忍者Admaxを利用してみての感想。アドセンス広告としての利益率や使いやすさなど

アドセンス広告の「忍者Admax」ですが、ブログのつくりたての人でも簡単に登録・利用できることで有名です。

規約も緩くアダルト系のサイトでもOKなので、利用する人もそれなりに多いと思います。

ブログ開設当初から使わせて頂いてますが、利用してみての感想や利益率などを紹介していきます。




忍者Admaxとは

広告の種類

忍者Admax(アドマックス)はブログに貼れるアドセンス広告を発行してくれる会社です。

忍者Admaxは広告がクリックされると報酬が発生する「クリック型」と、広告が表示されるだけで報酬が発生する「PV型」の2種類を扱ってます。

2種類あるからといって2つの広告を貼る必要はなく、1つの広告を貼るだけで自動で「クリック型」と「PV型(表示型)」を使い分けてくれます。

また表示される広告は、ブログに訪問してくれた人のニーズに沿ったものが表示されるようになっています。
(例:「自転車 販売」と検索しショップに入ったあとは、自転車関連の広告が表示される等)

報酬の発生・支払い

忍者Admaxではポイント制の報酬形態をとっており、1クリックで2ポイント取得できます。

また「PV型」の広告が表示されれば同じく2ポイント取得。

ただひとつの広告が「クリック型」と「PV型」両方を兼ねることはありません。どちらか一方です。

支払いは1000ポイント単位で行われ、1000ポイントで500円(1円=2ポイント)の金額になります。

もし1000ポイントにいかなくても翌月以降に繰り越されるので安心してください。

ポイントが確定となるのはポイントが発生した翌月15日になってから集計されます。

ただポイントには期限が設けられており「ポイントを取得した1年後に失効」します。

いつでもいいのでポイントを取得すると、その月から1年後まで期限が伸びます

例えば4月に10ポイント取得し、同年7月に新たに20ポイント取得すると、計30ポイントの有効期限は翌年7月になります。

支払いの際に振り込み手数料が300ポイント(150円)かかります。(楽天銀行・ジャパンネット銀行は手数料はかかりません)

また1ポイントをPexポイント5Pに交換することもできます。

こちらは100ポイント(Pex500ポイント)単位で交換でき、手数料はかかりません。

登録の仕方

最低条件:広告を貼れるブログの開設

前提として自分のブログを持っていないと登録はできません

単純に登録する際にブログのアドレスなどが必要になるからです。

また無料ブログサイトを利用して自分のブログを開設した場合、広告を貼れないor制限されることが多いので気をつけましょう。(有料版にすればほぼ全面的に解除されます)

審査はナシ

ブログを持っていれば審査ナシで登録できます。

記事がひとつも貼ってなくても登録できます。

登録すればすぐに広告を貼れるので、ブログ初心者の人でも簡単に利用できます。

単価の高い広告を自動で選択して配信してくれる!『忍者AdMax』

「アダルトOK」と規約はゆるい

酒・タバコ・アダルトといったジャンルのブログでも登録ができます。

このあたり規約が厳しい広告会社が多いので、そういったブログでも広告を利用できます。

広告をアダルトOKかNGにするのは、広告を発行した際個別に設定できます。

広告AはアダルトNG・広告BはアダルトOKと分けることが可能なため、使い分けたり全ての広告でアダルトOFFにすることもできます。

報酬が発生するのは特定のサイズの広告

登録して広告を発行するとき注意したいのが、特定のサイズの広告でしか報酬(ポイント)は発生しません

発行画面で「推奨サイズ」と「非推奨サイズ」の広告があるので、しっかり「推奨サイズ」となっている広告サイズを選んで発行しましょう。

四角形の300×250サイズ、横長の728×90サイズ、縦長の160×600サイズなどが該当するので間違えないようにしましょう。

利用してみて感じたこと

報酬は安め

報酬は実質1クリック1円です。

さらに振り込みの際の手数料で300ポイント(150円)分引かれ、さらに少なくなります。

こういったことから「忍者Admaxは儲からない」なんて声もチラホラ。

まあ審査&規約をかなり緩くして利用しやすくしている分、こういったところで採算を合わせないといけないんでしょうが…。

それでもブログ開設当初から利用でき、かつアダルト系のサイトでも利用可能なので一定の需要はあると思います。

PV型の広告は期待しないほうがいい

数か月利用させてもらってますが、滅多にPV型の報酬は入りません

どれくらいかっていうと、私の場合3000回表示で1回くらいです。(もっと多くなる可能性大)

なんでも広告が表示される直前に広告配信会社が入札を行い、その結果クリック型かPV型かが決まるそうです。

当然このPV型の広告を配信する会社が少なければ少ないほど、その機会は減っていきます。

会社としても広告の商品に確実に興味を持ってもらうのはクリックしてもらうのが一番だと思うので、PV型を採用してる会社・あるいは広告は少ないでしょう。

どの広告会社でもそうですが「広告が表示されるだけで儲けられる!」なんて考えているなら、そんなに期待しないほうがいいでしょう。

総評

利用のしやすさはピカイチですが、いかんせん儲けが少ない。

まさしくローリスク・ローリターンだと思います。

それでも忍者Admaxで広告のイロハを多く学べましたし、実際にブログに広告を貼って実際に経験できたのは大きいです。

広告会社に登録するのに及び腰になってしまうなら、まずはここに登録してみて経験するというのも手です。

「広告初心者の入門」には最適な広告だと思います。