってきます。

最初は木くらいに固かった実が少し押すだけで果肉がへこむくらいの柔らかさになるのでわかりやすいと思います。

毎日確認したり軽く触ってみて、食べ頃になっているか確かめましょう。

可食部は果肉部分

釈迦頭の食べられる部分は中身の果肉部分なので、果実を割ってから食べます。

包丁で切るより素手でむしったほうがうまく実を開けます

やり方は(衛生上)まず水洗いした後、実のヘタを取ります。

取ったヘタの部分に両手の親指を押し付け、そのまま外側に広げるようにむしれば、うまい具合に実が開けます。

あとは食べやすいくらいの大きさに分割すればOKです。

スプーンで掬うように食べる

手を汚さずにうまく食べるにはスプーンを使うと便利です。

果肉部分と皮の間にスプーンを入れれば、簡単に果肉を掬うことができます。

果肉はけっこう柔らかく、噛まなくても十分食べることができるくらいです。

1cmくらいの黒い種が結構入ってますが噛まなくても食べられるので、ブドウの種のように間違って噛んでしまうようなことは無いかと。

量はかなり多い

写真を見てくれればわかりますが果肉の量はかなり多いです。

薄皮1枚で残りがほぼ果肉しかないので、メロンなどのように食べられない部分が多い、なんてことは無かったです。

スプーンで掬うと果肉部分と皮部分が簡単に分かれるので、皮に果肉が残ってしまうということも無いです。

種があるのは気になりますが、おおむねムダなく最後まで味わえる果物だと思います。

最後に

ある意味衝動的に購入してしまった釈迦頭ですが、結果としては最良といってもいい味の果物でした。

正直テレビで見たときに「バニラ味」「ストロベリー味」といいとこどりな感想が出たため、多少盛ったんじゃないかと思ってました。

しかし想像を超えるほどの濃厚な味だったので、薄味の果物に飽きている人は一度は食べてみたらどうかとオススメできるレベルです。

ただ欠点としては「味が濃すぎて、食べてる途中で飽きる人が出るかも?」と感じたことですね。

そのくらい味が濃いので、ある種の覚悟を持って購入してもらいたいかな、と。