《WordPress》プラグインをインストールする際の注意点。プラグインが増えると記事の読み込み時間も増える?

WordPressなどで便利機能を追加してくれるプラグインですが、考えなしに導入していると思わぬ弊害が出ることがあります。

それが「プラグインの数によってページの読み込み時間も増える」という点。

ページの読み込み時間は読者の記事離脱と密接に関わっているので、「便利だから」とプラグインをインストールし過ぎると却って不便になりかねません。

今回はプラグインの大量追加をすると出てくる弊害を解説します。

読み込み時間の増大

プラグインを追加すると記事の読み込み時間も増えます。

しかしプラグインごとに時間の増え幅にはバラつきが出るので、すべてのプラグインでそうなる訳ではありません。

読み込み時間が増えるパターンがいくつかあるので、それぞれ紹介します。

多機能なプラグインほど読み込み時間が増える

機能が多いプラグインほど記事の読み込み時間が増える傾向にあります。

これは記事を読み込む際にプラグインに使われている機能の分、記事そのもののデータ容量も増えてしまうからです。

特に記事中にボタンや画像を表示するプラグインほど記事のデータ容量が増えやすく、読み込み時間も増えていきます。

単純に画像などのデータ分の読み込み時間が追加されてしまうからです。

プラグインだけで記事全体の数割のデータ量を使うものもあったりします。

他にもプラグインの設定で項目が多いほど、「この機能は使う」・「この機能は使わない」といった判断をコンピュータがしなければならないため、判断する時間の分だけ読み込み時間も増えてしまうのです。

多機能なプラグインほど便利さも高いです。

しかし便利さを求めても、そういったプラグインほど読み込み時間が増えることに注意しておきましょう。

データを蓄積するプラグインほど影響が出る

サーバー側にデータを保存・蓄積するタイプのプラグインほど、ページの読み込み時間に影響を与えます。

読者が「記事ページを開く」ということは、サーバーからそのページのデータを呼び出して表示しているということです。

このためページのデータ量が多いほど読み込み時間が増えていきます。

そしてデータを蓄積するプラグインというのは、その蓄積したデータを呼び出したりするものが多いです。

例えばページの読み込み時間が遅くなるといったことで有名なのがPVを調べるプラグイン「WordPress Popular Posts」。

このプラグインはPVのカウントをサーバーに保存し、「人気記事一覧」みたいにサイドバーに表示していると呼び出しまでしています。

このデータを読者がページを開くたびに行っているので、その処理の分ページの読み込み時間が増えます

プラグイン自体は有用なのですが、ブログ全体に影響を与えるといった点で「使う」「使わない」の意見が分かれています。

こうしたように膨大なデータを蓄積・呼び出すプラグインほど、読み込み時間に影響を与えてしまいます。

記事表示に関係ないプラグインでも注意

ブラウザで記事を表示するのに関係無いプラグインでも読み込み時間は増えます

これはサーバー側でプラグインを使うためのデータ容量を使っているためです。

ブログを表示する速度は、サーバーのデータ転送速度で決まってきます。

プラグインが有効化されていると、「プラグインを使っている」という判断にサーバーの容量を使うため、データ転送速度が落ちる場合があります。

例えばPV数を調べるプラグインや、記事を書くために使うプラグインでも読み込み時間は増えます。

特に設定の際に項目が多かったり、特殊なプログラム処理をするものほど影響が出ます。

読み込み時間を減らす方法

いらないプラグインはインストールしない

インストールしても使わない・使っていないプラグインは削除しましょう。

そもそも使わないプラグインを導入する意味はないので、妥当な理由になります。

「インストールしたはいいけど、全く使っていない」なんてプラグインがあるなら、読み込み時間を減らすためにも早期に削除してしまいましょう。

特に「有効化しているけど使っていない」プラグインは優先して削除しましょう。

先ほど書いたようにプラグインを有効化しているだけでも影響は出ます。

このようなプラグインの数が多くなるほど無視できない影響になってくるので、必要なさそうなプラグインは削除しましょう。

機能の被ったプラグインは統一する

同じような機能を持ったプラグインをいくつか使っているなら、できるだけ一つのプラグインに絞りましょう。

便利そうなプラグインをいくつかインストールするのはいいですが、機能の被ったプラグインを複数使う意味はありません。

どれか一つのプラグインに厳選して、それ以外は削除してしまいましょう。

またテーマ自体に備わった機能と被るならそちらも対象になります。

高性能なテーマだとプラグインそのものの機能が標準装備されていることが多いです。

例えばシェアボタンを配置する機能だったり、画像の読み込みタイミングを調整して読み込み時間を短くする「BJ Lazy Load」といったプラグインなどです。

テーマそのものにプラグインの機能が備わっているなら、プラグインと同時使用しても意味はありません。

そんなときもそのプラグインを削除、あるいはまた別のテーマにしたとき使いそうなら停止しておきましょう。

プラグインを無効化(停止)する

プラグインの設定で「停止」させてしまえば、読み込み時間を減らせます。

プラグインで読み込み時間が増えるのはプラグインを「有効化」している間だけです。

そのため普段使わないプラグインは「停止」させておいて、使うときだけ「有効化」するようにしましょう。

記事作成のときだけしか使わないプラグインを常時有効化しても、記事を書いていないときでも影響が出ます。

特に記事作成の特定の機能しか使わないのに常時有効化していてもあまり意味がありません。

そんなときは普段はプラグインを停止しておいて、使いたいときのみ有効化して機能を使うようにしましょう。

こうすればプラグインをインストールしたままでも、読み込み時間を増やさないようにできます。

使うプラグインは多くでも10個

「有効化」しておくプラグインは多くても10個前後くらいが目安だと思います。

もちろん使うプラグインによっては読み込み時間も増減するので、±5個くらいが妥当でしょう。

普段はプラグインを「停止」させておけば読み込み時間も増えないので、使っているプラグインだけを有効化させておけば大丈夫です。

無作為にプラグインを使うのではなく、しっかり厳選したプラグインを残して使用しましょう。

読み込み時間の調べ方

ブログの読み込み時間を調べる方法はいくつかありますが、一例として「GTmetrix」というサイトを紹介します。

読み込み時間を調べたい記事のURLを入力すれば、その記事の評価を表示してくれるサイトです。

ロード時間を終えるとこんな画面が表示されます。

特に重視したいのが枠で囲った部分です。

左枠の「PageSpeed Score」がページの読み込みに対する評価点で、%数値が高いほど優良になります。

右枠の「Fuly Loaded TIme」が実際に記事を読み込むのにかかった時間です。

こういったサイトを利用して、自分の記事にどれくらい読み込む時間がかかっているか調べましょう。

読み込み時間が5~6秒を越えてくると読者の離脱率も高くなっていきます。

理想としては3秒前後くらいが、読者が待つストレスが少ない時間らしいです。

ただ地味に注意したいのが、この方法でもPV数がカウントされてしまう点です。

読み込み時間を調べる際、実際にサイトにアクセスしているためPVが発生します。

これはPV系プラグインの設定で「ボットは無効」などにしてもカウントされてしまうので、PV数を調べているならこのPVはカウントしないようにしましょう。

最後に

プラグインを増やすことで記事の読み込み時間が増えるはわかって頂けたでしょうか?

いくら便利だといってプラグインを増やしても、読み込み時間が増えればそれが原因で読者が減る原因にもなりかねません。

自分に必要なプラグインを選び、それ以外はなるべく削除・停止しておきましょう。