PVが少ない! そんなとき記事を拡散する方法は無いのか?

ブログを始めたばかりだと、ブログに訪れてくれる人がなかなか集まらず、PVも少なかったりしますよね?
では自分のブログや書いた記事を拡散して、たくさんの人に周知してもらう方法は無いのか?
そんな機会を少しでも増やす方法を紹介します。




訪問者まかせの方法

まずは訪問者の意思にまかせた受け身の方法です。
ブログへの検索流入などもこれにあたりますが、もっと具体的な方法を紹介します。

残念な前提

いきなり不穏な感じです。
しかしこの方法でPVを増やそうとする場合、まず大前提となることを知っていてもらいたいです。

それはもともとある程度PVが集まってないと有効な手ではないということです。

そのPVを増やしたいんだろーが!」と感じるでしょうが、こればかりはホントーにしょうがないんです。
これらの方法は記事を拡散する「機会」をつくる方法で、いきなり「月間100PVが10000PVに!」みたいな事はありません。
炎上商法やバズる(いきなり話題になる)を狙うにしても、人が訪れてないとそもそも成り立ちませんし。

しかし記事を拡散し、人が訪れる機会をつくれるのならムダにはなりません。

ワラにもすがる思いの人はこれらの方法を試してみましょう。

ブログランキングに登録する

自分のブログをブログランキングなどに登録して、目に見える状態にすることで自分のブログの存在を知ってもらう方法です。

ググるなどして明確に自分のブログ名を検索しないと出てこないのに比べ、ランキングサイトにしっかりと自分のブログ名が表示されます。
いってみれば自分のブログの看板を掲げるようなもの。

実際に自分のブログが存在している」という安心感が出てきますね。

ただランキングなだけあって最初はブログの順位も低く、簡単に目に付くようなことはありません。

それでも登録料金や維持費はかからないので、特に損はしません。
「とりあえず登録しておこう」くらいの気持ちで登録して放置、といった感じでもOKです。

有名なブログランキングには「人気ブログランキング」や「日本ブログ村」が挙げられます。

SNSを利用する(受け身型)

FaceBookやtwitterなどのSNSボタンをブログの記事に設置して読者に使ってもらい、記事を拡散してもらう方法です。
こちらの方法も、読者の自由意思に任せる感じになります。

あるとき突然無名ブログが有名になるのは、ほとんどSNSで拡散されるのが原因です。
ブログや記事を拡散する方法として、一番爆発力がある方法でしょう。

ただSNSを使って記事を拡散してもらおうにも、そもそも読者がいないと成り立ちません。
そして読者に気に入ってもらえる記事がないと、SNSでシェアしてもらえないでしょうし。

ブログでPVを集める初歩にして最重要なのは「いい記事」を書くことです。

いつシェアしてもらえる機会が来るか、こればかりは分かりようがありません。
いい記事を書いて、「シェアしてもいい」と思ってくれる人をつくりましょう。

WordPressプラグインの「AddToAny Share Buttons」などを使って、記事中にSNSボタンを設置しましょう。

「関連記事」の項目をつくる

記事内に別記事のタイトルを表示して、読者の回遊率を上げる方法です。

記事の上や下に「関連記事」や「こんな記事も読まれてます」みたいなタイトルで、いくつかの記事タイトルが表示されてたりしますよね?

そうして自分のブログの別の記事を目にしてもらうことで、その記事へ誘導してPVを増やす方法です。
こうして読者にブログ内を巡回してもらうことで、一人の読者で何PVも稼いでもらうことができます。

WordPressプラグイン「WordPress Related Posts」で関連記事の項目を表示できます。
関連記事は初期設定だと記事の下に表示されますが、表示位置はプラグイン設定か「テーマ編集」で「single.php」に直接書き込む方法があります。

似たような項目で「最新記事」といった項目でも、同じような効果があります。
「最新記事」はWordPressなら「外観」→「ウィジェット」で「最近の投稿」をウィジェットとして追加できます。

自分から打って出る方法

こちらは「受け身」ではなく「攻め」の方法です。
自分からブログや記事をジャンジャン拡散していくことで、周知してもらいます。
ただ一歩間違えると逆にブログの評判を落とすことにもなりかねないので注意してください。

メールマガジンで記事を拡散する

一気にたくさんの人にブログを知ってもらいたい!」という人には、それができる方法があります。
それはメールマガジンなどに登録して、メールマガジンの利用者に自分のブログを発信する方法です。

この方法は読者が検索などで自分のブログの存在を知ってもらうのに比べ、最も早く存在を周知できます。
メールマガジン利用者限定ですが、自分のブログの宣伝をして知ってもらいます。
各家庭にビラを配って宣伝するようなものですね。

仮に読者があまり興味がない記事でも「とりあえず読んでみよう」みたいな気分で読んでくれることも多いでしょう。
定期的に自分のブログの宣伝をしてくれるので、恒常的にブログを知ってもらう機会をつくってくれます。(サービスが続く限りですが・・・)
ブログを周知してもらう方法では一番効果が高いでしょう。

ただこの方法、一歩間違えると迷惑メール扱いされてしまうことがあります。

皆さんも新聞などと一緒に大量に入っている広告、興味のないものだと目もくれませんよね?
中には「邪魔だから送ってこなくていい」みたいに思う人もいるんじゃないかと。

それと同じでメールマガジンの利用者が迷惑に感じてしまう恐れがあります。

それとメールマガジンに登録する際、有料版と無料版があること。
有料版なら100%サービスを受けられますが、無料版だと相手のメールアドレス登録数やデータ解析などの機能に制限がかかるのがほとんどです。
「まずは様子見」みたいな感じで無料版から始めて、手ごたえを感じたら有料版に、といった風にするのもアリかと。

ブログを早く周知させるのに効果がありますが、その分デメリットもあるので気をつけましょう。

SNSを利用する(攻め型)

こちらは記事中にSNSボタンを配置する方法ではなく、自分でtwitterなどで記事を拡散する方法です。

最初は友人や家族に対して送ることになるでしょうが、手始めに「友人の友人」くらいまでを狙って記事を拡散してもらいましょう。
うまくいけば「友人の友人の友人・・・」みたいにネズミ算式に読者を増やしていけます。

注意点はメールマガジンと同じく、読者にとって有用な記事内容でなければ読んでもらえなかったり、シェアしてもらえないことでしょう。
初めは知り合い相手に送ることになるでしょうが、最終的には知らない他人に読まれることを意識した記事を書きましょう。

その他:無料ブログサイトを利用してブログをつくる

既にブログを持っている人ではやりづらい方法でしょうが、これからブログをつくろうとしてる人なら一考あるかと。

無料ブログサイトでブログをつくると、サイト側でブログや記事の拡散を積極的にしてくれます。
「面白そうな記事をクリックしたら別のブログに跳んだ」といった経験がある人は、こうした理由です。

そのためなのか、無料ブログサイトでブログをつくった人には「最初の月で3000PV!」みたいな人もいるそうです。

自分でサーバーとドメインをレンタルしてブログをつくる「個人ブログ」よりも広告を貼ったりするのに制限がかかったりしますが、そんなの関係なしに情報を多くの人に発信したい人は無料ブログサイトでブログを開設してみましょう。

有名どころの無料ブログサイトに「FC2ブログ」「楽天ブログ」「Livedoorブログ」「はてなブログ」「アメーバブログ」など、数多くのサイトがあります。

最後に

自分もPVが集まらずに、どうにかPVを増やせないかと調べましたが、そんなうまい手はなかなか無いということでしょう。
「初心者ブロガーはひたすら記事を書け!」といろんなところでいわれていますが、最初は黙々と記事を書くのに専念すべきなんでしょうか・・・。

ただ今回紹介した方法、多くのブログで普通に見られる光景です
特にSNSボタンなんて当たり前のように設置されてますし。

初めは効果は薄くても、後々効果が出たりいきなり有名になるキッカケになったりします。
基本放置でも大丈夫なので、先行投資と思ってこれらの方法を実行してみましょう!