ブログのアドレスをつくるためドメインをレンタルしよう! ドメインの役割などを解説!

自分のブログをつくるとき、ブログのアドレスを手に入れる必要があります。
そしてこのアドレスと密接に関係しているのが「ドメイン」です。
そもそもアドレス、そしてドメインの役割はなんなのか。どうやって手に入れるのか。
そこのところを解説します。

アドレスとドメインの関係

アドレスとは

まずアドレスとはネット上における「住所」の役割を持っています。

一度アドレスを登録してしまえば、それが世界でただひとつのアドレスになり、あとから誰かが同じアドレスを登録しようとしても許可されません。(同じ住所が2つあったらおかしいですし)

これのおかげで、いろいろなサイトがネット上に「存在している」と認識され、間違えずにサイトに訪れたりメールを送ったりすることができます。

そしてアドレスを実際に使えるものとして認識させるのに「ドメイン」が必要になってきます。

ドメインとは

ドメインとはアドレスの文字列の後ろについている「.jp」や「.com」「.net」といったもののことです。
ネット上ではこれを認識できるグループとして扱っており、これがついていないとアドレスとして認識されません。

極端な話、アドレスにとって重要なのはドメインで、前の文字列はなんでもよかったりします。

たとえばこのブログのアドレスは「zattadouraku.net」ですが、「aaaaa.net」でも同じアドレスがなければ登録できます。
仮に「aaaaa.net」が先に登録されていても、「aaaaa.com」が空いていれば登録できますし、結構ドメインに依存している状態です。

スポンサードリンク

ドメイン(アドレス)の取得の仕方

ドメインを手に入れるのとアドレスを手に入れるのはほぼ同じ意味です。

そして手に入れる方法ですが、レンタルするしかありません

これは個人でも企業でも同じで、いくつかあるレンタル会社を通してドメインを取得します。

「ドメイン レンタル」と検索すればいくつか会社が出てくると思います。
ドメインのレンタルのみを取り扱っている会社や、サーバーレンタル事業と複合して取り扱っている会社もありますので、気に入った会社ならドメインと一緒にサーバーもレンタルするのもアリです。

ドメインだけをレンタルしたいなら「お名前.COM」や「ムームードメイン」といった会社が。
サーバーも一緒にレンタルするなら「エックスサーバー」といった会社があります。

お名前.com

エックスサーバー

ドメインっていろいろあるけど意味あるの?

ドメインのレンタル画面を見てみると「.jp」「.com」「.net」などの数多くの種類のドメインがあります。

ではそれぞれのドメインで何か違ったりするのでしょうか?

答えは「個人でブログをするなら特に変わらない」です。
強いて上げるなら「イメージ」や「印象」といったもので、「このドメインにしたらセキュリティがあがる!」なんてのはありません。

ただ少し例外もあり、例えば「.co.jp」は「日本の企業のみ取得ができるドメイン」です。
これがついているアドレスは「日本で発行された」という証明になりますし、信用性という点については効果があります。
国外を視野に入れている企業のアドレスなら「.co.jp」のドメインは意味があるでしょう。

ほかにも「.ne.jp」ならネットワークサービス関連の会社が取得できるものなど、特定の組織のみ取得できるドメインがあります。

ドメインのレンタルと料金

レンタル料金

ドメインをレンタルする料金は、どの会社でもそこまで変わりません。
これはどの会社でドメインを取得してアドレスをつくっても、そのアドレスの取得状況は全会社で共有されているからです。

「じゃあ安くした会社が一人勝ちできるんじゃ」とも思うでしょうが、それをしてしまうとどの会社も際限なく値下げを始めてしまいます。
結果ドメインの「値崩れ」が起きてしまい、結果的に収益を挙げられなくなってしまいます。
こういった理由から会社ごとに少しの違いはあれど、大差ない値段設定になっています。
精々期間限定で値引きセールがされるくらいです。

そこまで多くのレンタル会社があるわけでもないので、自分の好みの会社と契約するか、サービス期間を狙って安く契約するのもアリです。

レンタル料金は数円(!)のものから3000円くらいかかるものもあります。
ここまで違うのには当然わけがあり、ドメインの「レンタル更新費用」と関わってきます。

ドメインの更新費用

ドメインを2年後以降継続してレンタルする場合、更新費用がかかります。

この更新費用は数百円から3000円近くかかるものもあり、上記のレンタル料金と関わってきます。

簡単にいうと最初のレンタル費用と更新費用は反比例します。
例えばAというドメインのレンタル料金が2000円くらいなら、更新費用は1000円くらいだったりします。
逆にBというドメインのレンタル料金が10円くらいなら、更新費用は3000円くらいに膨れ上がるものもあります。

上記の例から分かる通り、最初のレンタル料金が安いほど2年後・3年後の更新費用は高くつきます。

上記の例なら仮に10年ドメインをレンタルした場合の合計料金はこうなります。

ドメインAは11000円。(1年目:2000円 2~10年目:1000円 × 9年 = 10000円)
ドメインBは27010円。(1年目:10円 2~10年目:3000円 × 9年 = 27000円)

実に16000円の差が出てきます。
ブログを長く続ければ続けるほどこの差は大きくなっていくので、数年後を見越した料金でドメインをレンタルするかどうか決めましょう。

初期費用

初めてドメインをレンタルする場合は、レンタル料金のほかに別途で初期費用かかります。
大体1000円~2000円くらいの値段になります。

これは2年目以降にはかからないので、最初の1年に必要になるだけです。

契約期間

ドメインの契約期間は1年間からレンタルしています。

サーバーのように1ヶ月や6ヶ月といった数か月単位でのレンタルはしていません。

1ヶ月間の料金に換算すると高くても300円くらいになりますので、サーバーのレンタル料金と比べるとそこまで高くはありません。

スポンサードリンク

アドレスを取得したらどこで使うの?

アドレスを使うのは、レンタルしたサーバーの管理画面に入る際のアドレス確認のときです。
逆にいうとアドレス(ドメイン)をレンタルしておかないと、サーバーの管理画面に入れません。

そもそもアドレスとサーバーは1セットで扱われているため、どちらか一方が欠けたら機能しません。
故にブログなどをすぐに始めたいなら、ドメインとサーバーの両方をレンタルしておく必要があります。

そのため、できるかぎり同時期にドメインとサーバーをレンタルしておけば料金を無駄にしませんし、同じ時期で更新するので更新し忘れも予防できます。

タイミングを見計らってレンタルしましょう。

最後に

以上でドメインについての解説を終わります。
サーバーと同じく、ドメインの取得はブログの開設に必要なものなので、忘れないようにしましょう。

そして登録の際はアドレスが間違ってないか確認して登録しましょう!


スポンサードリンク