ブログをつくるとき用意するものは「ドメイン」と「サーバー」!

ブログをつくっていく上で絶対に用意しないといけないものが「ドメイン」と「サーバー」です。
ここでは無料ブログサイトではなく、自分でブログを開設したいときに必要になる「ドメイン」と「サーバー」の解説をします。




用意するもの1:ドメイン

ドメインとは

ドメインはネット上でのブログの住所となるブログアドレス(URL)をつくるのに必要になります。

ホームページなどのサイトアドレスの最後についている「~.jp」や「~.com」といったものがドメインといわれています。
ネット上ではこのドメインがついていないとアドレスと認識されないため、「こんなアドレスががありますよ~」と示すために必要になってきます。

ドメインを使ってアドレスをつくる

ドメインを任意の文字列にくっつけてブログのアドレス(URL)をつくります。
このサイトなら「zattadouraku」の文字列に「.net」をくっつけて「zattadouraku.net」というブログアドレスになってます。

アドレスはネット上における「住所」のようなもの。
これが無いとネット上の「地図」に存在しないのと一緒で、検索したりしてもいつまでたっても辿りつけません。

ブログなどをつくる際、ドメインを手に入れるのはアドレスを手に入れるのと同じだと思ってください。

そして重要なのは、アドレスは同じものは存在しないということ
まさしく世界に一つだけのものなので、よく考えてアドレスを決めましょう。

ドメインを用意する方法

ドメインを手に入れるにはレンタルするしかありません。

「ドメイン レンタル」と検索すれば、いくつかレンタル会社が出てくるので、各社のレンタル条件(レンタル料など)を調べて、自分に合った条件の会社と契約してアドレスをつくりましょう。
レンタルは短くても1年からの会社が多いので、最低でもそれくらいはブログを続ける意思を持っておきましょう。

ただ、アドレスは同じものが存在しない関係で、そのアドレスの取得状況は各社で共有されています。(A社でアドレス「○○」を取得したらB社で同じアドレス「○○」は取得できないといった感じ)
例えば「.com」なら年1000円~2000円くらいでレンタルでき、月80~160円ほどしかならないためどの会社でレンタルしてもほとんど変わりありません。

サーバーも同時レンタルできる会社ならドメインやサーバーのレンタル料が割引になる会社も多いので、完全に自分の好みで決めるのもアリです。

お名前.com

用意するもの2:サーバー

サーバーとは

ドメインがネット上の住所なら、サーバーはさしずめ「家」あるいは「倉庫」といった感じです。

ここにブログに書いた記事や使う写真などといったものだけでなく、ブログで使うあらゆるものを保存するために必要になります。

ブログデザインのデータ・記事本文のテキストデータ・写真や画像データ・プラグインなどのブログを構成するデータがサーバーに保管されています。
パソコンなどのHDDと一緒と考えてください。

「共有サーバー」と「専用サーバー」

サーバーには「共有サーバー」と「専用サーバー」と2種類あります。

「共有サーバー」は複数人で一台のサーバーを共有する方式で、レンタル料も安いため個人でブログをつくるならこの方式のサーバーをレンタルすることが多いと思います。
レンタルする際にサーバーの種類が表示されていない場合、ほどんどは共有サーバーになります。

ただディスク領域こそ別々にしてあるものの、演算機能などは共有されているため、どこか(誰かのブログ)の不具合が全体に影響を与えてしまうことがあります。

「専用サーバー」は一台のサーバーをまるまる使う方式で、共有サーバーのようにどこかから影響を受けることがありません。
サーバー自体が独立しているため、法人などのビジネス関係でサイトをつくるときに利用されることが多いサーバーになります。
サーバー一台を専有できるためスペックも破格のものが多いですが、その分レンタル料も膨大になります。
はっきりいって趣味レベルでブログをするなら持てあますスペックなので、ビジネス目的の人がレンタルするサーバーだと思います。

サーバーを用意する方法

サーバーもドメインと同じくレンタルして用意するしかありません。

ドメインと同じように「サーバー レンタル」と検索すれば、サーバーをレンタルしてくれる会社のサイトが出てきます。

サーバーをレンタルする際、「スタンダート」や「エコノミー」といったプランでレンタルすることになります。
プランによっては「保存データ量」や「データ転送速度」などの項目がありますが、一番に注意したいのが「そのプランのサーバーでブログをつくれるかどうか」です。

一番安いプランだったりするとブログが作れなかったりする場合があります。
「WordPress使用可」と書かれているプランなら問題なくブログを開設できるので、よくサーバーの仕様を読まずに契約して「ブログがつくれません」なんてことになり、レンタル料金を丸々無駄にしないよう注意しましょう。

他にも「サーバーデータのバックアップ」や「セキュリティ」といったサポートプランがありますが、会社によって少し違ったりするので、契約内容をよく吟味してみましょう。
あとから追加で契約できたりもするので、とりあえず追加プラン無しでサーバーを契約するのも手です。

よくサーバーの仕様などを読んでレンタルするか決めましょう。

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

ドメインとサーバーは同時契約するとお得

ドメイン、あるいはサーバーをレンタルできる会社ならドメインとサーバーを同時レンタルできる場合が多いです。

同時契約するとドメインやサーバーのレンタル料が割引になったりすることが多いです。

ドメインの部分で触れたとおりよほどのことがないとドメインのレンタル料はかからないので、サーバーのスペックが気に入ったらその会社でドメインもレンタルしてしまったほうが得をすることが多いです。

いくつか会社を見て回って、自分がつくるブログに見合ったサーバーを探してからドメインをレンタルするようにしましょう。

最後に

自分でブログをつくるとき、「ドメイン」と「サーバー」のレンタルは鉄則です。
絶対に忘れず、片方だけ契約して時間を無駄にしないよう注意しましょう。

どうせならレンタルの更新のときを見据えて同じ日、間が空かない日に一緒に契約してしまいましょう。(両方同じような方法で代金を払い契約できます)

ブログをつくる前情報として覚えてもらえれば幸いです。