ブログに使ってる画像の内部データ消していますか? 個人情報の流出の危険性!

ブログで記事内容をイメージしやすいように写真や画像を使いますよね?
しかしその画像、ちゃんと内部データを消してますか?
今回は画像の内部データの解説と、それを消去する方法を紹介します。

スポンサードリンク

画像の内部データとは?

画像の内部データを簡単に説明すると、カメラなどで写真を撮った際に型番データや撮影設定などが記録されたデータの総称です。
はっきりいって画像の画質などには全く関係ないムダなデータです

GPS機能がついた機器で写真を撮ると、写真を撮った場所の位置情報などが記録されている場合があり、これも内部データにあたります。
・・・この時点でなんとなく察すると思いますが、詳しくは後述します。

内部データを確認する方法は画像のプロパティの「詳細」を見てみます。
画像プロパティは「画像を右クリック」→「プロパティ」で確認できます。

画像プロパティの「詳細」をスクロールして見ていくと、「カメラ」や「高精細」といった項目に詳細データが入っていると思います。
こういったデータは画像を構成する上で必要ないデータで、あってもなくても画質などに変化はありません。

内部データを消す理由

画像の読み込み時間を減らす

画像の内部データを消せば、消したデータの分だけ画像の読み込み時間が短縮されます。

ブログに画像を貼れば貼るほど、読み込み時間が増えていきます。
専用プラグインなどで読み込み時間を短縮できたりもしますが、元のデータが少ないに越したことはありません。

量としては精々数キロバイト~数十キロバイトくらいのものですが、ブログにあげる画像の推奨サイズが100キロバイト以下だったりするのを考えると馬鹿にできない量です。

少しでもデータを削減したいなら、率先して内部データを消していきましょう。

個人情報の流出の防止

内部データからブログ主の住んでいる場所などが分かってしまう危険性があります。

記事冒頭で説明した通り、撮影機器にGPSなどがついていると撮影場所の位置情報が内部データとして記録されている場合があります
位置情報が残ったままの画像をブログに上げてしまうと、自分の住んでいる場所が特定されてしまう危険性が高くなります。

こうした危険性を減らすためにも、内部データを消した画像をブログに載せるようにしましょう。

内部データを消す方法

プロパティの基本機能で消す

どのパソコンでもできるのが、画像プロパティの基本機能を使っての内部データの消去です。
画像のプロパティ画面の「詳細」の下に「プロパティや個人情報を削除」とあるので、ここをクリックしてください。

そうするとこのようなプロパティの削除画面が出てきます。

基本は「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」にチェックを入れて「OK」で大丈夫です。
この方法は内部データを消去した「画像ファイル名-コピー.jpg」のような、元の画像ファイルのコピーをつくります。
元となった画像はそのまま残ります。

下の「このファイルから次のプロパティを削除」は削除したいプロパティを選ぶものです。
この方法で「OK」を押すと、内部データを消去した画像を元の画像データに上書きします。

ただこの「プロパティの基本機能で削除」で注意したいのが、内部データを消してもなぜかデータ量が増える場合があります。(内部データはきっちり消えてます)
理由はよくわからないんですが、画像のデータ量の削減もしたいならこの方法は不向きだと思います。

画像編集ソフトで消す

画像編集ソフトの機能で内部データを消す方法です。
画像編集ソフトなどで画像を保存する場合、「画像の保存設定」の機能で内部データを消去するかどうかの設定ができます。

私は「JTrim」という無料の画像編集ソフトを使わせてもらっています。
このソフトはインストールしなくても使え、データ容量も3MBほどと少ないので重宝してます。

一応「JTrim」で内部データを消す方法を解説します。
他の画像編集ソフトでどのあたりで設定できるのかの参考にしてください。

まずは画面左上の「ファイル」から「保存オプション」をクリックします。
この保存オプションで画像を保存する際の画質などの詳細な設定ができます。

「保存オプション」の中に「Exitデータを保持する」とあるので、チェックを外して「OK」をクリックしてください。
これで画像を保存した際に内部データが消去されます。

画像編集ソフトによっては内部データの消去ができなかったり、機能があっても名前が違ったりするので、自分の使っている画像編集ソフトの機能を確認しましょう。

最後に

これで画像の内部データを残しておく危険性と消去の仕方の紹介を終わります。
ネット社会の現在、自分の個人情報はできるだけ外部に漏れないようするのが基本です。
気軽に画像をブログにアップしていると、思わぬ形で自分の情報が漏れてしまう恐れもあります。
画像や写真をブログにアップする前に、必ず内部データを消去するようにしましょう。