誰でも簡単にブログやサイトをつくれるツール「Word Press」。インストールするだけでサイトを一挙に開設

「ブログをつくりたいけどプログラミングとかできない…」とブログをつくるのを諦めている人もいると思います。

そんな人でも簡単にブログをつくれるツール、それが「WordPress(ワードプレス)」です。

無料で利用できる・インストールボタン一つでサイトを開設できるので誰でも簡単に扱えるツールです。

WordPress(ワードプレス)とは

WordPressとはプログラミング技能がなくてもブログデザインや記事作成ができるようになるツールです。

一昔前はブログ(ホームページ)といったサイトをつくるには、「html」というプログラミング言語を覚えなければなりませんでした。

それこそ「トップページ」といった一画面の作成から記事ページなどの他ページへの関連付け・関数などの設定など、つくるには専門的な知識が大量に必要になり、個人でサイトを開設するには敷居が高かったです。

しかしWordPressはその敷居を格段に下げてくれました。

WordPressをインストールすれば、プログラミング技能を必要とせずにブログをつくれます。

もちろん知識があればちょこちょこデザインを変えるのに役立ちますが、基本機能はほぼ完備されています。

インストールしたその日からブログに記事を載せることができるくらいの機能性を持ってます。

WordPressの基本機能

WordPressには最低限以下のような機能が備わっています。

サイトの基本ページの完備

サイトのトップページや書いた記事を載せるページ・カテゴリごとに記事をまとめて表示など、サイトを見る上で必要な機能が揃っています。

本来プログラミング技能が無いとつくれないものですが、そういったものが基本完備されているので簡単にサイトを開設できます。

記事を書く・アップするするのにもプログラミングは必要ないので、極論ですがただ記事を書くだけでサイト運営ができます。

記事を書く専用の機能がある

記事を書いてサイトに載せるための専用機能もついています。

上記のサイトの機能機能に加えて、この機能さえあればサイト運営するのに最低限の機能が揃っていることになります。

Wordのように記事を書けますが、Wordほど複雑な機能はないのでタイピングさえできれば誰でも記事を書けます。

サイトのデザインの変更

トップページなどにある「最近の記事」「カテゴリ」など、読者にとって記事を見やすくするものをサイト上に表示することもできます。

WordPressをインストールすると基本的なサイトデザインとなる「テーマ」を選択することになります。

最初は画面がまっさらに近い状態なので、そういった自分に必要な機能をサイト上に貼り付けることが可能です。

テーマ変更でデザインの大規模変更

どうしてもサイトデザインが気に入らないなら、テーマを変更して別物のサイトにすることができます。

テーマというのはサイトのデザイン・機能を詰め込まれたもので、これを変更すればサイトのデザインを大幅に変えることができます。

テーマは個人~企業といった人達で配布されているので、多種多様なものがあります。

いくつか試し見してみて、自分にあったサイトデザインを選ぶことができます。

WordPressには以上のような機能が標準装備されています。

極論、マウスの操作だけでネットに公開しても大丈夫なレベルのブログのデザインに仕上げられます。

WordPressとテーマ

テーマとは

さきほど書いた通り、WordPressにおけるテーマはブログデザインの中核を担っています。

最低限の機能として上記のものがありますが、中には高性能なテーマもたくさんあります。

シンプルな機能で初心者でも扱いやすいテーマ・デザインを多彩に調整できるテーマ・広告収入に特化したテーマなど、テーマごとに特色があるものが多いです。

おまけそれぞれのテーマで自分好みに微調整できる変更機能もあるので、気になる細部を調整することも可能です。

これらの機能にはプログラミング技能は必要ないので、誰でも簡単にデザインの変更ができます。

テーマの数

配布されているテーマの数は軽く3桁は超えてると思います。(もしかしたら4桁くらいはあるかも…)

そのテーマのほとんどが無料で利用できます。

そのため「このデザイン気に入らないな~」となったら1分以内に別のテーマをインストールし、反映させることができます。

実際にインストールしなくてもライブプレビュー(インストールしたらどんな画面になるかの確認画面)で確認できるので、気に入ったテーマを次々に見て行けます。

いらないテーマをインストールしてしまうと、そのデータの分サーバーの容量を使ってしまうため、無駄なテーマを削除する手間もなくなるので便利です。

プログラマーにも対応

テーマにおいて大抵の機能はプログラミング技能が無くても利用できますが、プログラミングができる人ならさらにテーマの調整ができます

WordPressには「追加CSS」や「子テーマ」というものがあり、それぞれサイトデザインをプログラム単位で変更できる機能があります。

追加CSSはWordPressの標準機能となっており、独学でも十分にデザインの変更が可能です。

子テーマは多少手間がありますが、追加CSS以上に細部のプログラムの変更が可能になります。

どちらもプログラムミスを無くす目的の機能のため、プログラムに不慣れな人でもプログラミングによるデザイン変更がしやすくなっています。

こうしたことにより、プログラミングができる人なら更ににサイトをカスタマイズすることができるようになります。

ただ高性能のテーマになるにしたがって、プログラムができない人でも利用できるようなテーマになっていくことが多いです。

精々が細部の微調整のためにプログラムすることが多くなるので、プログラムができない人でも十分にテーマを利用できます。

プラグインのインストールで機能の追加

サイトの機能を拡張するためのプラグインを自由に導入できます。

例えばブログを続けていると、実際にどれくらいの人が自分のブログを見てくれているのかと、気になったりすると思います。

そんな時にはPV(ページビュー)を表示してくれる機能を追加するプラグインをインストールすれば解決します。

単に人数を表示するだけのプラグインから、日付・時間帯などのデータやグラフを表示してくれる多機能なプラグインもあります。

あるいは記事の文章を書く時間を短縮できるサポート系のプラグインも数多くあります。

テーマ同様に専用のインストール機能もついているので簡単に機能を追加できます。

機能が物足りなくなったり、欲しい機能があったら検索してみてインストールしてみましょう。

無料で利用できる

上記の機能を無料で使うことができます。

有料のものもありますがそれは「テーマ」や「プラグイン」の極一部になります。

ブログを続ける上では必ず有料にしないといけないものはないので、金銭的に安心して使い続けることができます。

最後に

以上の様にWordPressには初心者でも簡単にブログをつくれる機能が用意されています。

インストールしたあとには取扱説明書(?)も表示され、その通りにしていくだけで大体の機能を理解することができます。

ブログをつくるのが難しい思っている人は、ぜひWordPressを使ってみましょう。