《WordPress》記事の最後に関連記事を表示できるプラグイン「WordPress Related Posts」

サイトを最後まで見終わると「関連記事」なんてタイトルで、いくつかの記事タイトルが羅列されていることが多いと思います。
そこに気になる記事があると、ついクリックして見てしまうこともあるでしょう。
そうしてサイトの回遊率をアップしてくれるプラグイン、それが「Wordpress Related Posts」です!




Wordpress Related Postsの役割

サイト主にとっては訪問者に他の記事を目にしてもらい、サイトの回遊率をアップしてPVを増やす。
訪問者にとっては、関連する記事(情報)を探す手間を省いてもらう。
大雑把な役割はこの2点だと思います。

記事を検索結果から見つけてきてくれた人の殆どは、最初はそのサイトの全体図を理解していません。

そんな人に他の記事を見てもらうには「自分で探してもらう」しかありません。
しかし皆さんも、トップページorカテゴリーに戻り、出てきた記事をスクロールで流し見て・・・なんて手間をかけてまで探すことは殆どないでしょう。

そこで記事を見てくれた人の目に付く場所に、ほかの記事タイトルを表示することでその手間を省けます。
こうすれば訪問してくれた人の探す手間を省き、別の記事を見てもらえることが増えます。

Wordpress Related Postsのインストール

インストール方法ですが、ダッシュボードの「プラグイン」にカーソルをあわせると「新規追加」とあるので、それをクリック。

出てきた画面の右側上部の「プラグインの検索」に、「Wordpress Related Posts」と入れて検索すれば、下の画面に出てくるのでインストールして有効化すればOKです。

設定画面

基本設定

基本設定といっても、関連記事のタイトル表記と表示数しか設定しません。
上のEmailは設定しなくても使えます。

高度な設定

細かな設定は「Advanced settings」で行います。
最初は隠れた状態なので、右にある▼をクリックして表示します。

Enable Themes:必ずチェックした状態にしましょう。レイアウトが表示されなくなります。

Layout:関連記事のタイトルのレイアウトを決めます。サムネイル画像を入れる・タイトルのみなどに決められます。

Customize:各記事に追加の情報の表示ができ、CSSの設定でデザインも変えられます。

Default thumbnails:関連記事の画像を全部一緒にするのに使うので、記事別に画像を変えたいなら設定しなくていいです。

Custum size thumbnails:サムネイル画像のサイズを変更できます。

Exclude these Categories:関連記事に表示する記事のカテゴリーを設定します。チェックを入れたカテゴリーの記事は関連記事に表示されなくなります。

最後に「Save Changes」で保存をして完了です。

表示する場所を変える・ヘッダー設定を解除する

「関連記事」を記事ページの任意の場所に表示したい場合は「Advanced settings」の「Auto Insert Related Posts~」で設定をします。

「Auto Insert Related Posts」にチェックを入れると、関連記事が記事ページの最後に自動で表示されます。

表示位置を記事ページの一番上などに変えたいときはチェックを外して、

<?php wp_related_posts() ?>

を「single.php」 内の表示したい場所に記述すれば表示されます。

広告を貼っているときなど、見映えを気にするならこの方法にしましょう。

ちなみにこの方法なら関連記事のタイトルが記事のヘッダー設定を受けません。
テーマ編集などのCSS設定で、ヘッダーデザインの一括変更の影響を受けてしまうときにこの方法を使いましょう。

最後に

これで「Wordpress Related Posts」の紹介を終わります。
関連記事を表示するだけでも、サイトの見映えや回遊率がアップします。
どこか物足りなかったり、PVを少しでも増やしたいなら、ぜひこのプラグインを導入しましょう!