ブログの審査や評価で必要な「上質な記事」の書き方。最低限押さえておきたいポイントと必要な文章量(文字数)など

よくブログの、特にアドセンスやアフィリエイトの広告会社に登録する際の審査などで「上質な記事」や「質の高い記事」と聞くことがあると思います。

質の高い記事が多いブログは評価が上がりやすく、Googleの検索エンジンの上位に食い込むには最低限必要になります。

しかし一概に記事の「質」といっても、文章量やコンセプト・ターゲット層などで違いが出てきます。

そこで今回は上質な記事を書くために最低限押さえておきたいポイントを中心に解説していきます。

上質な記事とは

読者が求める情報がある

読者が欲しがっている情報がどれだけ書かれているか、これが大事になってきます。

大抵読者が記事を見てくれるタイミングとは「調べたいことがある」「興味を持ったとき」がメインになります。

どちらにしても情報が欲しいときだけで、特に検索から来てくれた読者は当然ながらこの傾向が多いです。

この「欲しい情報」が無いと読者にとってその記事の内容は意味の無いものと扱われてしまい、記事の評価が下がってしまいます。

このため記事タイトル(テーマ)に沿った情報をどれだけ書けるかが重要になります。

どれだけ「濃い」記事を書けるかが重要になってきます。

しかし記事のテーマによってはあまり内容が濃くなりくい場合もあります。

例えばブログラム系の「それ以上は書きようがない」といった一定の情報量しかないものなどです。

こういった記事の場合はあえて濃い内容にせず、かなり簡素かつわかりやすい記事にすることも必要になります。

記事の文字数

どんなに少なく見積もっても1000~2000文字以上の文章を書きましょう。

最低限これくらいの文章量が無いと記事の評価に響きます。

というより、大事なことを書いていくと自然とこのくらいの文字数はすぐに書けると思います

原稿用紙の文章量は1枚400文字、つまり最低2.5枚以上は書くことになりますが、キーボードを叩いて書いてるとあっという間に文字数が増えてきます。

「小学生時代に苦労したのはなんだったのか…」と思うこともあります。(それも経験として役立っているんでしょうが)

文字数が少ないとされるのは1000~1500文字くらい、多いと4000~5000文字以上くらいです。(10000文字くらい書いている人も結構います)

「どれくらいの時間で読める記事にするのか」といった考えで書く量も変わってきますが、人の平均的な読む速度は1分に500~600文字くらいだそうです。

3~4分くらいで読める軽めの記事なら1500~2000文字くらいの文字数になります。

ちなみに「読書速度測定」といったサイトがあり、ここで自分がどれくらいの文字を1分で読めるか調べられます。

記事の正確性

どんなにボリュームがあっても、それが正しい内容でなければ読まれなくなってしまいます。

いくら不確定な情報が氾濫しているネット上のこととはいえ、だからこそ正しい情報を発信する必要があります。

人が何らかの情報を探しているとき、それが「正しい内容」であることを前提として記事を読もうとします。

個人の主観による感想や経験を書くことも多いため万人に絶対的に正しい内容を書くのは難しいですが、ある一定以上の正確性は必要になります。

アドセンスやアフィリエイトの広告を発信しているASPでも、提携するには「正しい情報を扱ったサイトである」と規約にも書かれていることが多いです。

こういったことから記事の評価には記事の「正確性」も含まれていることがわかります。

正確な情報を扱っていないとブログの評価もされなくなってしまうので、できるだけ正しい・納得のいく内容を書いていきましょう。

読みやすく書き分けられているか

ある程度文章をまとめて読者に読みやすくした構成の記事にしましょう。

日記のような形式ならともかく、大抵は情報(テーマ)ごとにまとめられていないと読みづらい記事になってしまいます。

脈絡のない文章だと読み手も疲れて、記事を読むのをやめて出て行ってしまいます

よほど関連性のないもの以外は文章を独立させて書いていきましょう。

見出しなどを使うとテーマごとにまとめて書き分けられるので、書くテーマの数が多いなら積極的に使っていきましょう。

またこの記事でも随所で文章を強調している部分がありますが、重要な部分や分けたい部分のデザインを変えることもできます。

キーワードを使う

あまり記事の内容には直結しませんが、検索されやすくするならキーワードを積極的に使っていきましょう。

検索するには絶対に調べたいものに関係する単語「キーワード」を使います。

このキーワードを考えないといい記事を書いていても読者に見つけてもらえず、評価自体されにくくなります。

そのため記事のタイトルには2~3個くらいはキーワードを使っておくのが一般的です。

例えばこの記事を読んでいる人だと「どうしたら上質な記事を書けるか」「記事を書くポイント」といった内容の記事を探していると思います。

これらの読者に見てもらいやすくするため記事タイトルに「上質な記事」「押さえておくポイント」「文字数」といった単語(キーワード)を含めています。

また記事の内容にもこういったキーワードを散りばめておくことで検索にヒットしやすくもなります。

わかりやすい記事を書くためにもキーワードは重要になるので、できるだけキーワードを中心とした記事づくりをしてみましょう。

画像などの使い分け

写真や画像を使ってわかりやすい記事内容にすることも大事です。

写真などを使った方が説明が簡単になったり、読者にイメージしてもらいやすくなります。

特に商品紹介の記事を書く場合には、実際に商品を使っている様子をブログに挙げたほうが読者にとって読みやすい記事になります。

ブログや記事自体の見映えも良くなるため、写真や画像が用意できるならそれなりに浸かっていきたいところです。

しかし必ずしも画像を使わないといけないわけではないパターンもあります。

例えばプログラムといった画像では説明しようがないものが多い内容や、ニュースのように内容そのものが重視される内容の記事などです。

こういった記事では画像を使わなくても記事内容は伝わりやすいため、敢えて画像を使わないこともあります。

記事の書き方の良い例と悪い例

では実際どんな記事の内容なら評価されやすいのか。

例として、ある洗濯用洗剤を紹介したい記事を簡単に書いていこうと思います。

評価が低くなる記事の書き方

最初に評価が低くなる記事の書き方を紹介します。

○○という洗剤を使ってみて
今日は話題になっている○○洗剤を使ってみました。
評判通り汚れが落ちて、とても使いやすかったです!
これを使えば汚れを気にしなくて済むので、ぜひ皆さんも使ってみましょう!

少々極端な内容ですが、これではただの簡単な感想文です。

しかも書かれている内容はこれだけ。

・ある洗剤を使った
・曖昧な効果と結果

これだけしか書かれていないため、内容としてはかなり薄っぺらい記事になっています。

この記事を見る人としては「〇〇洗剤はどういったものなのか?」という思いで記事を読もうとするはずです。

しかしこれでは読者が求める内容がほぼ書かれていないため、読む側としては意味のない記事となってしまっています。

これでは記事の評価はかなり低くなってしまいます。

評価が上がる記事の書き方

先ほどと同じテーマの記事に、評価を上げるために必要なことを書き足していきます。

少々簡単なものですがこうなります。

○○という洗剤を使ってみて
今日は話題になっている○○洗剤を使ってみました
評判通り汚れが落ちて、とても使いやすかったです!

簡単な汚れなら入れるだけで完璧に落としてくれますし、ソースなどでできたシミも、少し塗ってから洗濯すれば落ちてくれます。
なにより日数が経ってしまった汚れでも落としてくれるのがすごいですね。
昔着ていた服の汚れも落ちていたので、驚きました。

ただ洗剤を少量出すとき一気に出てしまうことがあり、その辺は苦労してます。
それに値段も少々お高い印象を受けます。

それでも汚れは確実に落としてくれるので、よく服が汚れてしまう人なら損はしません。
ぜひ一度は試してみてください!

先ほどの記事に

・商品の具体的な効果
・使い勝手
・実際の効果
・不満な点といった補足

こういった点を加えて書いてみました。

実際に使ってみた感想をある程度具体的に、別々に書き分けてみました。

同じ商品の感想文でも、これらの情報を加えただけで先ほどの記事よりボリュームがでてきます。

先ほども書きましたが、肝心なのは読み手に必要な情報が書かれているかどうか

これを守っていればどんなテーマの記事でも一定以上の評価を得られます。

もし自分が興味をもって調べたとき、何が書いてあると役立つか」、読者目線でこれを常に考えて記事を書いていけば自然と質の良い記事になっていきます。

まとめ

いろいろ書きましたが、やはり「読者にとって必要な情報」が「うまくまとめられている」ことが質の良い記事を書くのに重要になってきます。

最初はうまくいかなくても大丈夫です。

3記事・4記事くらいからある程度は慣れてきますし、自分にとって書きやすいパターンが見えてくると思います。

それに前に書いた記事が気に入らなくなっても、後から編集などして満足のいく内容に書き直せばいいんです。

最初は焦らずにとにかく記事を書くことに専念しましょう。