ブログづくりでよく聞く「Google Search Console」と「Google Analytics」の違いを紹介

ブログを始めて、ブログの「イロハ」を調べていると、よく「Google Search Console」や「Google Analytics」に登録しよう! なんて書かれている記事を見ると思います。
かくゆうこのブログでも、ところどころで登録するように勧めています。

ただ「Search」だ「Analytics」だいわれても、イマイチ機能にピンとこない人も多いと思います。
そこで今回はブログ初心者でも特にわかりやすく、使いやすい機能を紹介していきます。




両者の概要

「Google Search Console」と「Google Analytics」は、名前についている通り「Google」が提供するブログづくりに役立つサービスツールになります。
両方とも登録・管理はGoogleが無料でやってくれるため、Googleアカウントをつくればすぐにブログを登録できるようになります。

「Googleアカウントをつくれば」の通り、ブログの審査などは必要とせず登録できるので、本当に気軽に登録できます。

方向性はそれぞれ違いますが、両方ともブログを解析して詳細なデータを作成してくれるのが主な機能です。

ただし、それそれの名称に「Search(調査)」・「Analytics(分析)」と似た単語が入っていますが、作成してくれるデータにはかなり違いが出てきます。

これから解説していくので、しっかり覚えておきましょう。

Google Search Console

「Google Search Console」で主に扱うのは、ブログ・記事をネットにアップした「数日後」のデータになります。
PV数などの瞬間的な計測ではなく、ある程度詳しく計測したデータを表示してくれるため、ブログの評価や問題点を教えてくれます。

機能1:ブログを検索エンジンへ登録

「Google Search Console」の一番の目玉、それこそこれ目的で登録するといっても過言ではない機能が、ブログや記事のアドレスの登録になります。
これを通称「インデックス(登録)」と呼びます。

例えブログや記事をネット上にアップしても、すぐに検索にヒットする訳じゃありません。
検索にヒットするようになるには、Googleにブログや記事がネット上にあることを認知してもらわなければなりません。

その認知をするため、「クローラー」というプログラムが日々ネット上を巡回しています。
この「クローラー」に見つからないと、いつまで経ってもつくったブログや記事が検索にヒットしません。
大抵は1週間もすれば見つけてくれますが、最悪1ヶ月経っても見つけてもらえず検索にヒットしない、なんてこともあります。

しかし「Google Search Console」でブログや記事のURLをインデックスすると、早ければ数日で検索にヒットするようになります。
早くにブログを周知したい人にとっては、最も重要な機能といえるでしょう。

機能2:検索にヒットしない記事を見つけたりする

上記の記事のURLを登録しても、稀になんらかの理由で検索欄にヒットしないようブロックがかかっている記事があります。
これを「no index」といい、ダイレクトに検索欄にヒットしない処置のことです。(ブログ内からは普通に記事を表示できます)

記事に「no index」と設定されていると、絶対に検索欄にヒットしません。

「Google Search Console」ではそういった「なんらかの問題を抱えた記事」をピックアップして表示してくれます。

もし記事がインデックスされていないと、記事が検索にヒットしないことに気づかず、いつまで経っても「記事が読まれない・・・」なんて悩む原因にもなります。

こうした問題のある記事をそのままにするのは大変よろしくないので、発見・改善のためにも積極的に登録していきましょう。

機能3:検索順位などの表示

「Google Search Console」では、ブログや記事のネット上で検索順位などの計測もしてくれます。
この検索順位が高いほど、検索の最初の方のページで記事タイトルなどが表示されるようになります。

大抵の人は、検索結果の最初の数ページしか見てくれません。
検索結果の1ページは10件までしか表示されないので、いいとこ20~30位くらいの順位にならないと見てくれる人は極端に減ります。

「Google Search Console」では検索された単語の検索順位を計測してくれるので、どの単語が検索されやすいかわかります。
その単語を記事タイトルに含めるようにすれば、記事の検索順位も上がりやすくなったりします。

Google Anatytics

「Google Analytics」ではブログ・記事をネット上にアップした「直後」のデータを扱っています。
リアルタイムで記事がどれくらい読まれているかや、皆さんが気にするであろうPV数などを計測してくれます。

機能1:PV数の計測

ブログをしている人の殆どが気にするPV数を計測してくれます。

ただ、ブログを登録しただけでは計測してくれず、専用のコード(トラッキングコード)をブログのテーマのプログラムに書きこむ必要があります。

テーマの「HEAD」タグの最初にこのコードを書きこめば、ブログや記事が読み込まれるたびにコードが起動し、それをGoogleが計測している訳です。

各記事ごとのPVも計測してくれるため、どの記事がよく読まれているのかも知ることができます。

ここで忘れたくないのが自分自身によるPVの除外です。
「管理」→「フィルタ」で自分のIPアドレスを除外するように設定すれば、自分で記事を読んだりしても余計なPVが発生しなくなります。
こうすれば純粋に読者のみのPVを計測できるようになるので、「Google Analytics」に登録したら早めにやっておきましょう。

PV数は「行動」→「概要」で見れ、数か月前まで遡って集計できます。(コードを書きこんでからのデータしかないのでご注意を)

機能2:記事が読まれている時間などのデータ

上記のPV数がわかる機能の部分で、記事がどう読まれているかのデータもわかります。

PV数の他に

訪問者数
記事ページの平均滞在期間(記事が読まれている時間)
直帰率(1記事しか見ずブログから出てしまった割合)
離脱率(ブログから出てしまった割合)

こんなデータを扱ってます。

「直帰率」は読者が1つの記事を見たらすぐ「戻る」や「ブラウザを閉じる」などで、ブログの外へ出てしまった人の割合を指します。
「離脱率」は「直帰率」を含めて、読者がブログの外へ出てしまった割合のことです。

自分のブログがどう見られているかのデータになるので、ブログの改善などの目安のデータとして重宝します。

機能3:リアルタイム計測

ブログや記事が見られているのをリアルタイムで計測してくれます。

秒単位で読者の数・読まれた記事・継続して読まれている時間・読まれた時間帯などを計測してくれるため、リアルタイムでのデータがわかるようになります。

おまけに何処に住んでいる人が見てくれているのか分かる機能もついてます。(東京都 世田谷、といった単位)

・・・まあどちらの機能も、PV数だけわかればいい人ならあまり活用するような機能ではないかもしれません。

まとめ

以上で解説を終わりますが、両方の機能を簡単に説明すると

Google Search Console
・ブログや記事を早くネット上に上げるための登録機能
・異常のある記事の発見
・検索順位の表示

Google Analytics
・PV数の計測
・記事の読まれ方のデータ
・リアルタイム計測

こんな感じになります。

はっきりいって機能はまだまだありますが、登録したてで何を調べればいいかわからない人は、これらの機能を最初に使って少しずつ機能に慣れていきましょう。