楽天市場の商品をブログの広告にできる「楽天アフィリエイト」。登録の仕方や提携会社別での報酬額など

AmazonやYahooショッピングに並ぶ物販サイト「楽天」ですが、この楽天で販売されている商品もブログの広告として使うことができます。

広告収入を目指すならAmazonアソシエイトやYahooショッピングと揃って提携しておきたい会社でもあります。




楽天アフィリエイトとは?

楽天アフィリエイトは物販サイト「楽天」で紹介されている商品をアフィリエイト広告にできるサービスです。

Amazonアソシエイトを利用している人ならイメージしやすいですが、ほぼ同じように広告を扱えます。


ブログ飯 個性を収入に変える生き方【電子書籍】[ 染谷 昌利 ]

普通に貼るとこんな感じで表示されます。

これでは味気ないと思う人は、広告枠を「カエレバ」を使ったり自作などをしていることが多いです。

今回は楽天市場のみでの広告ですが、「Amazon」「Yahoo!ショッピング」といったボタンが追加されているのがほとんどです。

この枠はCSSを自作してつくってますが、そういうのが面倒な人は「カエレバ」というサイトで商品広告を枠で囲ったhtml文を発行してくれます。

無論ボタンを増やしたいならAmazonアソシエイトやYahooショッピングなどとも提携しておく必要があります。

報酬の支払われ方

まず気になるのは報酬金額でしょうが、少々面倒な支払われ方をしているので先に報酬の支払われ方について説明します。

楽天本家で登録した場合

まずは楽天と直接提携した場合での報酬の支払われ方になります。

支払いは基本「ポイント」制

報酬は基本「楽天ポイント」で支払われます。

そのため最初は現金で受け取ることができません。

このため楽天に直接登録する人は少ないともいわれています。

しかしちゃんと現金で報酬を受け取る方法もあります。

報酬を現金で受け取るには

報酬をポイントではなく現金で受け取るには毎月5000ポイントを報酬として稼ぐことが前提条件になります。

手順は以下の通りになります。

①申請月を含む直近3ヶ月間の確定した報酬が毎月5000ポイント以上ある
②本人確認書類を送付する
③審査に合格する

現金支払いを申請した月を含み前3か月の獲得報酬が毎月5000ポイント以上ある必要があります。

3月に申請したら、3月・2月・1月それぞれの月で5000楽天ポイント以上稼ぐといった具合です。

申請したら、申請者本人であるという確認のため運転免許証・住民票・パスポートなどの写しを楽天に送ります。

あとは申請が許可されれば銀行に振り込まれます。

現金振り込みを継続する場合

上記で現金支払いに出来たとしてもまだ油断はできません。

現金支払いを続けてもらうにはまだ条件があります。

それは審査月を含む直近6ヶ月間の確定した報酬が毎月5000ポイント以上あることが条件になります。

先ほどの条件の「3ヶ月」が「6ヶ月」と変わっています。

もしどこかの月で報酬が5000ポイント未満になった場合、自動的にポイント支払いに変更されてしまいます。

現金支払いに変更したい場合、また最初の条件でのの申請からやりなおしになります。

…はっきりいって結構手間といえます。

このせいなのか、楽天に直接申し込むのを推奨している人はあまり見ません。

手数料

現金振り込みになった場合、振り込み手数料は楽天銀行なら30円。

他の銀行なら一律250円です。
(2018/12月現在)

かなりの差額が出るので、楽天銀行を使っているならそちらにしたほうがいいでしょう。

楽天アフィリエイトへの登録べージはこちら

他のアフィリエイト会社を経由して登録した場合

楽天アフィリエイトはAmazonアソシエイトと同じく、他のアフィリエイト会社を経由して登録・利用できます

有名なアフィリエイト会社では「A8net」や「もしもアフィリエイト」などがあります。

報酬の支払い方法も登録したアフィリエイト会社に順守した形になり、支払いも現金払いが基本になります。

また楽天アフィリエイトで発生した報酬は、登録したアフィリエイト会社の報酬に加算されて計上されます。

例えばA8netでは報酬の最低支払い額は1000円ですが、A8netで600円・楽天アフィリエイトで400円稼げば計1000円となり、銀行に振り込まれます。

もし最低支払い額に達していなくても翌月以降に持ち越されるので損はしません。

振り込み手数料は登録したアフィリエイト会社によって違ってきますので注意を。

別のアフィリエイト会社を経由して楽天アフィリエイトを利用すれば

・現金かつ銀行振り込みが基本
・「毎月いくら以上稼ぐ」といった制約がない

と本家の楽天アフィリエイトでの手間となっている部分が解消され、利用しやすくなる傾向にあります。

またこれらの会社に登録すれば楽天アフィリエイトを標準で、または即日提携で利用できる場合がほとんどです。

こうした理由から、別のアフィリエイト会社で利用する人は多いようです。

A8.netの申し込みページはこちら
もしもアフィリエイトの申し込みページはこちら

報酬について

楽天市場では直接提携した場合と、他のASPを経由して提携した場合では報酬率に変化があるので解説します。

報酬額は料率設定

楽天アフィリエイトではAmazonアソシエイトなどと同様に、購入された商品の値段の数%という形商品ごとに料率が設定されています。

商品が売れるとその料率に沿った数値が報酬として支払われます

例えば値段が1000円の商品に料率が1.0%に設定されていれば、10円が報酬金額になります。

同じ商品でも料率に違いが出ることも多く、より高い料率の商品広告をつくることもできます。

ただ料率が高い場合商品そのものの値段が低いこともあるため、結果的に低いほうと報酬額が変わらないこともあります。

商品が欲しい人にとっては安いほうがいいので、そういった面も計算して広告にする商品を選びましょう。

提携した会社で違う

提携した会社が楽天本家か他のASP経由かで報酬額が変わってきます。

楽天本家…料率20~30%以上のものも
他のASP経由…料率1~5%のものがほとんど

こうしたことから報酬額で見るなら楽天本家と直接提携したほうが高くなります。

楽天との直接提携は報酬がポイントということもありますが、首尾よく販売できれば現金振り込みも可能になります。

商品の販売数がかなり多い人なら直接提携のほうが稼げるでしょう。

報酬金額がアップする「料率ランク」

楽天アフィリエイトでは一部のショップで「料率ランク」というものがあり、このランクが高いほど報酬金額がアップします。

先ほどの報酬の「料率」そのものがアップする仕組みです。

D・・・売上5万円未満
C・・・売上5万円以上100万円未満
B・・・売上100万円以上1000万円未満
A・・・売上1000万円以上1億円未満
S・・・売上1億円以上

このように5段階のランクに分かれています。

…ランク「A」や「S」の人ってどれだけいるんですかね?ってくらい現実味がない金額です。

個人ブロガーでこのランクに行けるのかかなり疑問です。

現実味があるのが「C」で、「B」がギリギリ想像の範囲内、ってところでしょう。

商品や販売会社ごとにアップする幅は違ってきますが、多いと70%や80%なんてのもあります

…どうやって利益を得てるんでしょう?

まあ「売れば売るほど料率が上がる」と覚えておけばいいです。

ただ他のASP経由での提携では料率ランクは撤廃されているので注意しましょう。

報酬が発生する期間・条件

報酬が発生するにもいくつか条件があるので解説します。

クリックされてから一定期間内に購入される

報酬は広告がクリックされた後の24時間以内に購入されれば発生します。

以前は30日設定でしたがかなり短くなっています。

このため読者が商品画面にいってからすぐに購入されないとほぼ報酬が発生しない状態になってます。

別サイトで同じ広告をクリックされない

自分のブログの広告以外の場所で同じ広告をクリックされてしまうと、報酬の支払い対象が入れ替わってしまい、もし商品が購入されても報酬が支払われません。

これはCookie(クッキー)に購入者の出入りのデータが記録され、これによって「誰が」「どこから」商品べージに来たのか判断されます。

購入者が別のブログの広告をクリックしてしまうとCookieが上書きされるため、報酬の支払い対象ではなくなってしまうので留意しておきましょう。

そうしたことも無くCookieが上書きされないままなら、期間内にいつ購入されても報酬が発生します。

登録の仕方

楽天に直接に登録する場合

楽天に直接登録して楽天アフィリエイトを利用したい場合は、楽天会員に登録すればOKです。

まず楽天市場のトップページの下に「楽天グループサービス」という項目があるので、その中の「ソーシャルサービス」の「楽天アフィリエイト」をクリックします。(画像クリックで拡大)

楽天アフィリエイトのトップページに入ると右側にログイン・新規登録の項目があります。

こういったページで楽天会員に登録できるので、まだ登録していない人は以下のものを使って登録します。

・メールアドレス
・ユーザーID
・パスワード
・氏名

これらを登録画面で入力して登録すれば、楽天アフィリエイトも利用できるようになります。

楽天会員登録はこちら

別のアフィリエイト会社を経由して登録

各アフィリエイト会社に登録すれば楽天アフィリエイトは標準、あるいは即日提携で利用できるようになります。

A8netなら管理画面の中~下あたりの画面左側にあります。

A8netなら楽天アフィリエイトへの登録作業もなく、すぐに利用できます。

もしもアフィリエイトなら管理画面の中ほどにあります。

もしもアフィリエイトの場合は登録申請しますが、特に入力項目もなく「提携申請する」のボタンを押せば利用できるようになります。

バナーのリンク先の枠の右上にこんなのがあるので、「提携申請する」をクリック。

ボタンをクリックすればさほど時間を置かずに楽天アフィリエイトが利用できるようになります。

A8.netの申し込みページはこちら
もしもアフィリエイトの申し込みページはこちら

最後に

長々と説明しましたが、これで楽天アフィリエイトの紹介を終わります。

Amazonアソシエイトと比べ、報酬の部分がややこしいので理解するのに苦労します。

楽天本家とASP会社経由では結構違う部分が多いので、よく比べて自分が利用しやすい方を使うようにしましょう。