市販の風邪薬はウィルスを殺菌しない? ワクチン・治療薬・予防薬の違いとは。それぞれの薬が持つ効果の違い

新型コロナの蔓延で急造でワクチン開発が進められましたが、ワクチンが持つ効果や性質はどういったものでしょうか。

また「治療薬」と「ワクチン」を同じものと認識している人がいますが、その効果は全く違います。

ワクチン・治療薬・予防薬といろいろ薬がありますが、それぞれどういった役割を持つ薬なのかを解説します。




ワクチン

まずはよく話題に挙がるワクチンについて解説します。

ワクチンの役割

ワクチンは予防接種として健康な人に対して病気や感染症を予防するために使用されます。

ワクチンには弱毒化あるいは無毒化したウィルスが使われており、身体の免疫力を高めるための訓練相手として使われます。

人の身体には多種多様なウィルスに対応する免疫能力がありますが、初めて相手をするウィルスだったり毒性が強いウィルスが相手だと免疫が負けて病気を発症しやすいです。

そこで毒性という「武器」を弱くした、あるいは取り上げたウィルスを相手にさせて訓練し、そのウィルスに対する免疫能力を高めさせます。

こうすることであらかじめ毒性が高いウィルスでも対応しやすいよう免疫能力を鍛えるためにワクチンは使われています。

また「一度病気になった人は同じ病気にかかりにくい」という点に着目されて研究・開発が始められたという歴史的経緯があります。

ワクチンには「生ワクチン」「不活性ワクチン」の2種類があり、効果こそ似ているものの中に入っているものに違いがあります。

生ワクチン

生ワクチンの効果

生ワクチンには毒性を弱めたウィルスが入っています。

例えばインフルエンザの生ワクチンなら弱毒化したインフルエンザウィルスが入っています。

毒性を弱めたとはいえ本物のウィルスが入っているため、それに打ち勝てれば免疫能力をかなり高めることができます。

免疫能力の持続力も強いため予防接種に使われるワクチンでは優秀なものになります。

生ワクチンの開発方法

生ワクチンは通常より毒性の弱いウィルスを培養することで生産されます。

通常のウィルスを何世代にも渡って培養して増やし続け、その中から毒性の弱いウィルスを発見することで開発されます。

まず毒性の弱いウィルスを見つけなけばいけないため、技術を使う開発というよりは根気と偶然に頼ることが多いです。

しかしワクチンに適したウィルスを見つけてしまえばあとは培養して勝手に増えていくので生産コストは少ないという点もあります。

生ワクチンの危険性

予防能力や生産性に優れた生ワクチンですが、その分扱いが難しく最悪そのウィルスに免疫が負けて発症する可能性も秘めています。

安全性に気を使っているとはいえ本物のウィルスを使っているので、免疫が弱った人では危険なため投与は厳禁とされています。

不活性ワクチン

不活性ワクチンの効果

不活性ワクチンにも本物のウィルスが使われていますが、こちらは死滅したウィルスなどを使っています。

死んだウィルスは毒性もなくなるため感染の危険性はなく、安全に予防接種などに使えます。

半面ウィルスの「仮想敵」とするには少々役不足で、免疫能力の向上は認められるものの生ワクチンに比べると向上率と持続力は弱くなります。

そのため十分な効果を得るためには複数回にわたって予防接種をしないといけない場合も。

しかし安全性では勝っているため免疫能力が弱い人・高齢者・子供でも問題なく使えるメリットがあります。

不活性ワクチンの開発方法

不活性ワクチンは薬品などの化学処理で殺したウィルスでつくられます。

まずはウィルスを培養・増殖させたあとに特殊な薬品などを使って無毒化し、それをワクチンとして予防接種などで使います。

しかしこうした処理工程を経ないといけないため生産コストがかかるデメリットがあります。

治療薬

治療薬の役割

治療薬はすでに病気になってしまった人を治すために使われます。

ワクチンは「健康な人」に使うのに対して使われるのでここが大きな違いになります。

ただ治療薬は医薬品として分類され、予防薬もこの範疇に入っているため分類は難しいです。

そのためここでは菌やウィルスに効く薬として解説していきます。

治療薬としてよく聞くものに「抗生物質」や「抗ウィルス薬」というものがあります。

これらは細菌による感染症やウィルス性の感染症の治療のために使われています。

ただ注意したいのが細菌やウィルスを直接殺すのではなく成長や繁殖を妨害することで感染症を抑える役割を持っています。

そもそも特定の細菌やウィルスそのものを殺す内服薬といったものはありません。

人は数多くの微生物や細胞と共生関係にあるため、菌やウィルスなどを直接殺せる薬だと人体にも影響が出ます。

抗生物質などは人体に無害・有益・いないと困る菌や細胞を殺してしまわないよう間接的に殺すようになっています。

「重症化すると薬を投与しても効果が薄い」というのはすでに大量に繁殖してしまったウィルスを減らすことができないということになります。

抗生物質と抗ウィルス薬の違い

抗生物質と抗ウィルス薬は効果は似ていますが使う対象が全く違います。

抗生物質

抗生物質は細菌や微生物による感染症の治療に使われます。

抗生物質は特定の微生物から生産されたものが主成分となっており、有名なものだと「ペニシリン」などがあります。

ペニシリンはアオカビから産出されますがこのアオカビ、みかんに生えるカビだったりゴルゴンゾーラチーズをつくるのに使われるカビだったりします。

抗生物質は一種類だけで複数の細菌に効果を持つことが多く、複数の感染症に一種類の抗生物質が使われることがままあります。

抗ウィルス薬

抗ウィルス薬はウィルスによる感染症の治療に使われます。

ウィルスは細菌とは生態や繁殖方法がかなり違うため、抗生物質では繁殖を抑えたりすることはできません。

しかもインフルエンザウィルスに代表されるように「豚インフルエンザ」「鳥インフルエンザ」といった具合に変異しやすく、その都度専用の抗ウィルス薬が必要になります。

こういった事情から抗ウィルス薬の種類は少なく、また副作用があるものが多いです。

市販の薬にウィルスを殺す効果はない

身体の調子が悪くなったら風邪薬や胃腸薬を使う人は多いでしょうが、これらの薬はウィルスなどにはほぼ作用していません

抗生物質や抗ウィルスなどは間接的にとはいえ細菌やウィルスに作用するのに対し、こうした薬は体調を整える・風邪などの症状を抑える効果しかありません。

例えばほとんどの風邪薬では炎症を抑えたりして症状を緩和し、胃腸薬では具合の悪くなった腸の運動を良くするためのものです。

そのためウィルスそのものを殺すのは自分の免疫能力に頼ることになります。

薬を飲んだからといって無理をすれば症状は良くならないので注意しましょう。

予防薬

厳密にいうとワクチンなども予防薬にはいりますが、ワクチンとは効果が違うものが多いので別口で解説します。

予防薬の役割

予防薬は名前通り病気などにかかる前に使うことで病気の発症などを抑える薬です。

細菌やウィルスによる感染症から頭痛や花粉症などの炎症にも効果があるものと、その種類は多岐に渡ります。

しかしワクチンや治療薬と同じように直接の原因となるウィルスなどを退治するのではなく、発症によって起きる症状を緩和するものが多いです。

例えば花粉症は花粉が体内に入るとヒスタミンという物質が反応して目のかゆみや鼻水を引き起こします。

花粉症の薬はこのヒスタミンの分泌を抑えることでアレルギー反応を少なくしているため、花粉などをどうにかする役割はありません

またうがい薬も予防薬に分類されます。

うがい薬はただうがいするだけの薬に思えますが、のどの炎症を抑えたり口腔内にいる菌の殺菌作用があるため感染予防に効果的です。

しかし、すでに発症してしまった症状を完治させる効果は予防薬には無いので注意しましょう。

予防薬の成分

予防薬にはワクチンなどと違い化学的に合成された薬品成分が多く含まれています。

例えば頭痛薬の「イブプロフェン」・花粉症薬の「抗ヒスタミン薬」・風邪薬の炎症を抑える「アスピリン」といった成分などです。

予防薬は化学的に生成できるので安定して生産ラインが整えられるのが特徴になります。

市販されている予防薬が大量に用意できるのはこういった背景があります。

しかし本来人体には必要ない成分を多量に含んでいるため、過剰摂取をすると逆に体調を崩したり最悪命に関わります。

どの薬にも書いてある言葉ですが「用法・用量を守り、正しく使いましょう」。

症状が出る前に使う

ワクチンもそうですが予防薬には本格的に症状が出る前に使うと効果が高くなりやすい薬があります。

例えば花粉症の薬は花粉シーズンに入る1~2週間ほど前から服用すると花粉症になってからよりも症状が緩和されやすいです。

花粉症になると体内にアレルギー反応を起こす成分「ヒスタミン」を多量に分泌してしまいます。

一度症状が発症するとアレルギー反応を起こす成分が体内に大量にある状態になってしまうので、あとから予防薬を服用してヒスタミンの分泌を抑えてもあまり意味がありません。

しかし発症する前に薬を服用することでこのヒスタミンが分泌すされるのを抑えるので、過剰反応するまでの量を出すことが無くなります。

全ての予防薬に当てはまるわけではありませんが、一度使っている予防薬の服用タイミングなどを調べてみましょう。

治療薬はワクチンより少ない

治療薬の種類はワクチンや予防薬といった薬よりもかなり少ないです。

ワクチンは極論ウィルスさえあれば開発できるのに対し、治療薬は細菌やウィルスに対応した物質を探さなければならない手間があるからです。

例えば2003年に世界的に流行した新型コロナの親戚にもなる「SARS」ですが、17年も経った2020年の現在でも治療法は確立されていません

少し前に話題になった「ジカ熱」といった病気でも同じです。

おまけにインフルエンザウィルスのように流行のたびに変異して今までの治療法が効かなくなることもある有様です。

こうしたように世界に知られている病気の大半は確たる治療法が見つかっていないものばかりで、最終的な治療は患者本人の免疫頼りといった場合も多いです。

最後に

ワクチン・治療薬・予防薬の違いはこんなところです。

特にワクチンと治療薬を混同している人がいたりするので、重要な点をもう一度。

ワクチン…免疫をつけさせて病気の発症を抑える・治療効果は無し
治療薬…病気の繁殖を抑える・殺菌作用は無し
予防薬…病気の発症を抑える・免疫の強化能力は少ない

こんな感じです。

新型コロナのような新しい病気に対して「ワクチンができた!」といっても、すでに発症してしまっている人に対しては効果がありません。

くれぐれもワクチンができるからといって、感染の予防を疎かにしないようにしましょう。