ブログ作成で「特化ブログ」と「雑記ブログ」。どちらがいい?

ブログをつくっていく上で、どういった種類・方向性のブログをつくっていくか悩む人もいると思います。
「どうすれば長く続けられる?」や「どうやってお金を稼ごう・・・」と考えている人に、ブログで使うネタや、広告の貼り方の違いなどの点を見て、どういったブログをつくればいいのか紹介したいと思います。

ブログの種類は大きく分けて2種類!

ブログというのは大きく分けて「特化ブログ」と「雑記ブログ」の2種類に分けられます。

大雑把な違いはこうなります。

特化ブログ・・・特定の分野をテーマにしたブログ
雑記ブログ・・・いろんな分野をネタにしたブログ

ブログで扱うジャンルは多種多様ながらも、大別するとこの2つに分けられます。
ではそれぞれのブログの説明と、続ける上でのメリット・デメリットを書いていきます。

スポンサードリンク

特化ブログ

特化ブログとは

「特化」の通りジャンルを絞ってブログの記事を作成していくタイプのブログです。

特定のジャンルに絞って記事を書くため、かなり専門性の高いブログになります。
なにかのジャンルに専門的な知識や経験がある人はこのジャンルをつくりやすいです。

ネットワーク系の情報に詳しければ、その仕組みなどを解説する専門的なブログ。
あるいは自分の旅行の経験などをブログに上げていけば、それも特化ブログになります。

また記事の内容がバラバラでも、「今日のニュース」などといったテーマのブログでも、「特化ブログ」に見られたりします。

特記ブログのメリット

リピーターをつくりやすい

特化ブログではブログの読者やリピーターを増やしやすいです。

ブログを見てくれる大体の人は、キーワードの検索をして見に来てくれます。

大抵は分からないことを調べる目的なので、その読者が知りたいジャンルの知識が多くあるブログなら、「このブログなら今後も役に立つな」と何度も来てくれる可能性が高くなります。

ネタ探しを一点に絞りやすい

記事のネタを探しやすく、書きやすいです。

記事を書く際に重要な「ネタ」。
このネタ探しから記事を書くことは始まります。

特記ブログならネタの種類も限られるので、資料を探すのが楽になります。
「旅行」といった趣味をネタにして記事を書いているなら、それを続ければ長くネタには尽きません。

広告の管理がラク

広告収入を期待している人なら重要ですが、広告の取り扱いや管理がラクになります。

特にアフィリエイトを利用しようと考えているなら、一つでもブログのテーマと一致した商品(広告)を取り扱っている会社を見つければ、会社ごとの管理も少なくなります。

広告を貼る際にも、「サイドバー」「ヘッダー付近」「フッター付近」と広告を固定して貼る場所でも、どんな記事でも同じジャンルの広告が表示され、安定した成果が出やすいです。

特記ブログのデメリット

専門的な知識がないとツライ

知識や経験が少ないと記事を書けずにスランプになりやすいです。

ジャンルを絞る関係上、どうしてもネタの種類が限られます。

そのため多くの知識や経験がないと、すぐにネタ切れになりやすいです。
またたくさんの資料などを用意し理解しないといけなかったりと、まさに「学校」や「塾」の様相になってきます。

そういったことになっても大丈夫な人でないと、長くブログを続けるのはたいへんだと思います。

広告の種類が限られる

貼れるアフィリエイト広告の種類がブログのジャンルに固定されてしまいます。

記事の内容に関係ない広告は貼りづらいので、自然と扱える広告の種類も少なくなります。
ブログのテーマにマッチした広告を扱っている会社がないとそれが顕著になってきます。

「同じジャンルで多種多様な広告を貼りたい!」となると、少し難しいと思います。

そういったことになったら、自動で広告を表示してくれる「アドセンス広告」を貼ったりしてみましょう。

雑記ブログ

雑記ブログとは

雑記ブログとは扱う記事のジャンルを特定のものに絞らず、複数のジャンルを扱うタイプのブログです。
当ブログ「雑多道楽」もこのタイプになります。

また日々の生活を記事にして載せていくブログも雑記ブログになります。
芸能人などの有名人がしているブログのことですね。

「ひとつのブログでいろんな記事を書きたい!」なんて人はこのタイプのブログになると思います。

雑記ブログのメリット

ジャンルにこだわらず記事を書ける

ネタにするジャンルに関わらす記事を書けるので、いろんなところから記事のネタを引っ張ってきやすいです。

特化ブログではジャンルに関係無い記事は書きづらいですが、雑記ブログはそんなことお構いなしにじゃんじゃん記事を書けます。

また同じジャンルで書いていると「似たような記事書いてるな~」と、いわゆる「マンネリ化」も防げますので、モチベーションの維持もしやすいかと。

多趣味な方はいろんな趣味から記事のネタを出せるので、長期的なネタ切れを起こしにくいと思います。

取り扱える広告の種類が増える

記事のジャンルが多いので、貼れる広告の種類も多くなります。

記事のジャンルに合わせていろんな広告を扱えるので、「この記事にはこの広告」と記事別に細かく広告を貼れるようになります。

数打てば当たる

書ける記事の種類が増えるため、どこかでバズる(読者が増える)可能性も高くなります。

特化ブログでは同ジャンルでしか記事を書けないため、「そのジャンル」でしかブログの評価はされません。
「そのジャンル」ではいい記事が書けていないと見られると、なかなかブログの評価も高くなりません。

しかし雑記ブログなら多様なジャンルで記事を書けるためどれかの記事が注目されたりする可能性も高くなります。
仮にIT系と料理系の記事を書いていて、料理系の記事が注目されたとします。
IT系に絞った記事しか書いて泣いたら、こうして注目されることもなかったわけですし。

雑記ブログのデメリット

「広く浅く」な知識だとネタ切れになりやすい

いくら多趣味な人でも知識や経験が浅いとすぐにネタ切れになります。

知識や経験の量がものをいうのは特化ブログもそうですが、多趣味な人でもその分最初は知識が浅かったりする人もいると思います。
専門的な知識を持っているならそれを掘り下げて記事を書いていけますが、いろんな趣味に手を出してもあまり詳しくないとどうしても記事の内容も浅くなったりします。

そんな人ほどネタ切れが早くなるので、もっと深く突っ込んだ知識が必要になってきますので、気をつけて下さい。

広告の管理が面倒

ジャンルが増える分広告の種類も増えるので、多くなった広告の管理が必要になります。

ジャンルに合った広告会社が無いと、その分契約する広告会社も増えていくと思うので、その管理の手間も増えていきます。

また、「サイドバー」「ヘッダー付近」「フッター付近」などは広告を固定して貼れますが、記事別に広告を変えることができないので、ショートコードなど専用のプログラムを用意しなければならないなど、手間が増えます。

とくに「ヘッダー付近」や「フッター付近」の広告はクリック率が高いといわれるので、広告収入が目当ての人は少しはプログラミングを理解できるように準備しておきしょう。

最後に

ブログをつくる上で重要になる「ネタ」。
そして広告収入を得る目的の人なら「広告」。

ブログのタイプの方向性が違うと、扱い方にも違いが出てきます。
ブロガーの中にはジャンルごとに別々のブログをつくったりしている人もいます。

ブログを本格的につくる前にしっかりと、どういったブログをつくっていくのか決めましょう!


スポンサードリンク