マスクの裏・表などの正しい装着の仕方。つけていても感染するケースや感染率を上げてしまうつけ方とは

新型コロナの流行でマスクが完売するほど日常で使われる状態になりましたが、「マスクをつけていても感染した」という事例を聞くこともあります。

マスクをしていてなぜ感染を防げなかったのか?

そこのところを理解していないと感染予防の意味が無くなってしまいます。

ここではマスクをつけていても感染するケースや、マスクの正しい使い方を紹介していきます。




マスクをして感染するケース

まずはマスクを使っていても感染してしまうケースを紹介します。

マスクの穴をウィルスが通ってしまう

まずは使っているマスクがウィルスなどを素通りさせてしまうケースです。

一般で販売されているマスクでもっとも感染予防に向いているのが「N95」と分類されるもので、「不織布マスク」「医療用マスク」に該当するものが多いです。

このマスクのウィルス・塵などの除去率は90%を超えるものが多いですが、逆に言うと僅かながらもウィルスを通してしまうということです。

このように一般的なマスクでは花粉といった大きい粒子は防げますが、細菌やウィルスといったものは防げないものがあります。

マスクは飛沫の拡散の防止や空気の滞留によってウィルスを直接吸い込まないようにする役割がありますが、完全にウィルスをシャットアウトできるわけじゃありません。

マスクをしているからといって過信しすぎないようにしましょう。

密室空間

政府からも「3密を避けるように」といわれているように、密室空間といった密になりやすい場所では感染率が上がります。

先ほど書いたようにマスクは完全にウィルスをシャットアウトできるわけではありません。

そのためウィルス濃度が高い密室に居続けたり、くしゃみなどで至近距離でウィルスを拡散されてしまうとマスクの除去能力では対処できなくなることがあります。

マスクを常備している医者でも感染してしまうのはこういった事例もあるからです。

空気の流れがないとウィルスが滞留しやすいので、密閉空間でも定期的に窓を開けたりして換気するようにしましょう。

マスクの性能

マスクの種類によってはウィルスの除去率が少し低くなるものもあります。

特に新型コロナ以降によく見るようになった「布マスク」「ウレタンマスク」だと空気の通りが良い分、網目が大きいためウィルスの除去率も落ちてしまいます。

熱中症対策では有用なウレタンマスクですが、密室や人が密集していたりする「3密」の状況だと感染率も上がってきます。

できるだけウィルスが滞留する場所にいない・状況にしないなどの判断が必要になってきます。

空気の流れがある屋外ではウレタンマスク、空気の流れが少ない屋内では除去率が高い不織布マスクを使うといった具合で、自分がいる場所にあったマスクを使いましょう。

マスクの隙間

マスクを正しくつけていないと感染率がハネ上がります。

マスクをつけていると鼻やアゴ・頬の部分に隙間ができることがありますが、この隙間から呼吸するたびにウィルスがダイレクトに入ってきます。

この隙間を放置していると例え除去率が90%以上あるマスクでも半分以下に性能が落ちてしまいます。

マスクの隙間を埋めるには自分に合った形状・大きさのマスクを使うことが重要です。

小さすぎるとマスクの形状が変わりやすくなり頬のあたりに隙間ができやすくなります。

逆に大きすぎるとぶかぶかになってマスクが垂れやすくなり隙間ができたりします。

自分の口元にフィットするマスクを選ぶことが感染を予防するのに大事になります。

手で直接マスクに触れる

ウィルスが付着したマスクに直接手で触れてしまうと、それを起点にして感染する可能性があります。

長期間マスクを使っていたり、病院のようなウィルスが多くいるような場所で使ったマスクだと多くのウィルスがマスクに付着している可能性が高いです。

マスクのフィルター部分(マスクの中心付近)は呼吸の際の主要な空気の流れ道になるので、そういった場所にはウィルスが多く付着している傾向にあります。

そんな場所に手で触れてしまうとウィルスが手に移ってしまい、それが口や目の粘膜に触れると感染します。

一切マスクを触らないというのは難しいので、マスクポジションを直すならマスクの端付近で、触ったら手を洗うなどの対処が必要です。

マスクを隔離して捨てる

捨てたマスクからウィルスが拡散しないよう、ビニール袋などに入れて隔離した状態で捨てましょう

使い切ったマスクはウィルスの温床になっている可能性があり、そのまま空気の流れが無いゴミ箱に捨てるとそこを起点にしてウィルスが広がることがあります。

フタ付きのゴミ箱でもゴミを捨てるたび、ゴミ袋を入れ替えるたびにウィルスが散らばることもあるので注意が昼用です。

少々面倒でしょうが完全に感染を防ぐ、小さい子供への感染を防ぐためならこれくらいのことは必要になってきます。

マスクの正しいつけかた

ここからはマスクの正しい装着の仕方について解説します。

マスクを正しくつけていないとウィルスの除去率は著しく低下します。

感染率を上げないためにもしっかりとしたマスクのつけ方を覚えましょう。

マスクの表と裏

マスクをつける際にはマスクの表と裏を間違えてつけないようにしましょう。

マスクを構成する布にはそれぞれ別の役割があります。

例えば医療用の不織布マスクでは現状3~4枚構造になっており、フィルタとなる布を不織布マスクで挟み込んで構成されています。

A…マスクの表面の不織布
B…塵を除去する不織布
C…微粒子を除去するフィルタ布
D…マスクの裏面の不織布

このように基盤となる不織布Aに塵や微粒子を吸着するための不織布B・C・Dが縫い込まれている状態になっています。

マスクの表側は不織布Aの分吸着率が高くなるため、表を外側に・裏を口のある内側にする必要があります。

マスクによっては「OUT(外側)」と表記されているものもあるので、見分けられるようにしましょう。

※紐の付け根では裏表の判別はでないので、自分が使っているマスクの裏表の確認をしておきましょう。

鼻も覆う

当然ですが鼻もマスクで覆うようにして装着しましょう。

「鼻で呼吸しなければいい」なんて思って口呼吸しても、人は僅かながらも鼻から呼吸してしまっています

ウィルスというのは鼻の奥やさらに奥にある喉の粘膜に触れると、そこを起点に繁殖・感染します。

わずらわしさを感じてもしっかり鼻も覆うようにマスクをつけるようにしましょう。

鼻に触れる部分が変形するマスクですが、マスクをつける前に形状を変えてみましょう

装着してからマスクの形状を変えても鼻の弾力のせいで力をいれて変形させても、僅かながらに緩みが出るため隙間ができることがあります。

先に変形させておけばその形に沿って鼻にフィットするため、隙間ができにくくなります。

装着したら少し多めに息を吐いてみて、マスクのまわりから漏れていないか確かめましょう。

割れ目は下向き

マスクには形状を変化させるために折り目(プリーツ)がついていますが、この折り目の穴が下になるように装着しましょう。

マスクの折り目が上になるように装着してしまうと、その部分に塵やウィルスが溜まってしまいます。

折り目が下になっていればそういったものが溜らないので安全に使用することができます。

アゴにかけない

マスクを外すときアゴにかからないようしましょう。

アゴにマスクを移動させるとマスクの下部分が首元に接触するため、そこにウィルスが付着しているとマスク内に入ってしまいます。

マスクを外すときはマスクの裏側に何も接触しないようにする必要があります。

最後に

マスクで一番気にすることは隙間ができないようにすることです。

これが守られてないとどんな高性能なマスクでもウィルス除去率は格段に低下してしまいます。

隙間ができないマスクを選び、しっかりとしたつけ方を覚えましょう。