ブログの審査でよく聞く「上質な記事」とは? その意味と書き方を紹介

よくブログの、特にアドセンスやアフィリエイトの広告会社に登録する際の審査などで「上質な記事」や「質の高い記事」と聞くことがあると思います。
そこで今回はその上質な記事とはなんなのかと、その記事の書き方を解説します。




上質な記事とは

読者が求める情報がある

読者が欲しがっている情報がどれだけ書かれているか、これが大事になってきます。

大抵読者が記事を見てくれるタイミングとは「調べたいことがある」「興味を持ったとき」がメインになります。
どちらにしても情報が欲しいときだけです。

この「欲しい情報」が無いと、読者にとってその記事の内容は意味のないものと扱われてしまい、記事の評価が下がってしまいます。

このため記事タイトル(テーマ)に沿った情報をどれだけ書けるかが重要になります。

記事の文字数

どんなに少なく見積もっても1000文字以上の文章を書きましょう。
これくらいないと記事の評価に響きます。

というより大事なことを書いていくと、自然とこのくらいの文字数はすぐに書けるんですよね。
原稿用紙は1枚400文字、つまり最低2.5枚書くことになりますが、キーボードを叩いて書いてるとあっという間に数が増えてきます。
「小学生時代に苦労したのはなんだったのか・・・」と思うこともあります。(それも経験として役立っているんでしょうが)

文字数が少ないとされるのは1000~1500文字くらい、多いと4000~5000文字以上くらいです。(10000文字くらい書いている人も結構います)

「どれくらいの時間で読める記事にするのか」といった考えで書く量も変わってきますが、人の平均的な読む速度は1分に500~600文字くらいだそうです。
3~4分くらいで読める軽めの記事なら1500~2000文字くらいの文字数になります。

ちなみに「読書速度測定」といったサイトがあり、ここで自分がどれくらいの文字を1分で読めるか調べられます。

読みやすく書き分けられているか

ある程度文章をまとめて読者に読みやすくした構成の記事にしましょう。

日記のような形式ならともかく、大抵は情報(テーマ)ごとにまとめられていないと読みづらい記事になってしまいます。
脈絡のない文章だと読み手も疲れて、記事を読むのをやめて出て行ってしまいます

よほど関連性のないもの以外は文章を独立させて書いていきましょう。
見出しなどを使うとテーマごとにまとめて書き分けられるので、書くテーマの数が多いなら積極的に使っていきましょう。

いい例と悪い例

では実際どんな記事の内容なら評価されやすいのか。
例として、ある洗濯用洗剤を紹介したい記事を簡単に書いていこうと思います。

評価が低くなる記事の書き方

最初に評価が低くなる記事の書き方を紹介します。

○○という洗剤を使ってみて
今日は話題になっている○○洗剤を使ってみました。
評判通り汚れが落ちて、とても使いやすかったです!
これを使えば汚れを気にしなくて済むので、ぜひ皆さんも使ってみましょう!

少々極端な内容ですが、これではただの簡単な感想文です。
しかも見ている人が必要としていることがほとんど書かれていません。
これでは記事の評価はかなり低くなってしまいます。

評価が上がる記事の書き方

先ほどと同じテーマの記事に、評価を上げるために必要なことを書き足していきます。
少々簡単なものですが、こうなります。

○○という洗剤を使ってみて
今日は話題になっている○○洗剤を使ってみました
評判通り汚れが落ちて、とても使いやすかったです!

簡単な汚れなら入れるだけで完璧に落としてくれますし、ソースなどでできたシミも、少し塗ってから洗濯すれば落ちてくれます。
なにより日数が経ってしまった汚れでも落としてくれるのがすごいですね。
昔着ていた服の汚れも落ちていたので、驚きました。

ただ洗剤を少量出すとき一気に出てしまうことがあり、その辺は苦労してます。
それに値段も少々お高い印象を受けます。

それでも汚れは確実に落としてくれるので、よく服が汚れてしまう人なら損はしません。
ぜひ一度は試してみてください!

先ほどの記事に

・商品の具体的な効果
・使い勝手
不満な点

この3点を加えて書いてみました。
実際に使ってみた感想をある程度具体的に、別々に書き分けてみました。
同じ商品の感想文でも、3つの情報を加えただけで先ほどの記事よりボリュームがでてきます。

先ほども書きましたが、肝心なのは読み手が必要であろう情報が書かれているかどうか。
これを守っていればどんなテーマの記事でも一定以上の評価を得られます。

もし自分が興味をもって調べたとき、何が書いてあると役立つか」、読者目線でこれを常に考えて記事を書いていけば、自然と質の良い記事になっていきます。

まとめ

いろいろ書きましたが、やはり「読者にとって必要な情報」が「うまくまとめられている」ことが質の良い記事を書くのに重要になってきます。
最初はうまくいかなくても大丈夫です。
3記事・4記事くらいからある程度は慣れてきますし、自分にとって書きやすいパターンが見えてくると思います。

それに前に書いた記事が気に入らなくなっても、後から編集などして満足のいく内容に書き直せばいいんです。
最初は焦らずに、とにかく記事を書くことに専念しましょう。
そうすればおのずと「記事の書き方」というものが身についていきます。